So-net無料ブログ作成

★レンブラント 光の探求|闇の誘惑 [展覧会・アートイベント etc.]

★昼休みに国立西洋美術館へ
  レンブラント 光の探求|闇の誘惑
 公式HP= http://www.ntv.co.jp/rembrandt/

 Rembrant0044947.JPG

★展覧会は、最初からレンブラントの版画がズラッと並ぶ。
 単眼鏡で見ると、彼のタッチと黒の深みの出し方がわかる。
 僕自身はエッチングの経験は無いが、
 道具/技法と見方は、父から教えてもらった。
 紙や腐食の違いによる、表現の差がわかる展示構成。
 レンブラントが「和紙」の魅力を引き出そうとしている。
 http://www.ntv.co.jp/rembrandt/works/index03.html

 意外なモチーフ《貝殻》が良かったなぁ。

★展示方法
 トーハクの『写楽展』と両方見ると、版画については、
 一方が木版画、一方が銅版画である違いはあるが、
 例えば大英博物館での額・マット・アクリルの仕様を見ると、
 共通の考え方で作られていることがわかる。

 版画の額を壁に固定する方法では、
 写楽よりレンブラントのほうがきれいだ。
 金具をシールで隠すやり方に西美のほうに分がある。
 展示替えの手間を考慮すると、仕方ないのだろうか。

★僕が学生時代からお世話になっている 紙舗 直が、
 展覧会場の途中でインスタレーションをしていた。
 サントリー美術館的な演出、西美では初めてか?
 
 坂本直昭さんとはもう10年以上お会いしていないが、
 紙の持つ力、その命を教えてくれた方だ。
 デッサンや版画でもこの店の紙を使ったけど・・・紙に負けた。。
 あの版画(リトグラフ)、引っ張り出して額装してみよう。

★版画から変わって、油画が並ぶ展示室へ。
 やはり板絵が目を引く。

★ヴンダーカンマーに驚いた。
 なんとレンブラントハイス=レンブラントの家は、
 写真で見ると『驚異の部屋』そのものの内装なのだ!
 これは落とし穴だった。
 アムステルダム、行かないと!
 
 レンブラントを堪能したひととき。
 バタ丼を食べて仕事に戻ろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。