So-net無料ブログ作成

★高橋由一 /模索を模索としない「開拓者」。 [展覧会・アートイベント etc.]

★午後から楽しみにしていた展覧会/東京藝術大学大学美術館へ。
  『近代洋画の開拓者 高橋由一』

 IMG_6430.JPG

★高橋由一の絵は、華やかなインテリアに馴染む作品ではまったく無い。
 しかし武家出身ということとによるせいか、極めて実直な「覚悟」を感じる絵画。
 単にリアリズムということでは捉えきれず、
 模索を模索としないのが「開拓者」たる所以か。

 最近、ラファエル・コランに学んだ黒田や久米ばかり追っていたせいか、
 もう一世代前の由一の本質・由一人物像が、少しだけ見えた気がした。(`_´)ゞ

☆展示のクライマックスで、麻布、紙、板に描かれた三点の『鮭』を鑑賞。
 高橋由一の絵を「 見せ物」の側面だけで見ると、油画の実力が曇ってしまうかもしれない。。

 絵(油画)を見るための場が無かった時代に、
 見世物という日本人的メンタリティに訴えるしかけを用意したのだろうか。
 まあそれも重要なのだけれど、
 由一が油画技法の永遠性をこの日本に根付かせようとした「覚悟」。
  ※懐かしい展覧会はこちら
            ↓
           美術館の夢

※画像:ふだんはまぶしく見える「新緑」は、
 サクラと葉桜の時期を過ぎて、きょうの雨くらいの時が美しいな。の図。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。