So-net無料ブログ作成

★ “会田誠論” の文脈をさぐりに。. [展覧会・アートイベント etc.]

★午後から「会田誠の世界」
 森美術館「会田誠展」 プレイベント@アカデミーヒルズへ。

 860000_会田誠グループ展@学生会館-11.jpg
 会田さんは代々木ゼミナール造形学校で浪人時代から、その作風に注目していた作家。
 画像は1986年の展覧会:会田誠@東京藝大学生会館でのグループ展。

 860000_会田誠グループ展@学生会館-10.jpg

 860000_会田誠グループ展@学生会館-09.jpg

 たしか大学1年か2年時に僕が撮影。
 当時から展示に興味があったのかなあ? それにしても〈百年プリント-1986-〉とは(`_´)ゞ

 890000_白黒3_00.jpg 890000_白黒3_01目次.jpg
 ※こちらは1989年発刊だから、たぶん4年の時の同人誌「白黒」。
  当時生協で購入と記憶。とりあえず目次のみ公開。

 この同人誌では同級生の小沢剛の名もあり、あの「地蔵建立」のほぼデビュー作。
 ※掲載された北京の作品は僕も一点コレクションしているのだ。w

 小沢さんの森美術館での展覧会は 2004年に開催されている。
 そりゃ作風からいって、毒のありようが学生の頃から全く違うのである。


◆さていよいよゲストスピーカーによる“会田誠論”へと。
 :辛酸なめ子、小久保英一郎、朝吹真理子のお三方
  ※小久保さんは昨年新年会で、トーハクの常連であることが明らかに。。
   24年度中学国語教科書「月の起源を探る」(光村図書出版)がいいね!だ。

 進行は:小崎哲哉さん ご存知『REALTOKYO』
  ※一昨年、愛知芸大の講評会でご一緒でした。

☆以下おぼろげな僕の記憶をたどると//
 Q:なぜ女子中高生が好きか?(小久保) A:美少年でもいいかも・・とも(会田)
 Q:好きな女優やアイドルは?(辛酸) A:中年になってきて抽象化している(会田)
 Q:絵を描き終わり方は?(朝吹) A:それは距離によるなぁ(会田)


★ずーっと“会田誠論”のいろいろを聞きながら・・作品の画像を見ていて思った。

『滝の絵』と、黒田清輝が描く〈芝生の上の裸体画〉との“裸体画”に、
 なにかそこに正統的なつながり(連続性)はないのか?
 たとえば黒田の 「野辺」(1907年(明治40)ポーラ美術館蔵)とか/
 美術学校以来のアカデミックな美術教育法の文脈、、(`_´)ゞ

 そして会田と黒田はどちらが過激か、美術解剖学的なアプローチの可能性は?
 考えてみたが、べつに裸体は『滝の絵』には無いのか・・・に気付く。
 φ(・_・
  村上隆さんは、「智・感・情」においてそれを示した。
 そこでは日本画と油画との、絵画史のねじれが生じる。そこが面白いのだが。。

 でも“身体(女子中高生)”と“芝生”との絡み合う風景モチーフはあり。
 で、眠くなってきたので、つづきは明日。

 497692_n.jpg
 

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。