So-net無料ブログ作成

★180620 福島第2原子力発電所視察 [★調査研究]

★180620 福島第2原子力発電所視察ー 第6回リプラボフィールドワークに参加。
 6月初旬にチェルノブイリに行ってから2週間後に福島第2原発とは・・
 視察してみれば、いつでも再稼働できることになっているのがわかるが、
 少し前に廃炉の方針が決まったばかり。

 国道6号線から福島第二原子力発電所へ渡る橋。
 ここから橋を渡って少し行くと、写真撮影NGとなる(`_´)ゞ
 ー 第6回リプラボフィールドワーク

★厳重な身元証明は当然のこと、東電担当者から説明を聞いてから、
 放射線チェッカーを付けて、防護服を着て原発構内へのバスに乗る。
 まず制御室へ。ここから燃料プールをガラス越しに見ることができる。
 <img src=
 ※画像は東京電力広報担当が撮影。視察後に支給されたもの。

★事故を起こした第1原発と違い、ここは炉心の下まで行くことができる。
 第6回_4113087946549100544_n.jpg
 ※画像は東京電力広報担当が撮影。視察後に支給されたもの。

★チェルノブイリ原発同様、ここでもほぼ撮影NG。
 構内を走るバスの席でスケッチする。
 ★180620 福島第2原子力発電所視察_8239849819133181952_n.jpg
 道端に咲くタンポポとアジサイの色彩が目に入った(`_´)ゞ

★東京電力の広報担当と、学生たちとトークの後、
 恒例!? 記念撮影を行う。
 ー 第6回リプラボ754944664_n.jpg
 ※画像は学生団体リプラボより視察後に支給されたもの。


nice!(0)  コメント(0) 

★180604 チェルノブイリ原子力発電所・遭遇編 [★調査研究]

★180604 チェルノブイリ原子力発電所・遭遇編
 キエフのホテルをスタートする。9;00
 ドニエプル川沿いを北上してバスで走り、途中休憩。10:00頃
 000_20.jpg

 30km圏内のチェックポイントにて、
 ツアー参加者全員の身元(パスポート)チェックを受ける。11:00頃
 ここでトイレ休憩しつつ、全員の身元チェックに30分ほどかかる。

 昨年までと違う景色の象徴的なのは、
 土産屋は《Chernobyl' tour》というツアー会社が出店している。
 000_7830.jpg

 さらに少し走って、チェルノブイリ市の道標を見学。11:55頃
 001_7835.jpg
 チェルノブイリの小ミュージアム。
 原発関連資料・画像によりインスタレーションされている。12:15頃
 001_E7858.jpg
 001_E7850.jpg

★4号炉(新石棺)と遭遇する。13:00頃
 どうなんだろう、、、眩しく日に照らされて、輝くカマボコ型のドーム。

 001_347840_n.jpg

 011_890036_n.jpg

 011_62978128_n.jpg

 002_578_n.jpg

★原発事故「石棺」のモニュメントの記念撮影ポイントにて 13;20〜頃
 原子力・放射能を封じ込め、事故からの「復興」という言葉より、
 あくまで被害からの「脱却」状況を「克服する」意思を象徴する造形だ。

 003_35397880_n.jpg

★なぜかハイビスカス咲く食堂にて、食事する。 13:45頃
 007_82589792_n.jpg

★1986年4月29日1時23分(モスクワ時間 ※UTC+3)
  チェルノブイリ原子力発電所の、事故処理対応に当たった全ての方へ、
 被害にあった数千の方へ、勝手ながら茶を点て、捧げる。
 茶碗は備前髑髏茶碗(丸岡和吾作) 14:00過頃

 009_708352_n.jpg

 010_49555844_n.jpg

★原発衛星都市・プリチャピ市標 1970年設立
 旧ソ連にとって、輝かしい原発村・都市を開発する意思、
 その名残りが、廃墟となって現前に。。

 012_7891.jpg


 ※本調査研究は、2017年度公益財団法人テルモ生命科学芸術財団による助成金を受けています。

nice!(0)  コメント(0) 

★180603_ウクライナ国立チェルノブイリ博物館 [博物館・美術館]

★180603_イスタンブール経由でキエフへ到着後、
 ウクライナ料理の店で、美味しく歓待される。まず順調。

 180603_332_n.jpg

★ウクライナ国立チェルノブイリ博物館へ。

 IMG_7757s.jpg

「国立」という割にはこじんまりとした外観で、
 元はチェルノブイリ原発事故の初期対応にあたった、
 消防員が勤めていた消防署の建物が、
 チェルノブイリ博物館として運営されている。

 19840_n.jpg
 
 ソ連からのウクライナ独立後、
 ウクライナ国立の名が冠され、
 事後にかかわるアーカイブと
 事故の記憶を後世に受け継ぐ博物館となっている。

 86080_n.jpg

★訪問時、エントランスホールでは、
 フクシマとの交流に関わる企画展示がされ、
 上層階展示室ではヒロシマ・ナガサキの
 原爆投下に関わる企画が行われていた。

 エントランスホールのインスタレーション展示には、
 昨年は無かったという「フクシマ」との関連展示が。
 コイノボリは良いとして、なぜ白虎隊⁈のハチマキなんだろう?
 と展示されているテキストを読む(日本語併記の箇所を)

 683904_n.jpg

 936_n.jpg

★このリンゴの樹パターンの階段を上がる。
 リンゴは事故後も安全と信じられていた果実、とのこと。
(科学的に証明されているわけではない)
 禁断の果実、ニュートンの林檎、アップルMacintoshのような、
 神話的なシンボル、ではないかと思う。
 887184896_n.jpg

★事故を起こしたタイプの原子炉模型。
 模型_832_n.jpg
 
★数タイプの「防護服」が舞う。
 防護服_25664_n.jpg

★祈りの為の神殿、のような作りの、
 インスタレーション、レクチャー・ホールにて。
 ホール_7360_n.jpg

 イコン神殿_7467148248_n.jpg
 イコン(板絵)と子供の肖像写真の掲げられている。

★ホールにて、元原発作業員に聞く
 講演_28672_n.jpg
 ・元原発技術者:アレクセイさん(右)
   現在はアーティスト活動(@strontium90)
 ・元空軍士官:アンドレイさん(左)
   当時26歳 M6ヘリコプターで物資輸送にあたる。
 ・通訳:genron 上田洋子さん(中央)
 
★世界の原発地図。ウクライナでは現在、
 発電量の50%以上を原子力発電に頼っている。

 原発地図_77692_n.jpg

※関連リンク
・ウクライナ国立チェルノブイリ博物館(公式HP・日本語あり)
 http://chornobylmuseum.kiev.ua/ja/mainpage-2/
 https://jp.rbth.com/history/80095-chernobyl-genpatsu-jiko-ni-kansuru-gimon


※本調査研究は、2017年度公益財団法人テルモ生命科学芸術財団による助成金を受けています。
nice!(0)  コメント(0) 

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。