So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

★171028_オニババドクロ茶会@二本松霞ヶ城趾 洗心亭 [数寄・茶の湯・遠州流]

★171028_オニババドクロ茶会@二本松霞ヶ城趾 洗心亭
 二本松城(霞ヶ城)洗心亭での二時間、無事終了です。

 二本松市では『重陽の芸術祭2017』開催中。茶会はその関連企画。
 http://2017.fukushima-art.com/
 お城では、「二本松の菊人形」も開催中です。
 http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/site/kankou/63kikuningyou.html

 オニババドクロ茶会_チラシ_8973_n.jpg
 ※デザイン:渡邊晃一

 オニババドクロ茶会_13557_n.jpg
 来ていただいた方々、
 お手伝いいただいた婦人会の皆さんはじめ、
 ご縁あった関係各位、お陰様で良い茶会になりました。
 至らぬところばかりでしたが、お茶を通して、
 二本松の方々の声をじかに聞くことができました。。
 感謝申し上げます。  木下史青

 オニババドクロ茶会_点法_8973_n.jpg
※点前座が明るく見えるのは、
「風炉先屏風:有機ELの風炉先屏風見立て衝立」
(協力:(公財)山形県産業技術振興機構)のやわらかな明かりのおかげです。

ご案内============================================
「重陽の芸術祭」の企画として「オニババドクロ茶会」を開催します。
 http://2017.fukushima-art.com/events.html

 会場:福島県二本松 霞ヶ城址内 洗心亭(県指定有形文化財)
    二本松市郭内3-232
 日時:12:00~14:00
 お茶券(500円)を配布します。先着25名です。

 亭主:木下史青
     遠州流茶道 時青庵 木下宗史/ 東京国立博物館デザイン室長

 菓 子:干菓子・ヌーベル和三盆「ガイコツ」
 薄 茶:逢真庵 浅井宗兆 遠州流家元主鑑お好「時かさね」 小山園
 主茶碗:銘 ホトバシル(髑髏茶碗) 丸岡和吾作 牟田陽日絵付
 替茶碗:備前髑髏 丸岡和吾作
 床飾り: 華跡 「菊」 渡邊晃一作
 蓋 置 :髑髏ぐい呑 丸岡和吾作
 棚飾り:金髑髏ぐい呑 丸岡和吾作 牟田陽日絵付、髑髏煙管 丸岡和吾作

 茶 杓 :歌銘 『黒塚』にちなみ
      みちのくの 安達ヶ原の黒塚に
         鬼こもれりと 聞くはまことか
                平兼盛

 オニババドクロの由来について聞かれたので、この歌を言うと、
 婦人会のみなさん、空でスラリと口にして…流石です。
 なんとなく納得された模様^_^v

 オニババドクロ茶会68_778_n.jpg

 オニババドクロ茶会34_n.jpg
 洗心亭 外観

★本日の茶会の為、
 渡邊晃一(福島大学 文学・芸術学系教授)さんに依頼した床飾りは、
「二本松の菊人形」にちなみ、《華跡-菊-》を。
 オニババドクロ茶会_渡邊_8973_n.jpg

 仏花と言われてしまうキクとは違い、
 最高の格調高さを誇る「二本松の菊」の姿を、
 ネガ・ポジの二次元写し込んで空間化する、渡邊さんの腕力に脱帽です。
 オニババドクロ茶会_3095_n.jpg
 持参したアンテロープ頭骨を添えて、植物/動物の世界を創出_φ(・_・

 遠州流では重陽の節句に「被綿(きせわた)」で入れる「菊」について、
 あらためて学んでみるつもり。

★翌日は台風接近で雨が降り寒い。
 天候に左右されるものとはいえ、
 本日の各所各種イベントは中止で、昨日の茶会日和が嘘のよう。
 オニババドクロ茶会_髑髏感想8973_n.jpg
 宿で乾かして綺麗チェックした髑髏供は、
 僕のラッキーアイテムだったなと再認識です
  _φ(・_・チェックアウトまでに仕舞わないと…




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂