So-net無料ブログ作成
検索選択
出版/寄稿/レクチャー/取材 etc. ブログトップ
前の7件 | -

★170220「保存と活用のための展示環境」に関する研究会 次世代の美術館・博物館照明の技術指針 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★研究会シンポジウムは170名参加の満員御礼!
 別会場にてビデオ視聴参加も多かった様子。(見ていない・・)
 全国の美術館・博物館の、次世代照明への関心の高さがうかがえる研究会でした。

 1702204233128629064714277_n.jpeg

 この委員会で2年にわたって議論してきた成果となって、少々ホッとした、、
 とは言ってられず、報告書をまとめないと。。(`_´)ゞ

 ここに告知されてた。福島へ行ってて気づかず!
 http://bhjapan.com/event/2017/170220kenkyukai.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★170109『日経WOMAN 2017年2月号』 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★『日経WOMAN 2017年2月号』を買いに駅前の本屋へ行く。
 日経WOMAN_56490_n.jpeg

“人生で大切なことを学べる” –名著いっき読み!– の特集頁、
 takさんこと中村 剛士さんよるArtの項には、
 拙著『博物館へ行こう』(岩波ジュニア新書)をリコメンド本の一冊に加えていただいてます。

 日経WOMAN_97609_n.jpeg

 赤瀬川原平さん×山下裕二先生の本の並びで、新年早々喜ばしいこと(`_´)ゞ

※岩波書店URL⇒ https://www.iwanami.co.jp/book/b223625.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★161221 第733回 仏教文化講座 @新宿明治安田生命ホール [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★161221 第733回 仏教文化講座 @新宿明治安田生命ホール
 2016年の講演はこれにてラスト。

 明治安田生命ホール19258522_n.jpeg

 仏教文化講座725739621643950965_n.jpeg
 お話したのは、
・東京藝大学生時代からのアートめぐり、都市とミュージアム
・平成24年度 中学国語教科書(光村図書出版)随筆
・プライス・コレクション「若冲と江戸絵画」(2006年)
・国宝土偶 挂甲の武人(2015年)
・平等院 鳳翔館リニューアル(2014〜2016年)
・博物館に初もうで(2003年〜)、博物館でお花見を(2008年〜)
 …などなど(`_´)ゞ

 仏教_トーハク41121823_n.jpeg

 * * * *

◆仏教文化講座 第733回
 開催日:12月21日(水)
 会 場:新宿明治安田生命ホール(新宿駅西口)
 午後1時開場 入場無料 申込不要

・第1講座(午後2時)
『光で見せる展示デザイン』
 東京国立博物館 デザイン室長
 木下 史青氏

・第2講座(午後3時)
『百歳いけらんは、うらむへき日月なり ~百歳生きる意義~』
 東北福祉大学学長・駒澤大学元総長
 大谷 哲夫師

  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 浅草の「浅草寺」が主催する「仏教文化講座」について

① 一般の方々に無料で教養講座への参加機会を
 提供することを開催趣旨としております。

② 昭和30年から毎月1回欠かさず開催しており、
 大変多くの方に講師としてご協力いただいております。
(平成28年12月開催で733回目となります)

※ 旧安田生命元社長の竹村が当時浅草寺の
 信徒総代であったご縁で、
 講演会運営の手伝いをさせていただいております。

※ 講演会は2部構成で、
 第1部は政治・経済・文化・芸術・科学・スポーツなど
 多くの分野の方々による『文化講座』です。
 第2部は仏教(浅草寺)にゆかりの深い方々に
 ご講演いただく『仏教講座』となっています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★161116_今売れてる本『最後の秘境 東京藝大』について「週刊 読書人」スピンオフ・紙上座談会へ! [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★今売れてる本『最後の秘境 東京藝大』について、
「週刊 読書人」スピンオフ・紙上座談会企画!のため、大塚駅近くのとあるビルの1室へ。
 http://www.shinchosha.co.jp/book/350291/ (新潮社) ※8刷10万部突破とのこと
 東京藝大_5783992610558767009_n.jpg
 著者 二宮敦人さん(好青年)と、藝大水泳部の偉大な永山 裕子先輩と、三つ巴でのトーク(バトル、ではない)。
 永山画伯の水彩画教室の素敵なアトリエに一歩足を踏み入れると、そこはアウェイな予感が吹き飛んで、一気にホーム気分で落ち着いて筆とパレットを持ちたくなり…。(調子に乗りすぎ)

 用意していただいたケーキとコーヒーでリラックスした雰囲気の中、ただの上から目線的昔話にならないよう注意したつもりだが、なんたって永山師匠の〈秘境トーク〉が面白すぎ〜

 座談会のクライマックスは、担当編集者が用意した、幾つかの問いへの答えを求められて、、、、、
 さて書店店頭に「読書人」が並ぶのは数週間後とのこと。お楽しみに(`_´)ゞ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★Panasonic、SUPER BOX 2016 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★Panasonic、SUPER BOX 2016 見てきた(`_´)ゞ

 Panasonic_1942_n.jpg

 Panasonic_3325881_n.jpg

 Panasonic_9009194140875226016_n.jpg

 Panasonic_73893136_n.jpg

 使用したスポットライトは他社聖(近紫外励起LED仕様)だけど、
 それを現場で使いこなしたのはパナソニック。
 いい仕事になりました。
  ※添付の画像は会場配布のパンフレットより
 (スマホのスキャンアプリなのでやや歪んでます)

 関連URL
◆平等院ミュージアム鳳翔館の照明改修の仕事が紹介されています。
 http://www2.panasonic.biz/es/solution/theme/ledtech/byodoin/interview/index.html
 平等院 02448_1272439620608296149_n.jpg

◆★「寺社NOW」というサイトに紹介されています。
 http://jisya-now.com/?p=6717
 平等院 4285842129121386533_n.jpg
 従来は困難だった照明を可能にしたLED技術
タグ:寺社NOW
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160803 東京藝術大学 先端芸術科 小沢剛教授の集中講義「展示実践演習」照明 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★160803 東京藝術大学 先端芸術科(取手)
 小沢剛教授の集中講義「展示実践演習」へお声がけいただいて、
 ライティング講義&実践演習へ(小沢さんは藝大水泳部の同期)

 取手_6350.jpg
 1997年頃、デザイン科助手時代にしばらく通った校舎。

 課題は、3日間で4〜5名のグループによる「白い壁を作ること」
 そこに自分の作品をかけ、4日目に「適切に照明すること」

 照明機材は、木下が中古器具など調達したものの他、
 有望な未来のアーティスト教育のため、
 照明メーカーからの協力でお借りすることができた。
 (将来のアーティスト、いつかちゃんとお返ししてね)

 展示実践演習_6352.jpg
 昨年は10名ほどだったが、今年は人気講座になり抽選だったらしい。

 2Z7A4270.jpg
 学生の熱い制作物が壁にかかり、適切な照明が当たった状態で講評会。
 小沢先生の厳しく暖かい指導と、僕のライティングデザイナーとしてのコメント。

 2Z7A4344.jpg
 表彰式も無事終了。僕は”照明がんばった賞”を授与^_^

 展示実践演習_06406960_n.jpg

 作品・照明装置を撤去して、
 学生たちが3日間で作った、汗と涙の白い壁が残った(`_´)ゞ

 展示実践演習148835836_n.jpg

 展示実践演習8250_n.jpg
 水銀灯のせいか、白い壁が緑に染まる。
 さあこれから取手駅前で打ち上げ!

前日のメモより====================
★明日は1年ぶり取手へ。
 小沢 剛教授の担当課題『展示実践演習』のお手伝い。
 昨年につづいて2回目。

「照明する」とはどういうことで、なにか可能なのか。
 光で関係性をつくることについて、
 学生と一緒に体を動かして考える夏の一日になりそうです。ヽ(´o`;


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160719 福島大学(映像メディア論)ゲスト講師_相馬野馬追_南相馬市博物館 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★今日はお招きいただいて福島大学のゲスト講師(映像メディア論)。
 映像メディア論1699_n.jpg

 ゲスト講師11593529072_n.jpg
 ゲスト講師の豪華な面々、の中に僕も。

★昨日撮った〈いわき〜南相馬〜福島〉画像整理したけど、
 昨晩は、この画像から講義用パワポを作るのはきついな〜、
 と、スライドショーで済ます。
 だけど集中講義は一期一会の機会、手は抜けない。。

博物舘の展示から、古いものを見て、生き生きとした
 情報を取り出して楽しむ方法」について話す。(後付け)

★昨日寄った南相馬市博物館では「野馬追屏風の世界」を開催中。
 https://www.city.minamisoma.lg.jp/index.cfm/24,30946,137,html

 南相馬市博物館14318446_n.jpg

 馬追い屏風9298491403472_n.jpg

★南相馬の野馬追は7月24日だが、
 準備中の会場を覗くと、まるでF1開催前夜のような景色でした。
 博物館でその興奮を知ると、観たい気持ちがフツフツと。。

 馬追い競馬場36996_n.jpg
 F1ならここがメインスタンド。
 
 ピットイン馬87319254_n.jpg
 F1ならここがピットインの場所。名馬は誇るべきF1マシンだ。

※memo 2013,2014に続いて3回目。
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2014-06-03
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2013-07-03




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の7件 | - 出版/寄稿/レクチャー/取材 etc. ブログトップ

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂