So-net無料ブログ作成

★『科博標本動物園』 @国立科学博物館 [骨・美術解剖学・身体]

★昼休みに国立科学博物館へ
 ウェルカム・パンダ記念 科博標本動物園—上野動物園の歴代スター大集合—
 である。

 IMG_3821s.JPG
 リピーターズパスを利用、
 しかし館内は閑散としていてとても悲しい。
 いちおう原子力関連の展示があるかと思って探したが、無いなぁ・・
 「手塚治虫のアトム/原子力の平和利用展」の展覧会企画、やらないのか。

 IMG_3857s.JPG
 期待感大!の会場グラフィック。
 当然、音声ガイドを借りる(300円)。
 子ども向きだが、大人でもOKの1〜21解説。

 IMG_3829s.JPG
 ゾウ、カバ、キリン・・・うーん、楽しすぎる!
 明治時代の象の骨格標本は、涙もの( T_T)

 IMG_3848s.JPG
 ジャイアントパンダ。
 第7の指・発見についての解説パネルもあり、なかなか学べる内容。
 現在は東大総合研究博物館に移られた、遠藤秀紀さんの発見である。

 IMG_3847s.JPG
 オオアリクイの顎の構造、腰椎の間接癒着など、おもしろい。

 博覧会、教育博物館、動物園、科博、その歴史と研究機関としての関係性について、
 解説パネルによって、しっかりと提示・アピールされている。

 募金箱に心ばかりの小銭を入れて、仕事場にもどる・・・

 IMG_3830s.JPG
 いま人気のカピバラも。なかなかいい頭骨のカタチだ。

 ぼくがいま欲しい骨はカンガルーだなぁ、、無理かな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。