So-net無料ブログ作成

★日本美術応援団@トーハク [博物館・美術館]

★さて、今日の午後は 日本美術応援団が来る!
「日本美術応援団、東京国立博物館を応援する」(`_´)ゞ

 IMG_7800.JPG

 ということで整理券握りしめて会場へ行ったけど、
 時間になっても講演者のお三方がまだ未到着らしい。
 15分ほど過ぎて、ようやくご登壇。

 山下裕二先生がクルマで赤瀬川原平さんを迎えに行って渋滞に・・・とのこと。
 驚いたのは、赤瀬川さんが車イスで・・・老人力がアップしている、ご本人談。

★ご登壇後は、山下裕二先生、南伸坊さん、そして赤瀬川源平さんによる、
 「日本美術」というよりトーハク応援トークが、弾む弾む(`_´)ゞ

 お三方の「東博初体験はどんなでした?」の問いに、
 赤瀬川さんは「メキシコ美術展、キケイロスとかタマヨとか見たなあ」で、
 南伸坊さんは「なにげなく見た平常展の・・納涼図とかかなあ、で、
 山下さんはなんと「大学に入るまで東京は来たこと無かった!」である。

★山下先生が講演のために撮影されたスライドをざーっと見てながらのトーク。
 上野駅ホームから改札を出て、上野公園内にできたカフェ、そして正門。
 日傘のサービス、帝冠様式の本館、エントランスホール・・・ようやく展示。

 最初の仏像の展示のところで、さらっと僕の名前が聞こえたような//
 山下先生の“土門拳ばり”の仏像写真では、
「常陳では写真を撮ってもOKなんですよ〜」
 南伸坊さんも「それはもっとアピールしたほうがいいんじゃない」と返す。

 話題は2階へつづく・・・な、なんと、黒田と久米の裸婦デッサンが!
 『美術解剖学 ー人のかたちの学び』の展示が紹介されたのです!
  残念ながら7月29日で会期は終了ですが、今日一番の喜びでした。

 そして“岡本太郎ばり”の火焔土器写真にはじまり、
 2階をぐるっと回って、「納涼図」まで/そこでじっと語り合う。

 おまけで法隆寺宝物館を語る。
「ここはだーれもいなくていいよねぇ」と南さん。

★今日は赤瀬川さんが車イスで登壇されて驚いた、
 というより心配になった、と同時に「もうそんなお年なの!?」と、、

 思えば赤瀬川源平さんの講演は、学生の頃に聴講したのが初めて。
 もちろん尾辻克彦名での芥川賞「父が消えた」は読んだし、一連のトマソンも追っかけたし・・・
 昭和40年生まれアーティストは、少なからずトマソンの影響を受けている。

 照明デザイン事務所勤務のとき、『照明探偵団』での連続イベントで、
 「無言の前衛」にサインをいただいた。(`_´)ゞ
 これは宝物であるし、今思えば茶道への関心の最初でもあった、

 その後、『art-link 上野-谷中1997』で関わらせてただく事になった!?/
 http://artlink.jp.org/2009/talkevent_profile.html

 IMG_7801.JPG
 『眠れる森の美術』チラシ 1997年 上野の森美術館

★50代、60代、70代の、永遠の学ラン三先生にご挨拶。
 お疲れ様でした。ありがとうございました。 (40代の気持ちは学ランより)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。