So-net無料ブログ作成

★再訪『プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影』@国立西洋美術館 [展覧会・アートイベント etc.]

★今日の日芸CDⅪの学外授業は、ゴヤ展 @国立西洋美術館。
 実は僕は2回目の訪問。音声ガイドを借りてみた。
 庶民と貴族階級との、宮廷でのモチーフの流行の一端がよくわかった。
 宮廷画家としてのゴヤの立ち位置もあらためて知る。

・会場にて素描や版画の額の違いについてレクチャー。
 簡単シンプル額は西美蔵、格調高い額はブラド蔵。
 作品の状態やマットのおさまりなど、しっかりチェック(^O^)/

・人物や動物、オブジェクトの背景を描くことで、
 そのモノの存在を浮き上がらせるドローイングの考え方など♪(´ε` )

・展覧会の目玉『着衣のマハ』の描写と、
『裸のマハ』との美術解剖学的トピックについても簡単に。
 あとはスペインに行って、本物を見ようね。ベラスケスとかグレコとかも・・

・その後、常設展をざーっと見る。
 そっか、彼女たちはテンペラとか絵具の成立ちを知らないんだな。
 板絵の前で、簡単に説明。(だけど僕もほとんどわからないが・・)

 IMG_4964.JPG

※見学授業終了後、5現の無い学生と、西美向いの文化会館カフェへ。
 学生が「カフェラテってなんですか?」の言葉に??
 そっか、カフェで読書とか勉強とかあんまりしないんだなと・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。