So-net無料ブログ作成

★ 青嶋利陶 茶陶展 [数寄・茶の湯・遠州流]

★京王百貨店の茶室 『京翔』へ
 青嶋利陶氏の展覧会にあわせて社中が茶席を設けるので、その手伝い。。

 京翔_1950s.JPG
  ※デパートの中にしっかりと茶室があるのは、都内では京王百貨店くらいでは?
   きれいな光が差し込み、障子の中を覗くとふかした壁に蛍光灯トラフが縦一本、の技。

 青嶋利陶 氏は、以前茶事などでご一緒したこともあり、
 まとめて作品を見る機会を楽しみにしていた。
  ↓
 遠州志戸呂利陶窯 開窯二十周年記念
  青嶋利陶(あおしまりとう)茶陶展
 2010年 9月9日(木)→9月15日(水)
 新宿 京王百貨店 6階 京王ギャラリー
 志戸呂焼の茶道具100余点を展示販売。

 青嶋利陶
 1962年静岡市に生。平成18年二代利陶を襲名。
 遠州七窯 志戸呂焼陶工として茶陶を制作。

 IMG_1955s.JPG
  ※参考画像・湯のみ:展覧会出品のものではありませんが、、うち/そとの釉薬の妙が綺麗だ

★志戸呂は陶器の肌、くすりの具合のなんとも“トロッ”としたなめらかさが、
 茶室の中で置き合わされると、他の道具とたいへん調和するようだ。
 会場で一点、釉薬が天目のよう!?に弾けたような茶碗に目がひきつけられたのだが・・・

 青嶋氏にうかがったところ、のぼり窯ではそのような表情がでるとのことだった。
 夕方、もう一度会場を拝見した時には既に見当たらなく、、、いずれ。。。

★実は点前もさせていただいた。※なんと最終の回で(汗
 薄茶・棚の点法。もちろん正座で。(初/前回は立礼だった)
 茶を点てるところまではなんとか手が動いたと思うけれども、 
 中水で柄杓を扱いを間違えたあたりからぐずぐずに・・(泣
 いちおう“時差ぼけ”のせい!?にしておこう、、、

 明日は東近美工芸館での茶会へ参加だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。