So-net無料ブログ作成
検索選択

★3.11以後、「福島」と関わってきたことのブログ(まとめ) [★調査研究]

★近年、ほぼプライベートで「福島」と関わってきたブログをまとめてみました。
 最初は2011年の行の茶会、初めて現地入りしたたのは2013年の文化財レスキューでした。

 気仙沼や女川、石巻へも行き、その被害の甚大さの一端も見てきましたが、
 すでに5年を過ぎると、堤防などのインフラ?は復興をほぼ終わっており…
 やはり原子力発電所のある福島は、直接関わり(東京電力)のあるところだけに特別です。

 語り始めれば言葉足らずに気づくばかりですが、これからすべきことが多いです。
 しかし何ができるのか、アートとはデザインとは何かが問われます。

 = = = = = = = = = = = = = = = = =

★170219 今も立ち入りが制限されている警戒区域である、双葉町を歩く。
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2017-02-19

★170218 現地視察ツアー2日目・南相馬市博物館と朝日座。
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2017-02-18

★170217 現地視察ツアー「福島・文化・文化財~被災地のミュージアムと文化財のこれから~」へ参加
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2017-02-17

★161112「政治家の家」を建て替え作業中の開発 好明さんを訪ねる
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-11-12

★161009 オニババドクロ茶会 @福島二本松 男女共生センター / 福島ビエンナーレ 
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-10-09
 三人娘_9005137265464294088_n.jpg

★160719 福島大学(映像メディア論)ゲスト講師_相馬野馬追_南相馬市博物館
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-07-19

★160718_うみの日 福島浜通り 国道6号ドライブ(`_´)ゞ 
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-07-18

★160327 リアス・アーク美術館へ。
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-03-27

★今年お手伝いした福島・喜多方 石蔵のアートプロジェクト。
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-12-10

★141013 喜多方② / 福島ビエンナーレへ
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-10-14-1

★141013 喜多方① 石蔵/再会サン・シスター
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-10-13

★喜多方 石蔵の展示・照明のデザイン/「サン・シスター」 準備中
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-08-23

★140603_講演 福島大学にて
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-06-03

★140602 はじまりの美術館 → 諸橋近代美術館へ
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-06-02

★フローラ(福島・文化財レスキュー)
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2013-10-31

★2011年/アートで「つながる」ことについて
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2011-10-17

★『行の茶会』で初めて亭主を務めさせていただいた。
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2011-10-08

★石川直樹さんとのトークショー『谷中放談vol.3』「For Everest」
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2011-10-02

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170504 マルセル・ブロイヤーと長次郎 [展覧会・アートイベント etc.]

★4ヶ国語対応している目録配布^_^
 “B3”の組み立てビデオ映像が素晴らしく、
 その構造デザインのキモを知るには非常にわかりやすい。
 マルセル・ブロイヤー3リーフレット773_n.jpeg

★樂家一子相伝の原点。
 楽61754233_n.jpeg

★長次郎茶碗の宇宙体験(`_´)ゞ
 写真コーナー9_23141541_n.jpeg

★茶碗を扱う前に“死”リングを外す。
丁寧に手取って「万代屋黒 アルミ合金複製 メッキ仕上」拝見する^ ^
 楽持つ_316649_n.jpeg

 メッキ樂_27192_n.jpeg

★東博特別展「茶の湯」図録、樂吉左衞門『長次郎茶碗・楽焼の不思議』を読んでいる。
 IMG_0982.jpg

 長次郎なる人物がそもそも実在したのかどうか、
 ということにまで踏み込んだエッセイ、面白い!

 やはり作り手の視点・目線の説得力には、僕の琴線に響く何かがあるのか…

 遠州流では楽茶碗を使わないのが常なのだが、長次郎だけは別格に魅力的に写る。
 漫画「ひょうげもの」の長次郎、読み直すか(`_´)ゞ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170504 村田 真『プチ戦争画』シリーズへ [展覧会・アートイベント etc.]

★村田 真『プチ戦争画』シリーズへ
 プチ戦争画201704.jpeg

 ギャラリーで作家の村田さんにご挨拶、初対面と思ったが、
 戦争画つながりで以前名刺交換していた。
 作家活動されていたとは知らずに…
 作品の事をお尋ねするつもりが、
 僕の話ばかりしてしまった気がして反省_| ̄|○

★170506『いかに戦争は描かれたか』を読む。西麻布SNOWにて購入。
 戦争画_8095178647093982578_n.jpeg

 ご著書にサインを頂き、これから読む。
 4月30日刊行されたばかりの、出来立てホヤホヤ記念碑的に、
 戦争(先の大戦)について読む事になったH29GW(`_´)ゞ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★『なごみ』2017年5月号 見本誌とどく。 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★なごみ5月号 見本誌とどく。
 今年4回分の乞ご期待コラム 〈わ〉書かせていただいています。

 なごみ5月号570_n.jpg

 今号はあのギンザの新装開店複合施設(`_´)ゞ

 それにしてもこの表紙レイアウトすごい。

★僭越ながら
 ・sense of わ(木下史青)

  面白い記事多し!
 ・和様化する建築「水に映る建築」(五十嵐太郎)
 ・ティーとトゥギャザー「頭がホワイトになったら」(ルー大柴)


 主な読者は裏千家の茶人門人の雑誌だが、僕は遠州流茶道を稽古するもの。
 茶の道はヘビー、と博物館の先輩には教わったものである。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170401 灰原 千晶「もうそうかもしれない」@ギャラリーなつか [展覧会・アートイベント etc.]

★170401 灰原 千晶さんの初個展の最終日かけこみ。
「もうそうかもしれない」@ギャラリーなつか

 17626182_1622175877810825_6942383316370254923_n.jpeg

 祖父にヒアリングするプロセスを経て制作した
「サクラ、サクラ、サクラ」に釘付けになっていると、
 本人がいたので話を聞いた。

 灰原千晶1143523308659755904_n.jpeg
 次の展示室では、いまの表現を静かに読み取らせてもらう…

 学生時代のレポート(博物館展示論)も印象的だったが、作品もイイぞ(`_´)ゞ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170310 今日は遠州忌茶筵♪ [数寄・茶の湯・遠州流]

★今日は遠州忌茶筵♪
 3.11のあの年、は中止になり、
 それ以降の美術倶楽部での茶会は、
 被災地への祈りの気持ちが少なからず漂う雰囲気を感じる。

 17201426_1601161313245615_412404734609496740_n.jpeg

昨夜は何だかだで3時間睡眠。
茶人の朝は早い⁈つもりで、着物・袴・マント姿でタクシーで行ったら、
20分早く美術倶楽部に着いた。コンビニで時間潰し。

午前中はお運び手伝い。
広間での薄茶は40名様強×5回で200名様として、午後と合わせると総参加者は400名弱くらいかな。
午後から席周り:薄茶・点心・濃茶・薄茶・立礼…膝はガクガクです。足腰膝は限界^ ^

吉兆さんの点心は、いつも最高の味で、ちょうど菓子とお茶が欲しくなる。
コンパクトに茶事会席の気分^ ^

10年でほぼ毎年出席して、色々な役をこなす事で、大きな茶会での人の流れが見えてくる。
顔見知りや友人知人も増えて、今年も楽しかった〜♪(´ε` )

◆展観では、宗中公没後百五十年に因んだ展示。
 自詠の短冊に何故だかジーンときた
  文政十一年小堀家再興の日
  風さゆる冬ともいはでけふはわが
  かしらにつもる雪とけにけり



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170110 Organic LED YAMAGATA 連動セミナー 新しいあかりのかたち ~Organic LEDの可能性~ [★調査研究]

★川上元美先生の横で緊張のトーク、
 満員御礼で無事終了しました。

 IMG_0090.JPG

「可能性」という段階から、
 すでに実用化されつつある有機EL、
 使用事例についても報告しました。♪(´ε` )

 =============================

Organic LED YAMAGATA 連動セミナー
 新しいあかりのかたち ~Organic LEDの可能性~

 Organic LED(有機EL)は、薄くて軽く、設置場所を選ばない、低発熱で人やモノにも安心、水銀等の有害物質を含まず、紫外線を出さない、などの特性があります。
 環境や人にやさしく、演色性が高い“次世代のあかり”として注目を集める技術です。
 一方で、大型化やコスト面等、抱える課題もあります。

 本セミナーでは、このOrganic LED(有機EL)を使ったプロダクトデザインや、空間デザインを手掛ける講師を迎え、それぞれのデザインからOrganic LEDの活用法、製作の過程や手法について、ファシリテーターが聞き出します。

 又、メーカーの技術者も交えて、デザイン・技術の両面から、Organic LEDの可能性とこれからに切り込みます。 理想の用途からビジネスボリュームのありか、機能拡張や汎用性を伴うまでのプロセスをどのように切り開けるか。
 新しいあかりのかたちを紐解きます。

プログラム

 尾越 国三(パイオニア株式会社)
 「Organic LED照明技術、開発現場の今と、今後の展望」

 川上 元美(プロダクトデザイナー)
 「TAKE-TOMBOに見出す有機EL照明の可能性と課題」

 木下 史青(展示・照明・環境デザイナー)
 「有機ELを活用した照明・展示について ~縄文の女神より~」

 OZONE 236266575115353510_n.jpeg

    休 憩

登壇者によるディスカッション
 ファシリテーター:桐山 登士樹

※「Organic LED YAMAGATA」詳細はこちら
http://www.ozone.co.jp/space/yamagata/ ー

 OZONE 164213202015945385_n.jpeg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170304 故 和田 章江さんの展覧会最終日、北参道の秋山画廊へ行く。 [展覧会・アートイベント etc.]

★故和田 章江さんの展覧会最終日、北参道の秋山画廊へ行く。
(※後から、彼女は河合塾基礎科での教え子だったことを知る)

 和田彰江_28080456_n.jpeg

 会場に和田 みつひとさんがいらしたので、展覧会について幾つか聞いてみた。
 ・撮影の状況、所在地、設定など。
 ・2000年以後のベルリンのアートシーンなど。
 ・今後の展開可能性について、など。
 ・日本の古代の鏡、銅鏡についてなど雑談。

 会場の照明が、全てLED電球になっているせいで、写真の中の肌色や赤系の色がくすんで見える。
 ホワイトキューブだが、照明により伝わるものの質が変わるのではないか、と思わせた。

和田章江(わだ ふみえ)「鏡」:“ to see myself in the mirror ”

 2017年2月10日(金)~3月4日(土)
 日曜・祝日休み 12:00~19:00  最終日:17:00迄
 秋山画廊/AKIYAMA GALLERY
 http://akiyama-g.com/?p=11326 ー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170301 山形県産業技術振興機構での有機EL点法 [数寄・茶の湯・遠州流]

★山形県産業技術振興機構での有機EL点法は、
 三時のお茶タイムに、行き当たりばったりで、
 一工夫の簡単「一座建立」お試し。

 山形776892757035469891_n.jpeg

 いろいろと課題も多かったが、菓子とお茶は喜んでいただけた模様^_^

※備忘会記
 茶 :遠州流茶道 逢真庵 浅井先生好「時かさね」
 茶碗:自作 黒(清水焼・禎山窯 川尻 潤 先生指導)
 茶杓:自作
 茶入:タッパウェア
 菓子:「五智果」蓮根・金柑・ジャンボレモン(桃林堂)
 花入:白磁(茂田真史 作)
 花 :椿(山形県産業技術振興機構提供)
 盆 : (     〃     )
 ポット:(     〃     )
 寄付:麻の葉キューブ(有機EL切子細工の置物)
 茶室:休憩室(山形県産業技術振興機構提供)
 風炉先:有機ELあかり仕込(ルミオテック製)

 風炉先3424664509676302423_n.jpeg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂