So-net無料ブログ作成

★ 日本美術解剖学会 in 東京藝術大学 [骨・美術解剖学・身体]

★きょうは 日本美術解剖学会 in 東京藝術大学
 午後からのシンポジウムに登壇予定、である。

 223485029.jpg

 今年は養老孟司会長の講演があるので、前座的なもんだろう・・と思っていたら、
 しっかり時間を頂戴してしまったので、なんとかまとめねば。。(汗)

   ◆ シンポジウムⅠ「筋肉について~科学の立場から」
      坂井建雄 (順天堂大学医学部教授)
      遠藤秀紀 (東京大学教授)
   司会:布施英利 (東京藝術大学准教授)

   ◆ シンポジウムⅡ「筋肉について~芸術の立場から」
      松井冬子 (画家)
      木下史青 (東京国立博物館デザイン室長)
   司会:布施英利(東京藝術大学准教授)

   ◆ 会長講演・養老孟司 (東京大学名誉教授)

★=================================
 テーマは筋肉:
◆順天堂大・坂井先生の、ヴェサリウス以来の解剖図についての講演、
 帰ってから先生の著書『人体観の歴史』(岩波書店)読み返してみよう。

◆東大総合研究博物館・ 遠藤秀紀さんの解剖現場の喜び(^O^)/についての講演。
 アリクイの解剖と咀嚼筋、噛筋の写真&「動きCG」は面白く、、、
 アリクイは顎が上下でなく、なんと“左右”に開いて「噛む」
 そこに機能“美”はあると感じたが、
 大系的な美=アートの文脈化はできるだろうか⁈

◆布施先生のレオナルドの解剖図」:指の筋肉についてのレクチャー。
 浅層筋と深層筋との関係、、など。
 やはりダ・ヴィンチの表現には別格の“美”がある…

◆画家: 松井冬子さんの「仔牛解剖」プレゼン。
 彼女の容姿・その画風と異なり(失礼)、震える声で作画プロセスを語る。
  …ソーセージ作りと内臓の解剖は、見た目変わらないんだが、。
 画家はあらゆる状況/真実を冷徹に見つめる眼を持たねばならない。
 講演後に名刺交換:次の美術館での個展に期待。

★そして自分の番。演題は、、
『“光の秩序”と“お堂の光” ーギリシャ彫刻と仏像を見せる展示』
 なんともこじつけっぽいなあ(苦笑)

 20年以上(自己の半生)の『石膏デッサン=石膏像を描く意味』に関連して、
 藝大美大受験時代から、大学に入っても身についてしまった、
 光や造形原理の捉え方が、いかにいまの展示デザインの仕事に対して、
 その価値観が、良くも悪くも影響を与えてしまっているか・・・

 その功罪!?を前提に、2005年に東博で経験した『踊るサテュロス』と、
 『中宮寺 菩薩半跏像』の展示と照明についての事例紹介をおこなった。
  ※養老先生に僕の拙い話を聞いていただいて、恐縮しつつ無上の喜び f^_^;)

 IMG_3144s.JPG
  藝大浪人時代の石膏デッサン《マルス》

 DSC00680s.JPG
 「ボルゲーゼのアレス(マルス)」前1世紀あるいは1世紀(原作:前420年ごろ) ルーブル美術館蔵

 MARS_Louvre.jpg
 (本末転倒だが)立像としての「マルス」から何を学ぶ!?

◆養老孟司会長の講演は、やはり⁈ラオスのゾウムシのことから。
 ゾウムシの顎は、その頭部から伸びた先端にあり、それを動かす筋肉は頭部に。
 それを長い腱で動かしている。
 昆虫の関節部は、脊椎動物と違って、「ゴツゴツ/ザラザラ」していて、
 そのことで動きがスムーズでなく何段階かの動きになるが、
 寿命が短い彼らの場合は、それでOKなのだろう・・・

 最後に『虫の図鑑・クワガタ編』の話。
 ふつう「シンメトリー」でない日本人的メンタリティと思うのだが、
 昆虫標本づくりにおいては、徹底して虫の6本の脚を、手間ひまかけて、
 きっちりとシンメトリーにすることにこだわる。それは何故か?

★学会総会は、あっというまの3時間で閉幕。
 懇親会は残念ながらの欠席。。
 
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。