So-net無料ブログ作成

★ 河口龍夫 @横田茂ギャラリー [展覧会・アートイベント etc.]

★今日は日本大学芸術学部CDXIのレクチャー学外授業。
 ゆりかもめに乗って竹芝・ 横田茂ギャラリー 河口龍夫 1868-1973』へ。

 111126_河口龍夫_0210.jpg

 何の予備知識も与えず学生数名をギャラリーへと案内したところ、
 皆、サーッと作品を見て、あっという間に見終わってしまった様子。オイオイ。
 僕は一歩引いて空間を味わいつつ、気分だけは作品を遠くから俯瞰でただ酔う(漂う)。

 河口龍夫という現代美術ビッグネームの作品の数々は多く見てきたが、
 今回は60年代後半から70年代初頭の作品が「検証」されている。
 学生は頭上に?のままのようだが・・作品と対話を試みようとしている模様。

 さて今日は展覧会最終日ということで、河口龍夫氏ご本人らしき方もいらして、
 ギャラリーの方に紹介していただく機会を得た。

 恐るおそる学生に作品の「入口」を示していただけないかとお願いしたところ、
 こころよく〈空間の荷造り〉1968について解説をしていただいた。
 そのままほぼ全ての作品に関してギャラリートークをしていただくことに。。
 (僕にとっては願っても無い、贅沢な時間を過ごすことができたのだが)

 キーワードのいくつかが発せられる::
 60−70年代、アンデパンダン、時間を封じ込めた感光し続ける紙、
「名付け」と広辞苑、言葉(英単語)について、
 李 禹煥氏との語らいのこと、八木一夫氏とのエピソード
 写真/フィルム/記録のこと。「美術」なるものの非有用性と必要について。
 さらに「デザイン」にかかわることにも言及していただいた。噛みしめる。

 そして「世界が見える」ことの可能性、という大いなる問題についても
 また3.11以後に、アーティストとしての自己に突き付けられる問題も。

◆ギャラリーでいただいたリーフレットの中に、作家自身による文章がある。
   〈 「観念」と「物質」の狭間で 〉 河口龍夫  より言葉をひく:

 “大雑把な言い方をすれば当時の新しい美術の動向においては、「観念」と「物質」とのせめぎあいの季節であったように思う。別の言い方をすれば、美術の基本理念と世界をとらえる手がかりを「観念」か「物質」か、どちらに比重をおくかの二者択一を迫られたと言い換えてもよい。”

 ご本人から直接話をうかがう機会を得たことで、
 そのことばのひとつひとつが、今の僕にはリアリティをもって迫ってくる。


★僕が高校生か美大浪人生だった頃から“空気のように”信頼している画廊である。
 最初の頃はレインボーブリッジもゆりかもめも無い、ただの倉庫だった。
 時間と物質について、そして展示の本質についても深く検討することができた。

 ギャラリーを後にしてから、近くのカフェで学生数名とトークの時間。
 いちおう今日の河口龍夫氏の言葉を借りつつ、
〈コミュニケーション〉の問題についても僕なりの考え方を伝えたつもりだが。
 けっきょく僕自身が教えを乞うた授業時間となった気がする。

 河口先生、本日は御講義ありがとうございました。
(こんな場所でブログ中ですが、あらためて感謝申し上げます)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。