So-net無料ブログ作成

★遠州忌茶筵 [数寄・茶の湯・遠州流]

★東京美術倶楽部で開催される『第363回遠州忌茶筵』へ。
 今回は初めて着物・袴で出かけた。
 08032009.jpg

☆同じ社中の方々と待ち合わせて、美術倶楽部内を巡る。
 以下、会記よりメモ
 
  花の間:拝服席・大寄せの広間で薄茶、菓子は「花菱饅頭」
   ↓
  昼 食:点心をいただく(吉兆)
   ↓
  展観席:財)小堀遠州顕彰会の名品の数々を鑑賞。遠州公辞世を詠む。
   ↓
  立礼席:社中の方の点法で、薄茶をいただく。菓子は「春の調べ」
   ↓
  雪の間:薄茶、菓子は「遠州草紙」
      茶杓はご宗家十八歳の作。
     「ふっ」と軽く、かい先のつくりが「くくっと」力強い。
   ↓
  済美庵:濃茶、菓子は「なごり雪」。
      作り立てすぐの主菓子はほんとうにやわらかで美味。
      床の掛け物は、◎重文・雲峰妙高の墨蹟・跋語・・・。
      箱書は小堀遠州筆。
      本席の釜は大名物「古天明 砕銭釜」義政・信雄・宗久所持。
      肌と象耳を眺める。

 朝10時半から廻って、袴の裾と足のしびれを気にしながら、夕方まで楽しく過した。
 帰りは東京タワーを眺めて帰る。雨が降らなくてよかった。
 08032001.jpg

 帰ってから雪駄の裏を見ると、踵の金具が2つはずれている///

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。