So-net無料ブログ作成

★140808 ヨコハマトリエンナーレ2014「夜間特別鑑賞会」 [展覧会・アートイベント etc.]

★ヨコハマトリエンナーレ2014「夜間特別鑑賞会」
 http://www.yokohamatriennale.jp/2014/
 一般ブロガーとしてちゃんと申し込んでの参加、
 さてどんな感じだろ…
 ④_5626235768617217445_n.jpg
 期待通り!
 こんなに“萌えアートイベント”は久々で、
 現実と正面から向き合っている感が伝わってくる(`_´)ゞ

★森村泰昌 アーティスティック・ディレクターによる音声ガイドがすばらしい。
 学芸員では出来ない、主観的だが極めて理性に満ちた語り。
 3.11以後彼の最初の発言は、作家として最も覚悟あるものの一つだった。

 ①華氏451_3012531532713443817_n.jpg
 華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある
 ART Fahrenheit 451:Sailing into the sea of oblivion
 http://www.yokohamatriennale.jp/2014/outline/index.html

 ②_7483316522185862248_n.jpg
 Michael LANDY
 http://www.yokohamatriennale.jp/archive/2014/artist/l/artist399/
 手前はKASAHARA Emikoの作品
 http://www.yokohamatriennale.jp/archive/2014/artist/k/artist233/

「優れた現代美術ほど美しいゴミだ。」
 と誤解を恐れずいつも学生などレクチャーで言い続けてきたが、
 本当にアートゴミ箱を作品にすると、
 それはどんな価値を持つのか?
 というパラドックスこそ現代なのだなぁ(`_´)ゞ



 ③_6105238916387788175_n.jpg
 Taryn SIMON の展示:
 ココだけはERCOが照明協力してた…高品位空間(`_´)ゞ
 その訳は・・・
 http://www.yokohamatriennale.jp/archive/2014/artist/s/artist465/


 ⑥_7081319728479763610_n.jpg

 Eric BAUDELAIREの映像展示のところで、
 http://www.yokohamatriennale.jp/archive/2014/artist/b/artist402/
 逢坂横浜美術館長(後姿)と展示室でお会いして、
 何と即席ギャラリートーク頂いて感動(^ー^)ノ

 ちょうど重信房子の本を読んでいて・・・などと僕が話したら、
 作家のこと作品のことなど端的に教えていただいた。
 今回、一番ハマった作品! Eric BAUDELAIRE

☆今回のヨコトリ、
「46才以上(の男子)にはばっちりハマるのよ」とは逢坂館長の談(^ー^)ノ
 僕にはド ストライク!でした。。
 高度な作品ばかりだけど、誰にも分かりやすい現代美術体験ができる。
 これは古美術も見習う点多し。

 ちなみに、横浜美術館の照明:
 最近 DAIKOのスポットライト+変な調光器付きで使用している。
 ノングレアだが器具背後の光漏れはいただけない。。


★映像のところで集中して見ていたもので、あっという間にタイムリミット…
 また来ようっと
 美術館を一歩出るともう夜。真っ暗な中に浮かび上がる影、、

 Wim DELVOYE http://www.yokohamatriennale.jp/archive/2014/artist/d/artist408/
 繊細な感性で最新の技術をアナログっぽく使って作られた、注目のトレーラー
 ⑦_8291090202830450877_n.jpg
 
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。