So-net無料ブログ作成

★ 書評:『エル・ネグロと僕』 (「週刊 読書人」2010.10.08) [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

「週刊読書人」に書評を書いた。
  『エル・ネグロと僕』(フランク・ヴェスターマン 著 下村 由一 訳 大月書店)
 今日、出版社から刷ったばかりの「読書人」が送られてきた。

 IMG読書人_2230.JPG

 “個人的な意識と、近現代における剥製をめぐる事実とが交錯”

 博物館の勤め人ということよりも、
 どうやら骨(解剖・収集)を趣味とする僕に、
 同じく「黒人の剥製が博物館に展示されていること」に取り憑かれ、
 徹底した調査の経緯をルポルタージュにまとめた著者と重ね合わせて、
 書評を書かせてみようということになった模様。

 67699_エル・ネグロと僕表紙.jpg

 剥製、標本、博物館、博覧会、民族、人種主義、人種差別、奴隷制度、宗教意識・・・
 などのキーワードに興味のある方は、ぜひ書店にて手に取ってみてください。。

 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。