So-net無料ブログ作成

★ホキ美術館 [博物館・美術館]

★土気にある ホキ美術館へ。
 連休だが、雪の予報を避けてか、高速も一般道も空いていた。

 IMG_3448.JPG
 アプローチ路面下に仕込まれた、屋外用LEDテープライト。
 夜景は次回の時に(きっと壁面を美しく照らしているはず)

 IMG_3450.JPG
 カフェ:展示室内と同じLEDアイボール式のダウンライト(ヤマギワ製)が、ナイフフォークに輝度を映す。
  ・展示照明の色温度は2種類(3000Kと4000Kくらいか?)
  ・演色性はRa=90くらいかなぁ? 額縁の金は、わりと金らしい輝きに見えた。
 世界の有名定番イスに座して食す。なかなか美味しくてオススメ。

 IMG_3460.JPG
 展示風景が少しだけ透けて見える。ピクチャーレールが無い展示の実現は素晴らしい!

 IMG_3454.JPG
 建築/構造/展示方法/照明/サイン・・・ディティールまで、設計者のこだわりを堪能。

★展示を丁寧に見た。
 写実絵画であるが、油画としての魅力はあまり感じない。
 静物画は・・人物画は・・本場の油画の世界観から切り離せば、どれも立派だ。

 絵を見て、タイトルを見ると、(笑)を隠せない作品も・・・(失礼)。
 日本人モデルにこの衣裳を着せて『写実』とは、冗談かと思わせる(大変失礼)。

 残念ながら野田弘志氏以外の作家は知らなかった。(勉強不足です)
 野田氏の絵は、動物の頭骨を描いていた時期の絵に興味を持ちファンになった。
 一度お話をうかがったことがあるが、(十数年前の記憶)
 ご自分で解剖したり、骨を作るとかの趣味は無いとのことであった。

 『リアリズム絵画入門』(野田弘志著)がショップにあったので立ち読み。
  リアリズム絵画とは、〈ラスコーの洞窟壁画にも繋がる絵画史の原点にして、
  レオナルド・ダ・ヴィンチやフェルメールの作品にも繋がる究極の手法〉とのこと・・・その流れに自らを位置づけるとは!?

 帰りに5枚ほど絵はがき(建築3枚+絵2枚※)を購入して帰路に。
  ※1枚はもちろん!? 『5:55』(生島 浩)である。
   暗い展示室内で、凝った音声説明装置で、絵のモデルについて聞かせてくれた。。
   もう1枚はナイショ!!(風景です)


タグ:ホキ美術館
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。