So-net無料ブログ作成

★ 美術解剖学のことば/1089ブログ [骨・美術解剖学・身体]

★【美術解剖学 ―人のかたちの学び】@トーハクが、明日で会期終了だ。

 R0045798s.JPG
 人体の美術解剖学 芸術家及び芸術愛好家の手引書
 ユリウス・コールマン著 1886年出版(初版) 個人蔵

 ここのところ、こちらのブログ更新が少ないが、サボっていたわけではない。
 1089ブログ 【美術解剖学のことば】を連載していた、わけなのだが、
 これは日頃の覚書きブログと違って、展覧会の広報を兼ねている。//
 なので、いろいろと「気くばり目くばり」して書いたつもりの内容。
      ↓
  【美術解剖学のことば】

 第7回  「<コントラポスト> “人が立つかたち” と “美の基準”」
 第6回  「黒田清輝の『美術解剖学ノート』」
 第5回  「久米桂一郎先生にご挨拶とご報告」
 第4回  「人体デッサンと美術解剖学」
 第3回  「ベルリンの鷗外とユリウス・コールマン」
 第2回  「黒田清輝と美術解剖学」
 第1回  「キックオフ」

  ※第1, 2, 3, 5, 7回は木下が担当
   第4, 6回は宮永美知代先生(東京藝大 美術教育 美術解剖学Ⅱ/東博客員研究員)が担当。 

 1089ブログは、トーハク展覧会(特集陳列)などの広報という位置づけなので、
 こちらでは作品の画像をありがたく使わせていただいている。

 なんといっても、今回の展示では、
 黒田清輝と久米桂一郎のデッサンを、並べて展示することが今回の大目標!なので、
 これはとてもうれしくよろこばしい!!
 (また内心、このブログを書きためて・・・//とも、)

★展覧会会期中は、
 7月 3日(火)の東博・列品解説を皮切りに、
 7月14日(土)開催の、盛況だった美術解剖学会での発表、
 つづく15日(日)の学会オプショナルツアーを2回行なった。

 そのほか解剖学の研究者、アーティスト、美術教育関係者、
 森鷗外生誕150年に関わる方々、かつて一緒に美術解剖学を学んだ友人や、
 出版社や美術雑誌の編集担当者、そして学芸員など美術・美術館館関係者、
 もちろん知人や、思いがけず高校時代の懐かしい友人も・・・

 これこそ“ネット社会:SNS”の有益な効果なのだ。
 みなさま、暑い日も雨の日も、お運びいただきありがとうございました。

 IMG_7757s.JPG

「期間が短いですね」の声が多く聞かれるのが、(本当はもっと長くないとせっかくの企画なのにオシい!)の意と受け取って、これはありがたいことと感じて、次!?への気持ちへつなごう。

 じつは構想・計画・準備から1年以上経っているので、あまり短いと言う気はしていないのだが・・・
 明日最終日の1日と、作品の返却まで気を引き締めよう。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。