So-net無料ブログ作成
検索選択
★調査研究 ブログトップ
前の7件 | -

★3.11以後、「福島」と関わってきたことのブログ(まとめ) [★調査研究]

★近年、ほぼプライベートで「福島」と関わってきたブログをまとめてみました。
 最初は2011年の行の茶会、初めて現地入りしたたのは2013年の文化財レスキューでした。

 気仙沼や女川、石巻へも行き、その被害の甚大さの一端も見てきましたが、
 すでに5年を過ぎると、堤防などのインフラ?は復興をほぼ終わっており…
 やはり原子力発電所のある福島は、直接関わり(東京電力)のあるところだけに特別です。

 語り始めれば言葉足らずに気づくばかりですが、これからすべきことが多いです。
 しかし何ができるのか、アートとはデザインとは何かが問われます。

 = = = = = = = = = = = = = = = = =

★170219 今も立ち入りが制限されている警戒区域である、双葉町を歩く。
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2017-02-19

★170218 現地視察ツアー2日目・南相馬市博物館と朝日座。
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2017-02-18

★170217 現地視察ツアー「福島・文化・文化財~被災地のミュージアムと文化財のこれから~」へ参加
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2017-02-17

★161112「政治家の家」を建て替え作業中の開発 好明さんを訪ねる
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-11-12

★161009 オニババドクロ茶会 @福島二本松 男女共生センター / 福島ビエンナーレ 
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-10-09
 三人娘_9005137265464294088_n.jpg

★160719 福島大学(映像メディア論)ゲスト講師_相馬野馬追_南相馬市博物館
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-07-19

★160718_うみの日 福島浜通り 国道6号ドライブ(`_´)ゞ 
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-07-18

★160327 リアス・アーク美術館へ。
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-03-27

★今年お手伝いした福島・喜多方 石蔵のアートプロジェクト。
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-12-10

★141013 喜多方② / 福島ビエンナーレへ
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-10-14-1

★141013 喜多方① 石蔵/再会サン・シスター
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-10-13

★喜多方 石蔵の展示・照明のデザイン/「サン・シスター」 準備中
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-08-23

★140603_講演 福島大学にて
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-06-03

★140602 はじまりの美術館 → 諸橋近代美術館へ
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-06-02

★フローラ(福島・文化財レスキュー)
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2013-10-31

★2011年/アートで「つながる」ことについて
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2011-10-17

★『行の茶会』で初めて亭主を務めさせていただいた。
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2011-10-08

★石川直樹さんとのトークショー『谷中放談vol.3』「For Everest」
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2011-10-02

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170110 Organic LED YAMAGATA 連動セミナー 新しいあかりのかたち ~Organic LEDの可能性~ [★調査研究]

★川上元美先生の横で緊張のトーク、
 満員御礼で無事終了しました。

 IMG_0090.JPG

「可能性」という段階から、
 すでに実用化されつつある有機EL、
 使用事例についても報告しました。♪(´ε` )

 =============================

Organic LED YAMAGATA 連動セミナー
 新しいあかりのかたち ~Organic LEDの可能性~

 Organic LED(有機EL)は、薄くて軽く、設置場所を選ばない、低発熱で人やモノにも安心、水銀等の有害物質を含まず、紫外線を出さない、などの特性があります。
 環境や人にやさしく、演色性が高い“次世代のあかり”として注目を集める技術です。
 一方で、大型化やコスト面等、抱える課題もあります。

 本セミナーでは、このOrganic LED(有機EL)を使ったプロダクトデザインや、空間デザインを手掛ける講師を迎え、それぞれのデザインからOrganic LEDの活用法、製作の過程や手法について、ファシリテーターが聞き出します。

 又、メーカーの技術者も交えて、デザイン・技術の両面から、Organic LEDの可能性とこれからに切り込みます。 理想の用途からビジネスボリュームのありか、機能拡張や汎用性を伴うまでのプロセスをどのように切り開けるか。
 新しいあかりのかたちを紐解きます。

プログラム

 尾越 国三(パイオニア株式会社)
 「Organic LED照明技術、開発現場の今と、今後の展望」

 川上 元美(プロダクトデザイナー)
 「TAKE-TOMBOに見出す有機EL照明の可能性と課題」

 木下 史青(展示・照明・環境デザイナー)
 「有機ELを活用した照明・展示について ~縄文の女神より~」

 OZONE 236266575115353510_n.jpeg

    休 憩

登壇者によるディスカッション
 ファシリテーター:桐山 登士樹

※「Organic LED YAMAGATA」詳細はこちら
http://www.ozone.co.jp/space/yamagata/ ー

 OZONE 164213202015945385_n.jpeg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170219 今も立ち入りが制限されている警戒区域である、双葉町を歩く。 [★調査研究]

★今も立ち入りが制限されている警戒区域である、双葉町を歩く。
〈現地視察ツアー「福島・文化・文化財~被災地のミュージアムと文化財のこれから~〉
3日目の今日は、双葉町歴史民俗資料館を見た後に地震・震災後の町内を見て歩いた。
バスはゆっくりと併走。

 ツアー_04 3747940452691180394_n.jpeg
 昼食後に約3時間で、被曝した数値は1microsievert以下程度。
(単位は合ってるかな?)ー 場所: 双葉町

 2013年10月のレスキューの時はこんなにのどかな感じで歩いている場合ではなかったが、
タイベックス(防護服)+靴カバー+マスクは、二十数名の参加者ほぼ全員が装着している、
僕にとっては懐かしいアイテムだ。
分厚いダウンジャケットの上にこれを着るのは無理なので、
ダウンは脱いでヒートテック+ウールのパーカー上にタイベックスを着る。
今日は晴れていて、日中はこれで充分に温かく、暖房の無い建物内の方が冷える。

 案内をしていただいた地元の教育委員会(震災時は資料館学芸員)の方や
福島県博の方々は着ていない。
なので、タイベックスを着ることで、なんとなく異常時の体験ツアーのための小道具に見えなくもない。

 ツアー_02 7062550210067099468_n.jpeg

 今後、浜通り・福島第一原子力発電所の北側に「復興記念公園」などが整備されたら、
「観光」としてのツアーも企画されるだろう。
今回のツアーの最後に訪れた「中間貯蔵施設・予定地」(平成32 / 2020年完成予定で計画中)
を見学して、そう思った。

 案内してくれた町の方によると、これから地権者との土地買収交渉になる。
双葉町と福島県、そして気仙沼・石巻の方に予定されるであろう慰霊施設を担当する・国、
これらの実務的調整はUR都市機構も当たるという。
 いうまでもなく、小高い山の中には掘れば古墳など考古学的資料の宝庫であり、埋蔵文化財調査など行えば、それはそれで時間と費用はかかる。

 ツアー_03 2634758778945153537_n.jpeg
 「自分以外はみな先生」とある。浄土真宗のお寺の門前にて

 事業全体では膨大な予算が費やされることは容易に想像できる。国全体での収支を想像すると、日本は稼ぎ続けなければならない、とともに優れた技術開発研究が早急な義務であろう、ということを認識した。

 ツアー_05 2885632932210621587_n.jpeg
 今回の3日間のツアーのファシリテーターである、  藤井 光さんが、三脚を担いて先回りしつつ、  参加者一向を2機の白ズームレンズ付きカメラとガンマイクで狙っている。  スナイパーのような黒装束な趣き。。

 この「はま・なか・あいづ・・・」の事業?は、この3月いっぱいで5カ年の事業年度を終了するという。
この視察ツアーを企画(参加費無料!でした)し、お声がけいただいた、福島県立博物館の 川延 安直さん、小林 めぐみさんほかスタッフの皆様に、この場を借りて感謝申し上げます。(`_´)ゞ

 ツアー_01 4864_n.jpeg
 電柱の看板は「東北電力」であって「東京電力」ではない。
 この地は東北なのであり、東京はこの地を汚してしまったといえる。

 06_891523_n.jpeg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170218 現地視察ツアー2日目・南相馬市博物館と朝日座。(執筆途中) [★調査研究]

★現地視察ツアー2日目「福島・文化・文化財~被災地のミュージアムと文化財のこれから~」
 170218(土) 南相馬市博物館~南相馬市立福浦小学校~朝日座

 2月18日(土)朝9時30分、福島県立博物館(会津)集合。
 2日目から参加の方は福島駅(福島市)で合流。
 170218_14→相馬_66_n.jpeg

 170218_15→相馬_66_n.jpeg

 170218_朝日座_藤井監督_515_n.jpeg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170217 現地視察ツアー「福島・文化・文化財~被災地のミュージアムと文化財のこれから~」へ参加 [★調査研究]

★170217 有給取得の金曜日、早起きして郡山経由でバスで会津若松、ようやく午後になって福島県立博物館へ到着。現地視察ツアー「福島・文化・文化財~被災地のミュージアムと文化財のこれから~」への参加が目的。
 http://urx.red/BTu0
 http://hamanakaaizu.jp/wp-content/uploads/ac2e461f157d54779940d218c0e8c2ee.pdf

 会場/視察コース
  1日目 福島県立博物館
  2日目 南相馬市博物館~南相馬市立福浦小学校~朝日座
  3日目 アートスペース盛高屋~双葉町歴史民俗資料館〜
      ~ヘルスケアーふたば~復興記念公園・アーカイブ拠点施設予定地

★東博に入って初めての仕事が、この博物館での「巡回展」(1999年)展示調整でした。
 仕事は展示前に前泊して、ケース位置確認と照明調整だったかな。。
 170217_03福島県立博物館_80_n.jpeg

★最初にファシリテーターの藤井 光さんから、3日間の概要説明。
 映画監督としての藤井さん制作の『ASAHIZA 人間は、どこへ行く』を観る。
 http://www.asahiza.jp/ 映画についてはASAHIZA訪問の2日目。

★映画鑑賞後、展示を見る。
 森 幸彦学芸員(考古)の解説で、
『ふくしま震災遺産保全プロジェクト収蔵資料見学、同プロジェクト成果展』見学。
 170217_04福島県立博物館_780_n.jpeg

 170217_05福島県立博物館_780_n.jpeg

 170217_06福島県立博物館_展示解説80_n.jpeg

 170217_02防護服_980_n.jpeg
 170217_01フレコンパック_980_n.jpeg

 170217_08福島県立博物館_展示89_n.jpeg
 昨年、二本松での福島ビエンネーレでお会いした、
 岡部昌生さんのフロッタージュを見る。
 https://www.facebook.com/OKABEMASAOArt

 170217_09福島県立博物館_展示9_n.jpeg

 170217_07福島県立博物館_展示80_n.jpeg

 170217_10福島県立博物館_展示66_n.jpeg

 170217_11福島県立博物館_展示66_n.jpeg

 そして「福島の震災をいかに伝えるか」参加者でディスカッション(司会:藤井光)
 ほぼ「文化財ってなに、震災・津波によるこれら遺産は文化財なのか・・」が主題に。

 IMG_0952.JPG
 そして懇親会では参加者の親睦を深めつつ、東北からの参加者は少なく、
 関東地方、それもアーティストやデザイナーが多いことが明らかに。。。
 
 memo
 1日目
 13:30~13:45
  福島県立博物館講堂集合・事業説明
 13:45~15:00
  映画「ASAHIZA」上映(解説:藤井光)
 15:00~16:00
  ふくしま震災遺産保全プロジェクト収蔵資料見学、
  福島県立博物館・同プロジェクト成果展見学
 16:00~17:00
  ディスカッション「福島の震災をいかに伝えるか」(司会:藤井光)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160817 内澤旬子『漂うままに島に着き』 [★調査研究]

★内澤旬子さんの
「女ひとり、生きるということ」『漂うままに島に着き』
 http://bookandbeer.com/event/20160817_tadayoumamani/
 漂うままに島に着き-208x300.jpg
 出版記念トークイベント@下北沢に参加。
 小豆島に移住した彼女の近況が聞くことができて、とても楽しいひと時でした。

 B&B_8201086612393792364_n.jpg
 下北沢の書店 B&B

ほぼ女性客の中僕のような⁈男客もチラホラ、
僕は会場の隅で目立たないようにしてたつもりが…
休憩タイムに声をかけていただいて二言三言、
今度は島に行く約束して、トーク後半へと。

予め配られた紙に、参加者は内澤さんに聞きたいことをなんでも書き込む、
人生相談のような質問にも、丁寧にサクサクと返すコメントは流石です。

いま離婚して色々やってるが、何も楽しくない →島の生活が忙しく楽しすぎて、
周りから毎日のようにディスられて →人間やなことは「忘れる技術」が大事、
どんな相手が結婚相手として避けるべきか →結婚相手は差別的な発言する人はNG、
そのほか、今後移住したいところは、将来の夢は、などなど。。。

メエメエ皿6672_n.jpg

僕は休憩タイムに、内澤さんオリジナル美形ヤギイラスト皿と、
小豆島岡田農園・糖度高めシャインマスカットをゲット。

シャインマスカット_8629931347535564829_n.jpg
お持ち帰りなり(`_´)ゞ

 実はいちばん聴きたかったのは
「豚」の時とはどう違うか、なぜ「山羊」なのか、
 そしておしまい、締めくくりはどうなるのか・・・(現在進行形だけどね)

 飼い喰い_1810102958_n.jpg
 旧著『飼い喰い 三匹の子豚とわたし』『捨てる女』
 
 『漂うままに島に着き』は、
 連載を読んでいなかったから、それは本を読むしかない。
 この夏後半のお楽しみだ。

 今日の本屋、僕が座った横の棚が「資本論」関係が並ぶのが記憶に刷り込まれた。
 それにしても絶妙な棚作りの書店だったなぁ。さすが下北沢。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★畑中章宏先生「今和次郎と考現学」のスペシャル講義。 [★調査研究]

★畑中章宏先生のスペシャル講義。
 畑中章宏_65_n.jpg

今日は振替休日で朝から藝大・ゼミ室へ行くと学部1年生で一杯。
どうやら1年の「調べる」課題間連レクチャーなんだな。

・主題は「今和次郎と考現学」。
先日の鞍田崇さん「柳宗悦・民藝のインティマシー」や、
中沢新一さん「アースダイバーとしての芸術家」といい、
お膳立てされている、と勘違いするほど僕の研究テーマと直接的に深く関わっている。
要は時代の風が、いまなすべきテーマへと吹いている、と見ることもできるだろう。

・講義後、畑中さんの著書「柳田国男と今和次郎 災害に向き合う民俗学」を購入、
民俗学・考現学を遠目で避けてきた自分だが・・復習します。
帝室博物舘とバラック、という震災後の上野の風景、銀座と本所深川との対照、
などもう少し探ってみよう。

・『今和次郎 採集講義』(パナソニック汐留ミュージアム / 2011年)はいま絶版らしく、
講義後に僕が図録を持っていると「それ面白かったか?」と学生に聞かれたので
「面白くなかった」と答えたら引かれた。。当時はまあそんな感想。

図録中「第二章 関東大震災ー都市の崩壊と再生、そして考現学の誕生」は必読。。で読み返す。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の7件 | - ★調査研究 ブログトップ

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂