So-net無料ブログ作成

★『智・感・情』@Kaikai Kiki Gallery ⇒日本科学未来館 [展覧会・アートイベント etc.]

★日大芸術学部CDの講義を終えて、
 twitterを見ていたら村上さんの緊急告知が、、、
  カイカイキキ・ギャラリーへは行ったことがなく、
 間に合いそうなので・・・初訪問。

 IMG_4224s.JPG

  村上隆  黒田清輝へのオマージュ。「智・感・情」  An Homage To Seiki Kuroda “Wisdom, Impression, Sentiment”

 黒田清輝「智・感・情」の重文指定は平成12年(2000年)のこと。
 東博での指定のとき、展示の手伝いをした記憶が。。
「え、明治期の洋画、黒田が指定されるんだ!」と何故か驚いたのを覚えている。
 (最近は明治以降、昭和のものでも重文指定は珍しくはないぞ)

 この黒田のミステリアスな3面の裸体画を村上さんが描くプロセスを公開した展覧会。
 ということで、予想はしたが、ギャラリーは若者であふれていた。

 模写的に描く→アニメ少女風⇒背景アレンジ
 デザインでいえば〈リ・デザイン〉の方法論と例えればよいのか、
 多くの参考図書や資料ファイルと、作画の実験過程がどっさりと!

 そこまではどんな作家にもあることだが、
 この高い完成度は、工房制作のたまものだろう、
 自分だけで手を動かしていては到達できないし、
 すべての工程を理解していないと、完成度が落ちる。

 基底材、下地、箔、描画、仕上げまで、凄いシステムを作り上げているなぁ。
 アクリル加工のキャプションをじっくり読み込んでみた。
 おや、嵯峨篤さんの名前も。
 彼自身の作品も好きで、うちにも小品2点ある。

 さて、この作品をロンドンの画廊で、欧米人に問う!?という試み、
 というより、2ひねりある “挑戦”とみた。

★展示照明はすべてERCOだった。
 二回路トラックにCDM?のスポット+スカラプチャレンズを使用…
 おそらくハロゲンランプも併用していると思う。Quintaか?
 畳の間は、角形ww.ダウンライトだった。トリムレスかな?
 畳は縁なし。20畳くらいだったかな?もっと良く見ればよかった。
 
★受付からクローク、警備まで良く躾がゆきとどいていた。
 決してマニュアルどおり、というわけではない。
 オーナーの人柄か、冷たい対応でなく気持ちよかった。
 帰り際、同級生の松橋君とすれ違った。


★★きょうの講義で〈ヒトの立ち方〉の見方をスライドでレクチャーした。
 ギリシャ彫刻「クリティオスの少年」〜ローマ彫刻〜ルネサンス彫刻
 〜現代美術に見る人体表現と空間との関係性について。

 直立+二足歩行がヒトの人たる特徴だが、
 村上隆氏は、そのことをわかり抜いている。
 だからこそ、黒田の女の立ち姿3態を昇華させ、
 現代の2次元少女表現で象徴性を獲得している。
(柄にもなく読取り言語化を試みてしまった・省)



☆レインボーブリッジを渡る。頭を切替えて日本科学未来館へ。
『メイキング・オブ・東京スカイツリー® -ようこそ、天空の建設現場へ-』内覧会。

 IMG_4225s.JPG

 べつに、という内容か。
 お土産のボールペンと図録をいただいたので、帰って読もう。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。