So-net無料ブログ作成

★モナ・リザ25の秘密 / G tokyo 2011 [展覧会・アートイベント etc.]

★日曜日 最終日閉館間際!の日比谷公園へ
特別展『 ダ・ヴィンチ 〜モナ・リザ25の秘密〜』へ
けっこう立派なテント会場が見えてきた。

IMG_9579.jpg

 実はかなり不可思議な展覧会である。
 モナ・リザやレオナルドが日本でよく知られているとはいうものの、
 この時期に、この内容の展覧会を、この場所で行なう必然性は?である。

 しかしこの方法論を見逃す手は無い。
 会場に入ると、「今日に限りカタログは500円!」という。
 1,800円が500円とは投げ売り状態・・・とりあえず買う事にする。

 モナ・リザを科学的手法で解剖し、読み解き、復元する。
 結局解読すればするほど、分らない事が増える事ばかりなり、
 というのがこの絵の特徴であることは予想できる。
 で、その魅力は無限に、後の数百年にわたって深まってゆくだろう。

〈ウィトルウィウス的人体図〉
 自分の身体の黄金比を測定できるコーナーに並んでみることにする。
 ヘソ位置にマーカーを着けて測定。結果、You=1.6319の値が出た。
 黄金比が1:1.6180であるから、“Silver もうひといき!”である。

 帰ってから図録の池上さんと布施さんのテキストを読もう。
 これで500円だから、安い買い物だったなぁ。
 しかし本物無しで、これだけの集客力とはスゴいものだなぁ。

★日比谷公園を出て、六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリーへ。

  G tokyo 2011

 IMG_3228.jpg

 どのアートも立派に見える。空間がすばらしい完成度であることによる。
 まさかピクチャーレールなど使わないし、照明のこだわりもなかなか。
 森美術館が機材提供など手伝っているのかな!?

☆じっくりと食入るように眺めた作家とギャラリーは以下:
  ヴォルフガング・ティルマンス/ワコウ・ワークス・オブ・アート
  加藤泉/アラタニウラノ
  エドガー・マーティンズ/山本現代
  天明屋尚/ミヅマアートギャラリー

 ここで見て初めていいな、と思ったり、(天明屋氏ってちょっと見直した)
 これから注目してみよう、と感じた作家と出会って楽しめた〜

 今日まではgallery daysということで、
 作家やギャラリストや業界関係者・・・をチラホラ見かけた。

 明日から27日までは exhibition weekということらしい。
 日比谷レオナルドと六本木現代美術とを楽しめる東京っていい。

 こんなに恵まれてるのに、行ってないギャラリーが多いな、、
 これではいけない。
 もっと足を使わないとね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。