So-net無料ブログ作成

★第20回 美術解剖学会大会 @東京藝術大学 [骨・美術解剖学・身体]

★第二十回 美術解剖学会 大会 @東京藝術大学 第一講義室

★美術解剖学会大会
 終わってから何ですが、ぼくは〈大会実行副委員長〉…_φ(・_・
 午前中のプログラム「一般講演3」では座長(進行役)を務めさせていただいた(`_´)ゞ
 http://www.geidai.ac.jp/soc/saa/event.html

★午後の、イラストレーター、画家、彫刻家、顔学学者・四名のパネラーによる
 講演・シンポジウムは シンポジウムのテーマは〈「似る」とは何か?〉、
 どの発表も面白く深い内容で楽しかった~(^-^)/

 130720_美術解剖学会92162_n.jpg

★イラストレーターの工藤 稜さん
 さっそくみなもと太郎『ワイド版風雲児たち』(リイド社)の第1巻を購入。。

★彫刻家の吉野 毅さん、三島由紀夫の裸体彫刻を作る話しは、本当に圧巻(`_´)ゞでした。
 三島由紀夫自決は、僕はたしか五歳、
 母がたいへん興奮して話していたのを記憶しているくらいですが、
 藝術家が、モデルとしての三島とどのように向き合い、制作するか…

 「描く」くらいしかやることがなく、油画は狭くて使えないのでパステルで描く、、
 それが意図せずとも佐伯祐三に似てる!?といわれて、、、

 デザイン科の人が絵を描くことについての話も、
 油画のひとからどのように見えているか!?の話は、必聴に値する内容。
 僕も少なからず影響された、有元利夫をはじめとする、
〈サンプリングとリミックス〉が肯定される時代に生まれた絵。

 坂本龍一の名も出たりで、木津先生の話は、
 さらに黒沢〈隠し砦の三悪人〉と〈スター・ウォーズ〉の相似への言及まで・・・

 迫力あるお姿からは、ギャップを感じさせる(笑)ポップな話題まで、
 普段は想像のつかない!?内容に圧倒され続けでした。

★ザ・顔学の 原島 博(日本顔学会前会長・東京大学名誉教授)さん、
 『顔が似るということ』語りのような発表のあと、
 すっかり司会役をまかされたような展開に・・
 先生でないとまとめきれないような、本質にかかわるような深い話も、
 実に軽やかに、すっきりとした後味で「似る」をまとめた。
 続きは懇親会@大浦食堂で。。

 美術解剖学会は毎年何か心に響く貴重な体験があるな〜

*8/24~10/14 開催告知のあった久米美術館での〈美術解剖学〉関連の展覧会も楽しみすぎる!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。