So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
★調査研究 ブログトップ
前の7件 | -

★180620 福島第2原子力発電所視察 [★調査研究]

★180620 福島第2原子力発電所視察ー 第6回リプラボフィールドワークに参加。
 6月初旬にチェルノブイリに行ってから2週間後に福島第2原発とは・・
 視察してみれば、いつでも再稼働できることになっているのがわかるが、
 少し前に廃炉の方針が決まったばかり。

 国道6号線から福島第二原子力発電所へ渡る橋。
 ここから橋を渡って少し行くと、写真撮影NGとなる(`_´)ゞ
 ー 第6回リプラボフィールドワーク

★厳重な身元証明は当然のこと、東電担当者から説明を聞いてから、
 放射線チェッカーを付けて、防護服を着て原発構内へのバスに乗る。
 まず制御室へ。ここから燃料プールをガラス越しに見ることができる。
 <img src=
 ※画像は東京電力広報担当が撮影。視察後に支給されたもの。

★事故を起こした第1原発と違い、ここは炉心の下まで行くことができる。
 第6回_4113087946549100544_n.jpg
 ※画像は東京電力広報担当が撮影。視察後に支給されたもの。

★チェルノブイリ原発同様、ここでもほぼ撮影NG。
 構内を走るバスの席でスケッチする。
 ★180620 福島第2原子力発電所視察_8239849819133181952_n.jpg
 道端に咲くタンポポとアジサイの色彩が目に入った(`_´)ゞ

★東京電力の広報担当と、学生たちとトークの後、
 恒例!? 記念撮影を行う。
 ー 第6回リプラボ754944664_n.jpg
 ※画像は学生団体リプラボより視察後に支給されたもの。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★180604 チェルノブイリ原子力発電所・遭遇編 [★調査研究]

★180604 チェルノブイリ原子力発電所・遭遇編
 キエフのホテルをスタートする。9;00
 ドニエプル川沿いを北上してバスで走り、途中休憩。10:00頃
 000_20.jpg

 30km圏内のチェックポイントにて、
 ツアー参加者全員の身元(パスポート)チェックを受ける。11:00頃
 ここでトイレ休憩しつつ、全員の身元チェックに30分ほどかかる。

 昨年までと違う景色の象徴的なのは、
 土産屋は《Chernobyl' tour》というツアー会社が出店している。
 000_7830.jpg

 さらに少し走って、チェルノブイリ市の道標を見学。11:55頃
 001_7835.jpg
 チェルノブイリの小ミュージアム。
 原発関連資料・画像によりインスタレーションされている。12:15頃
 001_E7858.jpg
 001_E7850.jpg

★4号炉(新石棺)と遭遇する。13:00頃
 どうなんだろう、、、眩しく日に照らされて、輝くカマボコ型のドーム。

 001_347840_n.jpg

 011_890036_n.jpg

 011_62978128_n.jpg

 002_578_n.jpg

★原発事故「石棺」のモニュメントの記念撮影ポイントにて 13;20〜頃
 原子力・放射能を封じ込め、事故からの「復興」という言葉より、
 あくまで被害からの「脱却」状況を「克服する」意思を象徴する造形だ。

 003_35397880_n.jpg

★なぜかハイビスカス咲く食堂にて、食事する。 13:45頃
 007_82589792_n.jpg

★1986年4月29日1時23分(モスクワ時間 ※UTC+3)
  チェルノブイリ原子力発電所の、事故処理対応に当たった全ての方へ、
 被害にあった数千の方へ、勝手ながら茶を点て、捧げる。
 茶碗は備前髑髏茶碗(丸岡和吾作) 14:00過頃

 009_708352_n.jpg

 010_49555844_n.jpg

★原発衛星都市・プリチャピ市標 1970年設立
 旧ソ連にとって、輝かしい原発村・都市を開発する意思、
 その名残りが、廃墟となって現前に。。

 012_7891.jpg


 ※本調査研究は、2017年度公益財団法人テルモ生命科学芸術財団による助成金を受けています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★180117_福島第一原子力発電所視察 [★調査研究]

★180117_福島第一原子力発電所視察
 前泊して今日は休暇、学生団体リプラボのツアーに参加する。
 9時30分 福島駅西口バスターミナル集合
 福島駅集合_497615_n.jpg

 リプラボ_バス795392_n.jpg
 福島駅西口に集合してから、一路浜通りへのバス車中。
 順番に自己紹介する。
(撮影日:2018年1月17日 / 撮影・画像提供:学生団体リプラボ )

 バス内で線量計の説明_5670715678697619648_n.jpg
 バス内で線量計の説明している。

◆旧エネルギー館に到着。
 東京電力の説明を聞く。
 F1内ルート_7314_n.jpg
 170629の視察時より明らかに違ったのは、3号機の上部に円筒形のカバーがついていたこと。
 1〜4号機の状況_6453028_n.jpg
 資料によると「3号機燃料取り出し用カバー等設置作業」を、昨年7月22日から実施しているとのこと。
 
 スマートフォン、撮影機材は一切持込みNGにつき、バスの席から曇ったガラスから覗く景色を描きとめるのみ。
 震災前は1000本以上あったサクラ_142111_n.jpg
 震災前は1000本以上あったサクラは、400本以下まで減っている。
 (汚染等事情により除去された)

 1号機、2号機、そして3号機の変わりよう_9790478_n.jpg
 1号機、2号機、そして3号機の変わりように驚く。

 前回「工場萌え」に近い思いを覚えた4号機_7604_n.jpg
 前回「工場萌え」に近い思いを覚えた4号機。
 なんだかスマートな印象に変わっている。

 5,6号機のある双葉町_8965399296_n.jpg
 5,6号機のある双葉町。
 視察後のレクチャーで「これを再稼動することは可能か」と質問したら、
「技術的には可能だが送電設備がやられているので、
 コスト的には無理」との回答。
 東京電力は、原子力(発電)はまだ必要だと考えている様子がうかがえた。

 F1へバスで移動中_8157812693204856955_n.jpg
 F1へバスで移動中
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 6号線の線量計・F1へバス移動中 _2512_n.jpg
 6号線の線量計・F1へバス移動中
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 1号機が見えてきた。_8956066048_n.jpg
 1号機が見えてきた。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 1号機排気筒_8854781_n.jpg
 1号機排気筒
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 2号機は建屋のグラフィック_71377_n.jpg
 2号機は建屋のグラフィックがまだ見える。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 3号機・_871_n.jpg
 3号機・昨年6月の時は無く、7月から設置された円筒形は燃料棒取り出し用とのこと。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 スケッチに集中する僕。_299097821048_n.jpg
 カメラやスマホは持ち込みNGにつき、観察して、スケッチに集中する僕。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 フェーシング_1655653027510565907_n.jpg
 フェーシング(コンクリートで覆う)された地表。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 汚染水タンク_7325_n.jpg
 汚染水タンク
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 フランジタンク_824279_n.jpg
 フランジタンクは、汚染水以外の水を貯める用途で使用しているらしい。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 3号機・水素爆発の爪痕_697_n.jpg
 3号機・水素爆発の爪痕が見えるのはここくらいになったか。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 4号機・昨年6月は巨大さに圧倒_1092404202990203582_n.jpg
 4号機・昨年6月は巨大さに圧倒された場所。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)
 
★もっとスケッチに上手ければなあ・・と多少後悔する藝大生。。トホホ

 視察が終わって参加者全員集合写真_3466112882489793470_n.jpg
 視察が終わって参加者全員集合写真。学生による見学のせいか、
 東京電力担当者もTEPCO看板を出したり特別待遇なのかな!?
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

★昨日の1F視察資料など読み返したり整理したり。
 昨日の1F視察資料など読み返したり整理_5315779_n.jpg
※画像:180117 僕だけ髑髏茶碗でコーヒー飲みながら、東京電力によるレク聴講 @さくらモールとみおか(旧エネルギー館)の図。
 ひととおり現状説明を聞いて、13時頃から福島第一原子力発電所の視察へバスで移動した。。

★ツアーを終えて福島大学図書館3階にて「ふりかえり」
 福島大学図書館3階にて「ふりかえり」_4184957_n.jpg
 ここまで参加してこそ、ツアーの意味がある。
 疲れていてもここで頭を使う。
(撮影日:2018年1月17日 / 撮影・画像提供:学生団体リプラボ )

 振り返り_ホワイトボード14319205836_n.jpg

 原発を自ら見て・感じたで賞_31071549_n.jpg
 原発を自ら見て・感じたで賞

★そういえばDVDが配布されていたのを忘れてた。
 そういえばDVD_7555988_n.jpg
 見ると、2011年3月11日から2017年12月までの、
 廃炉作業へ連なる福島第一原子力発電所の事故発生からの経緯が、
 わかりやすく動画と画像で…_φ(・_・



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★170907日(木) 照明学会全国大会 分科会主催『美術館・博物館の次世代照明基準に関する研究調査委員会』のシンポジウムに登壇 [★調査研究]

に登壇。★9月7日(木) 、照明学会全国大会 分科会主催シンポジウムにて、
『美術館・博物館の次世代照明基準に関する研究調査委員会』によるシンポジウム
 美術館博物館の学芸員、保存科学研究者、大学の研究者、照明デザイナー、照明メーカー担当者による、専門家の集まりが主催する…と言って良い、貴重なシンポジウム。
 木下は「有機EL照明を用いた展示」について発表。

以下照明学会HPより======================
https://www.ieij.or.jp/event/2017/annual-conference-division.html
◆9月7日(木) 13:30-16:30
東北学院大学多賀城キャンパス 3号館 第1会場(2階 321教室)

視覚・色・光環境分科会主催:
テーマ「LED照明・有機EL照明時代を迎えた美術館・博物館照明」

13:30
・冒頭挨拶 佐野 千絵 東京文化財研究所
・刀剣博物館LED照明導入への軌跡 久保恭子 刀剣博物館
・LED照明への改修事例の紹介 發田隆治 パナソニック
  休憩 10分
・有機EL照明を用いた展示 木下史青 東京国立博物館
・美術館。博物館における照明の現状とこれから
  ーアンケート調査を通してー 吉田 直人 東京文化財研究所
・新しい美術館・博物館照明技術指針策定に向けて 吉澤望 東京理科大学

(概要)
美術館・博物館においても固体光源(LED照明・有機EL照明)の導入が進みつつありますが、本シンポジウムではその最新事例を紹介しながら、これからの美術館・博物館照明について議論します。

終了16:30
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★170905(火) 照明学会全国大会 分科会主催シンポジウムにて、 3)美術品を照らす次世代の光 :千葉大学の溝上陽子先生と木下との討論会が行われました。 [★調査研究]

9月5日(火) 、照明学会全国大会 分科会主催シンポジウムにて、
1)睡眠の質を高める光、
2)肌の質感を生かす光 に続き、
3)美術品を照らす次世代の光 では、
千葉大学の溝上陽子先生と木下との討論会が行われました。

以下照明学会HPより==================
https://www.ieij.or.jp/event/2017/annual-conference-division.html
◆照明学会全国大会
 分科会主催シンポジウム プログラム

9月5日(火) 13:30-16:30
東北学院大学多賀城キャンパス 3号館

第2会場(2階 322教室)
照明デザイン分科会及び視覚・色・光環境分科会主催:
テーマ
「2017照明デザインのさらなる地平をめざして~研究者と照明デザイナーが語る光のスペクトル~」

13:30
視覚・色・光環境分科会幹事長&照明デザイン分科会
岡嶋克典 横浜国立大学
面出 薫  LPA
討論会:研究者と照明デザイナーが語る光のスペクトル

1)睡眠の質を高める光
 森田 健  福岡女子大学
 松下美紀 松下美紀 照明設計事務所

2)肌の質感を生かす光
 岡嶋克典 横浜国立大学
 秋月有紀 富山大学
 福多佳子 中島龍興照明デザイン研究所

休憩 10分

3)美術品を照らす次世代の光
 溝上陽子 千葉大学
 木下史青  東京国立博物館

全体討論 (概要)  終了16:30
 LED照明の普及やセンシング・制御技術の進歩に伴い、照明分野においてもデザインとテクノロジーの融合がこれまで以上に求められるようになってきています。
 本シンポジウムでは、光のスペクトルを取り上げて、肌の質感を生かす光・美術品を照らす次世代の光・睡眠の質を高める光、の3テーマを中心に研究者と照明デザイナーとの間で議論を交わします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★170707 鴻池朋子さんとの『雪山頭蓋骨ちゃわん茶会』@東京藝術大学デザイン科 [★調査研究]

★170707 鴻池朋子さんとの『雪山頭蓋骨ちゃわん茶会』@東京藝術大学デザイン科 

 スライド1.jpg
 学内掲出用のチラシ(ヨコ)

 DEJRKWaUQAARZ7o.jpg
 鴻池朋子さんをお招きして、企画理論“七夕”デザイントーク02
 画像:藤原えりみさんのツイッターより

 雪山頭蓋骨ちゃわん3686_n.jpg
 画像:ブログ「美術館ロッジ」より

《雪山頭蓋骨ちゃわん茶会》トーク終了後の懇親会では、
金 理有さんの「手榴弾形茶器」を初披露で、
鴻池朋子さんに髑髏茶碗で薄茶(時かさね)を一服差し上げました。

 雪山頭蓋骨ちゃわん_70955.jpg

正客の鴻池さんからは、
「史青さんのお茶って、そうやって男の子のおもちゃ自慢みたいね〜」と。
それこそ彼女曰く「男のマロン(浪漫)ね=すなわち茶の湯の本質」であろうとのフォローが。
遠州流のような武家茶道は、確かにそんな側面もあるなあと頷いた亭主(僕)。

 雪山頭蓋骨ちゃわん茶会2853086_n.jpg
 一応私、「男のマロンね」と鴻池さんに言われつつ、茶人亭主やってます。
 (遠州流茶道 時青庵 木下宗史)目つき悪〜
 画像:ブログ「美術館ロッジ」より

最近お気に入りの朝鮮茶杓で手榴弾から抹茶が濃茶のように掬えるので、濃薄加減が難しい。
(やはり茶器と言うより茶入で使うべきかな)

干菓子は髑髏茶会では定番化した「ヌーベル和三盆 ガイコツ」。
ロマンティックな七夕に相応しく…というわけでもなく、
ビール乾杯後でもちょうどいいドライな甘味。
思えば茶事茶会では会席や点心で酒が欠かせない訳で、飲み会で呈茶はアリだなぁと。

それにしても鴻池さんの涼しげなデニム地シャツ姿は、
一瞬、雪山で雪に埋れて歌う姿を想像させました。
歌うと息を吐くので、その分寒気を吸うので、
命の危機感さえ覚えるものだそうで…それでドラえもんの唄を歌うアーティストって狂ってていいな(笑

ご参加いただいた皆様には、点て続けたつもりですが、
ゆき渡らなかった方もいらっしゃるかも。
 雪山頭蓋骨ちゃわん35817_n.jpg

またやります!で次なるご縁の機会に。(`_´)ゞ

今回の企画にあたり、昨年の鞍田崇さんとのデザイントーク01
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-06-09 に続き、
大変に多くの指導賜りました、デザイン科教授 藤崎圭一郎先生には、
無事に実施・終了したこと、感謝申し上げます。

またトークイベントの準備・進行・懇親会までお手伝いいただいた、
デザイン科大学院企画理論研究室のMさん、Iさん、ありがとうございました。

 170707_鴻池朋子_雪山頭蓋骨ちゃわん41.jpg

★「美術館ロッジ」のブログ、大変よくまとめていただいています。
『雪山頭蓋骨ちゃわん茶会』
https://www.facebook.com/LodgeTheArtMuseum/posts/1186797021465573
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170629 東京電力福島第一原子力発電所(`_´)ゞ [★調査研究]

★6月終わり近くの有給休暇は、
 福島第一原子力発電発電所の廃炉の状況を視察。

★飯舘村通過中。4か月ぶり(`_´)ゞ
 ②_7602682318756995011_n.jpg

★富岡町までは普通に入れる。生活基盤が戻りつつある。
 バイクもOKらしい。ここで昼食。(生姜焼き定食にした)
 ③_1073富岡町17_n.jpg

ここから国道6号を通って、1?4号機がある大熊町の第一原子力発電所へ。

④構内046_7647_n.jpg

⑤17_286563_n.jpg

発電所内は一切の撮影機材持ち込み禁止につき、
備忘録メモの下手くそスケッチ。_φ(・_・ー

⑥2430665459407182780_n.jpg
右上:初めて見えてきた1号機、右側が2号機。上方は靄ってて見えない。
右下:2号機は番号のロゴがはっきり見える。

⑦7496409128321430722_n.jpg
左:事故直後に汚染水用に使用されたブルータンク。
右下:フランジタンクを解体する建屋。徐々に溶接タンクに交換。
週一ペースで1つ増える勘定。

⑧_4551386669545730268_n.jpg

★4号機。上部に増設した仮構から燃料取り出し済み。
これは最も力強いというか、暴力的なまでの迫力空間造形だった。
文明の大いなる無駄であることで、純粋に無意味な環境造形になっている。

⑨_444612750028186550_n.jpg
5号機と6号機は静かだ。今後双葉町側はいわゆる「中間貯蔵施設」になってゆくのか。

5,6号機は双葉町にある。
大熊町では汚染水など液体処理場、双葉町では固体廃棄場とに機能分類される。
しかし避難指示解除?と帰還困難区域?と居住制限区域?とが覚えられない…

⑩_2292755405374654267_n.jpg

免震重要棟。あの吉田所長が赤電話の前で不眠不休で、
政治家や本社からの声を交しつつ、判断・指示を出し続けた。

メディアで映像や音声が流れ続けたことが記憶に残る会議室で、
この場所だけは何故だか感慨深いものが…(`_´)ゞ




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の7件 | - ★調査研究 ブログトップ

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂