So-net無料ブログ作成

★120311 遠州忌茶筵 [数寄・茶の湯・遠州流]

★3月11日 日曜日
 昨年は中止になった『遠州忌茶筵』@東京美術倶楽部に参加
  162510481_n.jpg
 ・午前中に濃茶席と小間にて素晴らしいお道具を拝見。
  小間で薄茶を頂いてから、美味しい点心。
 ・午後からはお運びの手伝い…

 ・昨年の大震災の時刻:午後2時46分に館内放送 黙祷。
  今日の広間の床・小さな蓮の上、誕生仏の姿に念じた。

 彼の地では「時間」を奪われることになってしまった人・人びとの無念を想像する。
 この僕は、「何もできないことを思い相変わらずここにいるのみ」
 一碗の茶をいただく、とは、何を意味するのだろう///

★着物を着て袴を付け、
 扇子を挿すと、茶の湯に向かう気持ちに//

 2019325370_n.jpg
 帯に腹がのるようになったか・・
 しかし背の板は心地よい。。

 1時間以上かかっていた着付けも、ようやく35分程度に。

 茶会のあとに六本木ABCに寄って、やっと手に入れた、
 内澤旬子さんの『飼い食い 三匹の豚とわたし』読むかな。

 いまは「食べて寝ること。」普通の生活が大事なのだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。