So-net無料ブログ作成

★【アルブレヒト・デューラー版画・素描展】《マクシミリアン1世の凱旋門》 [展覧会・アートイベント etc.]

★仕事をしてたら、国立西洋美術館の展覧会が最終日であることに気付いた。
 切りのいいところで西美へ向かう。。。
  アルブレヒト・デューラー版画・素描展 宗教/肖像/自然

 DURER_3060s.JPG

◆昨年11月から見に行きたかった、
《マクシミリアン1世の凱旋門》をようやっと体験!
 ※画像等の記事は⇒ http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2306
           http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201012010284.html
 1515-17年(1559年印刷)

 これは“鑑賞”というよりそ“圧倒”された感じ//(※展示と照明はもう一工夫の余地アリだが)

 アルブレヒト・デューラー(Albrecht Dürer, 1471年5月21日 - 1528年4月6日)
 彼は、ほぼ今の僕と同年齢でこの仕事を成し遂げている。。。負けられないぞ。。

 この“記述”への執念!はなんちゅーことだ?
  /・ ローマ時代:ローマ皇帝なら本物の凱旋門、か記念柱を作る、というより作らせるからな。。

 ヨーロッパでこの時代にこれだけの「木版」による大判の版画、というか精密な印刷は、
 どのくらいの規模のシステムで作られて(生産されて)いたのだろうか?
 デューラーを支えていた、職人のシステムや社会背景を勉強しないとわからないな。。

 日本近世の浮世絵版画の木版も凄いが、
 実は木を生産・伐採して板を作って・・・というシステムは、
 今では良質で大判の材を確保する事自体が難しいと聞く。

★充実した気分で建物を出たら、「寒い!」
 いつもの《地獄の門》と《岩の上のエヴァ》を眺めて、また仕事場に戻る。。

 EVA_3062s.JPG

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。