So-net無料ブログ作成

★ 『命の認識』 [骨・美術解剖学・身体]

★ 夕方から 東京大学総合研究博物館/
  『命の認識』/展の最終日。

 IMG_1046s.jpg

  日本美術解剖学会/でご一緒した、遠藤秀紀さん総指揮・監督による展覧会である。


★じつは『キュラトリアル・グラフィティ―学術標本の表現』も楽しみだった。
「大森貝塚、モースコレクション全点」を見る事ができるのである。
 卒業した小学校が、大森貝塚からいちばん近い、山王小学校だった、という理由だけだが。。
 真っ赤な部屋の一角に、ささやかにそれは展示されていた。

 大森貝塚_1063s.jpg
 なんと「長年の経過の中、近年では3分の1ほどが行方不明状態であった。」とある。
「2003年から2006年にかけ、関連標本の収蔵状況を可能な限り網羅的に調査し、
 2009年7月にその成果を標本資料報告集79号として出版した。」ということらしい・・・

★さて『命の認識』 〜苦悩の部屋へようこそ〜 だ。
 021020081883.jpg

 IMG_1053s.jpg

 最終日ということもあるが、なかなか賑わっている。
 カメラを向ける人も多い。

 IMG_6807-1s.jpg
「それでも死体の名前を知りたいあなたへ」(会場の解説資料より)
「それでもこの絵・彫刻・工芸・考古遺物の名前を知りたいあなたへ」と、一度書いてみたいが。
 なにしろ名前を付ける事が“学問研究”なのであるから・・・

 それでもこの行為を、自宅でやってみようっと。
 って思う人は、あまり多くはない、かもしれない。

 “命”を認識することは、“生”と“死”を見つめる事にほかならないからだ。
 なにも“苦悩”しなくとも「ただそこにあること」を受け入れればいいだけ。
  SHISEI☆

  2950283_3422442514.jpg
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。