So-net無料ブログ作成

★ シャルロット・ペリアンと日本 [展覧会・アートイベント etc.]

★シャルロット・ペリアンと日本 @目黒区美術館
 http://mmat.jp/exhibition/archives/ex120414

 5162_n.jpg

 巡回してきた展覧会がようやく東京に!
 憧れの、オンブル〈影〉は、初期形と現在形(Cassina版)が展示されている。
 残念ながら座れなかったが、いずれ手に入れたい。(と思って十数年・・・)

★なんか家に資料があったよな〜と思って高い図録は買わずに。。
 本棚に見つけたBRUTUSは、1998年10月15日号が、ほんと充実の内容。

 シャルロット・ペリアン_BRUTUS_82_401425032_n.jpg 

 特集の巻頭にあった、95歳で現役!
 シャルロット・ペリアンの写真には、
 当時でもビックリだった憶えがある。

 現在は芸大デザイン科 藤崎准教授の記事を発見!
「昭和15年のペリアンを求めて山形へ」と、雑誌らしくなかなか鋭い特集記事。
 1940年って、僕の親父が生まれた年じゃん・w

 1903年生まれのシャルロット・ペリアンであるから、
 デザイナーとしては働き盛りの年齢に日本と関わりがあったということ。
 それにしても「工芸/民藝」と「モダンデザイン/建築」の出会いの頃、
 「芸術の統合」が議論され運動があったというのは面白い。

 しかしそれは「建築への統合」であり、
 ペリアン女史のいう「環境への統合」には成りえなかったのである・・・
(つづく、と思う、いつか)

★追記:
 シャルロット・ペリアンのノートを、iPadを壁に固定して、
 展示以外のページを閲覧できるよう、展示されていた。
 コンセント部とスイッチ操作ボタンを隠して箱を作っている。
 これは次の展示でぜひ使ってみよう。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。