So-net無料ブログ作成

★平和祈年の夏 OKINAWA 2013 [都市・街・公園・光・風景]

★時期をずらして夏季休暇に感謝(^人^)
 沖縄へは3度目。
 本島しか、リゾート沖縄しかまだ知らないと言っていい程度。
 130820_okinawa970_n.jpg
 南の島は、ほっておいてもバナナくらい生えるんだろう、
 なんて子供の頃は思っていた。(とんでもないことだ。)

 今日は《平和記念公園》へ そこには何があるのか!?
 恥ずかしながら、実はよく知らない。

★《沖縄県平和祈念資料館》展望台より『平和の礎(いしずえ)』が見える。
 130820_沖縄平和祈念資料館236_n.jpg

 この空間デザインはコンセプトは、
 “鉄の暴風の波濤が、平和の波となって、わだつみに折り返し行くコンセプト”
(パンフレットより)

 実は資料館の展示では、琉球が沖縄県になるまでの歴史と、
 その後、世界大戦に巻き込まれ、本土(日本)決戦までの砦となり、
 なるべく米軍/連合軍の兵力を弱めるための消耗戦に突入、
 敗戦(終戦)まで、アメリカの統治時代、

 そして日本への復帰までの歴史。それを、
 様々な映像、展示、ジオラマ、アーカイブによって、
 頭に叩き込まれるように見て・・・

 そして屋上展望台に上がって見た美しい景色。
 台風が近づき風が強い、晴れたり突然雨が降ったり、、

 ※映像は、全てアメリカによって撮影されたものだ。
  米国のアーカイブから起こされた展示映像なのだろう。。。

★《沖縄平和祈念堂》
 130820_沖縄平和祈念塔4179645_n.jpg

 130820_沖縄平和祈念堂281128_n.jpg

 中に入ってみる。。
 “平和祈念”のモニュメントとはなにか?
 “アート”は何が出来るのか、を突き付けられた。

 130820_沖縄平和祈念堂834983_n.jpg

 てっきりブロンズ像と思ったが、作者のこだわりで堆錦という、
 沖縄の伝統漆芸技法で作られた「沖縄平和祈念像」、
 作者の山田真山を全く知らなかったが、展示パネルを読むと、
 設立当時は多くの賛同を得て建立・建設されたらしい。

 建設当時の熱さ、のようなものが伝わってくるが、
 今対面してみると、時代に取り残された感は否めない。

 像の背面、地下への階段を降りると、展示ケースがある。
 世界から送られた?石(本当に石ころ?だ)がひっそりと。
 RIMG7929s.JPG
 もちろん、アメリカからの石ころもある。


★日本にとっての十五年戦争/太平洋戦争は“先の大戦”だが、
 アメリカにとっては“ずっと前の、古い戦争”に違いない。

 ここ沖縄の地でさえ、白梅の塔ほか学徒看護隊の事や、
 その場所についてはもう知らない若者も多いと聞く…
 僕も初めて知ることばかりだった。
 さてこの事を伝える方法論は?
 (「ひめゆりの塔」「白梅の塔」については、後日)
 130820_平和祈年パンフ1950_n.jpg

 と思ったのは、
 この同じ場所の《平和祈念》パンフレットのメッセージが、
 やや抽象化しているのではないか?と感じたから。

 うーむ。
 平和ってなんだ? 反戦のことか…
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。