So-net無料ブログ作成

★『トークセッション「見世」る芸術 ~江戸パフォーミングアートから現代美術まで 』 [都市・街・公園・光・風景]

★きのうのランチタイム:大浦食堂にバタ丼食べに行ったら、小沢剛くんとバッタリ!
 繪画科油画で講師をしているとのこと。
 久しぶりに近況など話をしつつ情報交換。
「きょう3時から、 こんなの やるけどどう?」
 とのことで、ポスターを見ると木下直之先生や佐藤道信先生の名前も・・・
 IMG_4685.JPG

★これは絵画の展示デザインの可能性に通じるトークセッションか、
 と気になっているけど3時から打合せが・・・これがキャンセルになり、藝大へ向かう。
 30分遅れて藝大第一講義室へ。
 会場は満員、階段教室を下まで降りて、かろうじて前から2列目へ滑り込む・・

 いや~面白かった!!
 佐藤先生の前振り、藤崎先生のナビゲート、
 斉藤さんの話は僕にはさっぱり?だったが、
 小沢のリアクションに木下先生も楽しそう。

★木下直之先生の浅草寺と絵馬の話は圧巻で、
 高橋由一の子、源吉による
 <ヤマサ醤油奉納の絵馬>「商標感得の図」と、
 原田直次郎「 騎龍観音」(護国寺・東近美寄託)の比較あたりの話が、一番興味を惹いた話。

「騎龍観音」 は今年5月に日芸CDの学生を連れて見て来たばかり。
 なんとも画題はへんてこりんだが、味わい深く力強い絵だ。

★高橋由一『鮭図』の、銀座に於ける当初の展示と、その意味するところ。
 薄暗い空間のその奥に、荒巻鮭がぼぅっとした光で浮かび上がる・・・
 うーん、今夜の夢にでてきそう。

『鮭』は、藝大美術館の春の展示で、新入生向けに毎年展示されているので、
 今年もそれを目当てに見てきた。
 聖なる絵にも俗にも見える、不思議な大きさの絵である。

★金比羅宮絵馬堂も、ショッキングな写真だった。
 これも行ってみないといけない。
 日本式「展示」の原点。
 こんなの見たら、真面目に絵画の展示なんてやってられなくなる・・かも。

 おおいに日頃のしごとのヒントを得て、仕事にもどる。。。

★もうひとつ
 《階級社会の喪失/新たな階級の模索》

 “武士”を失った時代に、価値感の転換と手探りが始まる。
 職人が美術を作り出したことと、それを展示するという行為。

 展示する場所が無いよ〜 ということか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。