So-net無料ブログ作成

★『フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展』 @Bunkamura ザ・ミュージアム      [展覧会・アートイベント etc.]

★ “光”を見に行く。 内覧会へ。。
 『 フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展 シュテーデル美術館所蔵』

 IMG_3550s.JPG
 ※図録表紙を携帯のカメラで撮っただけで、この“光”よ!

★フェルメールという画家が37歳で描いたという、《地理学者》を見た。
 彼は43歳で没している。(と音声ガイドの佐々木蔵之介が語ってくれた)

 空いていたので、じっくり5分〜10分ほど集中、目と脳に細部を焼きつけた。
 内覧会に来る人は、なんでもっとよく見ないんだろう!?と思う事がたまにある。

 僕はフェルメールはてっきり“板絵”だと思ってたが、勘違い。
 “キャンヴァス”に油彩、でした。(ヴィジェ・ルブラン展では“カンヴァス”)

 う〜ん、また単眼鏡を忘れて、フェルメールの“筆致”や息づかいまでは見切れなかった(残念)

★昨年、フランクフルト出張の時にシュテーデル美術館へ行ったら、改修工事閉館中だった(;_;)
 しかしこんなところで《地理学者》に会えるとは…

 R0032085s.JPG
 ※工事中・・・ショック! まさか閉まってるとは

★20数年前、越宏一先生の「西洋美術史概説」の授業で、
「いま○○美術館の展覧会で、“板絵”が出品されているので、見に行くように」とのことで、
 保存上の問題から、日本ではほとんど見る機会のなかった板絵を見に足を運んだが、
 最近は、ほんとに日本で見る機会が増えた。

 額に低反射ガラスを入れて保護できるようになったからだと思う。
 東博の「浮世絵版画」で使われている額=展示ケースと同様、
〈低反射ガラス+エアタイト「額」形ケース+調湿材〉によって、
 欧米の油彩画、板絵が湿度変化のリスクから守られるようになった、のかもしれない。

★さて本展は、オランダ・フランドル絵画の展覧会なのだが、
 これはフランクフルト/ドイツの美術館から借りてきた作品による展覧会。

 このように、欧米の美術館は改修工事閉館中の作品を、
 日本で有効活用するのが上手いな〜、と感心する。 _φ(・_・

★わが社もそういう戦略性は学ぶべきところが多い。
 どんなに不景気でも、日本の会社による展覧会でお借りしてきてるわけなのから。。

 欧州内どうしだと、それはお互い様なのかもしれないが、
 日本まで保険をかけて輸送し、日本で展観するには、多額の資金が必要で・・・。

 日本人が、このように文化にお金をかけるようになったのは、
 人の気持ちが成熟してきた国であることの証しなのかもしれない。
 との思いが、ふと頭をよぎった。
 平和な事の証し、であるとも言えるのだろう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。