So-net無料ブログ作成

★ 躾 in ROCKET [展覧会・アートイベント etc.]

「躾」

 読書宿題をこなしに街に出た。
 facebookに案内が来ていた展覧会へ寄る、、
 以前働いていた 事務所の近所はすっかり様子が変わっていて、
  ROCKETをようやく見つけて、重いドアを開けるとイイ空間。
 
 IMG_5488s.JPG
 見上げると、ししやまざき作・黒い身体。

 たしか養老孟司先生の本だったと思うが、
 身の処し方なっていない=躾を忘れた日本人の身体、といわれる現代若者。
 その問題に正面から取り組んだ!?・・かもしれない4人の展覧会。
 2人の作家本人と会って、躾がよろしい話を聞けた。

 IMG_5484s.JPG
 毎日“ MASK”をつづけていることは知っていたが、実物は初めて見た。
 しっかりと壁に黒クギで打ち付けてある。
 あのくらい強く固定しないと、アッという間に飛び去ってしまうのだろう。

 IMG_5485s.JPG
 こちらがメス形ということらしい。尻尾があるように見える。

 他の2人が仏教的、基督教的な作風で、
 御田神社の近くという事は関係ないが、
 対して、神道的な造形、は偶然らしい。

 ===============================

 IMG_5486s.JPG
 “聖アンナと聖母子”模写と、その立体化を作品にした重松優志さんの作品。
 模写は、ダ・ヴィンチ独特の空気感をよく捉えている、と感ぜられる。
 彼があのミケランジェロ/ガチャポン原型を作ったというが、
 さすが!?芸大らしいアカデミックな軽やかさのある造形力か。

 IMG_5487s.JPG
 こちらはなんとブロンズ、重い!この重さはつい欲しくなる(笑)
 ぜひナショナルギャラリー(ロンドン)へ。。
 あのレオナルドのカルトンを前にすると動けなくなる。(経験アリ)
 今後の活動に期待。。

 =============================
 キャットストリート近くのスタバに入って、『方眼美術論』久米桂一郎を読む。
 〈裸体は美術の基礎〉など読み進めつつ、
 かつて芸大デザイン科で受けたデザイン教育が頭をかすめる。

 ヌードデッサン、裸体模刻と石膏取り、は当然のように思えた基礎的課題だったが、
 現在のデザイン科の課題プログラムでは、それはもう無いらしい。

 明治の美術学校で鷗外、久米、黒田が目指した美術教育は一端その使命を終えて、
 デザイン科や建築科においては、次の時代を迎えているということなのだろう。

 欧米のデザイン教育では、デザインはアートからは明確に分離されているという。
 宗教から学問が、教会から大学がしっかりと決別を宣言したように。
 この日本でもそんなデザインの萌芽があるのかもしれない。
 =========================

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。