So-net無料ブログ作成

★茶碗 銘 “ホトバシル” /作陶 丸岡 和吾 × 絵付 牟田 陽日 作 [数寄・茶の湯・遠州流]

★茶碗 銘“ホトバシル”
 作陶 丸岡 和吾 × 絵付 牟田 陽日 作

 箱が出来たとfacebookで連絡を頂いて、
 コラボ作者のお二人が、東博へ届けに来てくれました。
  ↓
拙ブログ〈 ★髑髏茶会へ ~楽しかった~ 〉
  http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2013-08-25

 01_834040524_n.jpg
 展示室で寿老人を、作り手目線で観察。

 03_1518169987_n.jpg
 さて心待ちにしていた箱、革紐を解いて、じゃジャーン(`_´)ゞ

 丸岡さんは磁器の土(九谷磁器土)で髑髏作陶は初めてだそう。
 少し緑味⁈を帯びた白磁に、鮮やかな絵付は牟田さん独特のタッチ。

 04_895807132_n.jpg
 茶の湯展示室を案内して、少し興奮を冷まして部屋に戻り一仕事。

 篩ってあった茶を600円の棗に仕込んで、人生二つ目の茶碗で薄を点ててみた。
 なかなか扱いにコツを要するな、、
 05_535546182_n.jpg

 06_1633685907_n.jpg

 帰って髑髏茶入と並べてみよ〜。

 09_2073445817_n.jpg
 以前手に入れた「黒陶の髑髏茶入」、茶碗、グイ吞みと。。。

★ジョー・プライスさんの教えどおり。
「金」は照明を落としたほうが鈍い光を放つ(`_´)ゞ

 10_646356454_n.jpg

 08_1926618315_n.jpg
 こちらは「金に蝶」のグイ吞み

※ 若い作り手が、過去の作品をどんなふうに見るか、
 博物館は彼らにとってどんな場・空間であるか、あるべきか、
 こっちが興味津々なことに気づく・・・

 02_1736831729_n.jpg

 またぜひボーっとしに来てください。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。