So-net無料ブログ作成

★〈やがてわたしがいる場所にも草が生い茂る〉 [展覧会・アートイベント etc.]

石川直樹さんからご案内いただいていたので、写真を見に、銀座のニコンサロンへ。
 震災の現地に足を運んでいない僕には、考えることしかできないのである…
 彼の写真とフットワークは、何か考える「軸」のようなものを示してくれる。

 IMG_5833.JPG

 ニコンサロン連続企画展 Remembrance 3.11
  やがてわたしがいる場所にも草が生い茂る

★ニコンサロンはこんな場所だったんだな。前は西銀座のほうだった記憶が。。?
 (`_´)ゞ いい展覧会だった。

 石川さんのことば〈情報の瓦礫〉が、圧倒される物量で写しこまれていた。
 船も家も車も堤防も道路も看板も自衛隊の車両や救助の自衛隊も、、、
 当時、駆巡ったさまざまな情報が、写真の中に投影されている。

 彼の写真は、自身がそう言っていったように、反射的な表現に見えるのだが、
 その展示には明確なコンセプトを感じとることができる。

 遠くの山並みから、定点とわかる大小の組み写真に、
 物質的な“復興”の始まりをみることができる。

 そして一方に彼が追い続けているテーマでもある、人びとの暮しと、
 在来の異形の”神”の姿が写しとられている、、

★ギャラリーで、ニコンのPCレンズとD700の組み合わせを触らせてもらった。
 レンズ+ボディで50万ちょっとくらいか・・・手に入れっとして使いこなせるかな。。
 カメラはフットワークと勇気を与えてくれるような気もするが//

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。