So-net無料ブログ作成

★エレクトリック炉開き [数寄・茶の湯・遠州流]

★今日はエレキ炉開き。
 炉だたみを外して掃除してスイッチを入れればOK(`_´)ゞ
 あり合わせの菓子と、今年手に入れたこだわり茶道具などを揃えて茶を点ててみる。

 1410707_n.jpg

 今日は泡立て薄茶だけど、こんどは濃茶を…

★茶の準備風景:これはこわい(`_´)ゞ

 IMG_9560.JPG

 丸岡 和吾さんの茶入(茶器)に、
 お茶を篩って入れてみると、多くのお茶が必要//

 遠州流では薄/濃とも目一杯お茶を入れるので、
 他流に接するときには驚くことがある。
 お茶は濃茶でも使えるというお茶「時かさね」。
 今日は薄茶で、山形に整えようとすると・・ムリだ。

★床掛は花
 といきたいところだけど、
 今年出会った景色!?(石川直樹さんの写真だけどね)にした。

 IMG_9570.JPG

・上はノルウェー。
・下は富士山の風穴。

 NOWHERE NOW
 HERE NOWHERE
 NOW HERE NOW
 (透明なインクで、文字がシルク印刷されています)

★恐怖!?の茶器が、
 畳の上で、頭上に茶杓をのせてみると、
「綺麗さび」っぽく見えなくもない?

 63090908_n.jpg

 うーむ(`_´)ゞ 面白い。
 いちおう茶筅は、しっかり遠州好みの薄茶筅なんである。

★悪ふざけ!?
 と自分でも見えるような“髑髏”茶の湯。

 たしかに王道ではないが、
 日常でリアルな茶の湯は、
 一方でサブカル的にへうげて行なってみる。
 それでも柄杓や茶筅は崩しようもなく、
 今日の蓋置きは、デルフト焼きの蓋置きを初めて使う。

 IMG_9576.JPG

 この蓋置きは、今年10月に東京で開催された、
 茶道遠州会全国大会に参加した時、
 帰りにお土産として包まれたもの。
 うーん、箱や紐もカッコよすぎる。
 流祖遠州公が、阿蘭陀に注文して作らせたながれを感じる、、
 王道!だ。(`_´)ゞ 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。