So-net無料ブログ作成
展覧会・アートイベント etc. ブログトップ
前の7件 | 次の7件

★170220 藝大大丈夫か⁈…この噛み合わない感じ…それはそれで楽しく聴講した2時間。 [展覧会・アートイベント etc.]

★藝大大丈夫か⁈…この噛み合わない感じ…
 …それはそれで楽しく聴講した2時間@東京都美術館。

 上野「文化の杜」市民大学(http://ueno-bunka.jp)によるトークセッションシリーズ2回目。 「アートで人と地域をつなぐ、アートプロジェクトと美術館のこれまでとこれからー  東京都美術館×上野の森美術館×東京藝術大学×地域連携団体」

 20年前に繰り返されたミーティングが昨日のことのように甦った。。
 自分もまだ“眠れる森の美術”から出ていない。

★上野の森美術館の坂元 暁美さんが、アートリンク上野-谷中の組織と変遷を語る。
 昔話にならないよう、20年間!の僕たちのアートで地域を結んできた歩みをレビュー。。
 アートリンク01_763_n.jpeg

★1997年当時、友人の窪田 研二に誘われて、彼が企画した『アートリンク』なるもののグラフィック(マップと展覧会チラシ)をデザインした。
 ミュンスターでのハンドブック/マップを参考に、
 初めて買ったPowerBook1400で、Illustratorなど不器用に使って作った。
 アートリンク02_510642958_n.jpeg

 窪田に教えてもらった「メール」も、あの時以来のアドレスを今でも使用している。
 幾晩も上野の森美術館の床で寝て、翌朝は照明デザイン事務所へ・・
 のハードな日々の思い出が蘇る。。
 何かを手探りで、アートの未来のを考えていた日々。

★高尚なる数々の上野の美術館と、慣れ親しんだ藝大と、
 MinMなどで培った熊井 千代子さんなどとの人脈と、
 藝大環境デザイン研究室の先輩・椎原晶子さんの谷根千での活動と、、
 アートリンク03_4410_n.jpeg

 まだ藝大美術館は影も形もなく、
 その後に僕自身が東博に入るなんて誰も想像してなかったが、
 潜在的な地域のポテンシャルを信じて、
 アートがリンクすることで「人」が結びついた。。

 その後のアートリンク打上げ、上野-谷中トーク盛り上がったなぁ(`_´)ゞ

★2007年にブログを始めて以来の関連記事。多いね。
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2009-09-26
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2009-10-12
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2010-03-03
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2010-12-25
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2011-10-02
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2011-10-08
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2015-06-18
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2011-10-17

★170115 クラーナハ展 [展覧会・アートイベント etc.]

★170115 クラーナハ展
 クラナッハと呼んでいた画家の名は、いつやらクラーナハであるのは世の慣いであるようだ。

 ①29186584_n.jpeg
 
昨年から見なきゃと思いつつ会期最終日閉館1時間半前に上野へ行く。
学生料金は音声ガイド分助かる。番号のとこだけ集中する。

さて今回の見所は「板絵」が多く到来していること。
ブナ材か菩提樹材の板絵、どんなに睨んでも判別不可能だが、
綺麗に修復されて、低反射ガラス入りのエアタイト額に護られているおかげで、
クラーナハをまとめて見ることか叶うようになった。
学生時代は小さな作品でも、板絵を日本で見られる機会は貴重だ、
と西洋美術史の講義で教わったもの。

 ②67232340_n.jpeg
 「アウグスティヌス会修道士としてのマルティン・ルター」
 この絵にも画家のサインは記されている。
 “蛇の紋章(蛇にこうもりの翼にルビーを加える)”なのだが、
 繊細なタッチで小さく描かれているためよほど拡大しないと…
 それにしても魅力的なサインだ。

 ザーッと見て最後の展示室へ入ると、
「アウグスティヌス会修道士としてのマルティン・ルター」に圧倒され、
目が釘付けになった。(`_´)ゞ、、絵はがきでは、
あの美しい背景の色彩と衣服の黒の深さは出ないだろうな…買ったけど。

 ③879071172_n.jpeg

 ④340197442036774035_n.jpeg
 手前はLED、奥はハロゲンランプのスポットライト。いずれもERCO。あきらかに雰囲気が異なる。(色温度・演色性もだが、分光分布が違う)
僕の好みはハロゲン(ERCO Eclipse)だが、企画展の方は調光されて色温度の落ちたベースライトがあるため、なんとも微妙な感じ_φ(・_・ー

それにしても企画展のLEDらしきレンズスポットは、
西美ではいつから採用したんだろう。など思いつつ、
常設展のLEDとハロゲンの混在具合を眺めて上野を後に_φ(・_・」」

 ⑤123878438099123981_n.jpeg
 東博蔵「親指のマリア」と原画は同じ。
久しぶりに(初めて?)見た気がする。東博のは銅板に油彩、
こちらはカンヴァスに描かれている。

 ⑧41_7583917_n.jpeg
「モーリス・ドニの素描」も今日最終日につき、3分で眺める(`_´)ゞ

 ⑨7410_n.jpeg


★161112「政治家の家」を建て替え作業中の開発 好明さんを訪ねる [展覧会・アートイベント etc.]

★161112晩秋の紅葉ドライブの目的は、
「政治家の家」を建て替え作業中の開発 好明さんを訪ねること。
 政治家の家_997_n.jpg
 その所在地を、福島駅で借りたクルマのカーナビに入力すると、
 飯舘村を抜けて南相馬に入って暫く走り、
 夢ハットから数キロ先の道沿いにあった。

 政治家の家_715_n.jpg
 2012年竣工の初代「政治家の家」を案内してもらってから、
 その侘びたというか朽ちつつあるインテリアの、
 ハッとするような採光と、窓から見えるススキの輝きに息を呑んだ。

 政治家の家_707_n.jpg
 前夜に即席で用意した野点セットで湯を沸かし、開発さんに髑髏茶碗で一服差し上げた。
 かなり僕の自己満足かもしれないが…

 政治家の家_836_n.jpg

 建築的にもインテリアデザインとしても、もっと評価されて良いと思う物件。
 さてその価値は…式年遷宮の様に永年にわたって建て替える事で、
 その生命を長らえさせてはいけないようにも思うのだが。
 政治家の家_759_n.jpg

 明日から2代目の「家」は、初代の横に建つのだと施主の言葉でした(`_´)ゞ
 政治家の家_048_n.jpg


◆11月16日(水)に竣工したとの報告がありました。
 (開発好明さんのfacebookより)
 https://www.facebook.com/yoshiaki.kaihatsu?fref=ts

 竣工20_979_n.jpg

 〉無事 政治家の家 建て替え終了しました。
  天候に恵まれしっかり作れました。
  今回は近所の人の励ましや、遠方からの陣中見舞いなど嬉しい出会いがあり、
  建て替え甲斐のある1週間でした。

★160902 トーマス・ルフ展 @東京国立近代美術館 [展覧会・アートイベント etc.]

★展示室内の写真撮影が条件付きでOKだったので、撮りながら見た。
 IMG_6779.jpg

トーマス・ルフ自身が学生時代から、写真という方法論を、
写真の原理的実験を辿りながら、常に社会のあり方をも対象としつつ、
作品制作のプロセスを確立してきた変遷がよくわかる展示構成だ。
 IMG_6800.jpg

トーマス・ルフの方法論が、
一見無個性的ながら実は「フレーム」と壁との境界の作り方が個性的というか、
工芸的とも言えるこだわりようが見て取れた。(撮れた!)
実はドイツ的職人技というか(`_´)ゞ
 IMG_6825 (1).jpg

「ホワイトキューブ」の中で、壁・床・天井、そして照明が、
かなり演出的な要素であることに最近、僕自身の関心がある。

東近美さんは、最近その辺り意識的であるかのようだが、
決して安易なLED化をしないところに、
見る方も絶対的な信頼感と安心感で佇むことができる。
 IMG_6810.jpg

さてこれから、写真美術館がどのようなリニューアルを行ったか、
少々意地悪な目で見てやろう・・(入館拒絶しないでね。)

来週からの「博物館展示論」のレクチャーで取り上げるので。。

★160818 “光のソムリエ” 東海林弘靖〈人間の照明〉LIGHT for human being [展覧会・アートイベント etc.]

★仕事終わりの銀座。
 東海林弘靖さんの展覧会〈人間の照明〉LIGHT for human beingへ滑り込み。
 http://lightdesign.jp/review35/index.html

 人間の照明_272_n.jpg
 東海林さんにご挨拶、展示をご案内いただきました。

 人間の照明_3598_n.jpg
 LIGHTDESIGNのプロジェクト写真を辿りながら、
 照明のコンセプト、テクニック、プロセス…の
 手書きキャプションが楽しみながら進む。

 人間の照明_1143_n.jpg
 最新のレンズ制御の小型フレーミングスポットや、
 OLEDの目に優しい光を駆使した展示のデザイン。
 かつて東海林さんから伝授された、
 展示照明デザインの基本を思い起こさせてくれる(`_´)ゞ

 8月20日(土) 17時まで

★160115 フォスター+パートナーズ展 都市と建築のイノベーション [展覧会・アートイベント etc.]

★160115 〈フォスター+パートナーズ展 都市と建築のイノベーション〉
 森美術館主催だが、会場はRoppongi Hills Tokyo City View & Sky Deck
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー&屋上スカイデッキでの展覧会利用は初めての試み、とのこと。
森美術館のある53階ではなく、52階 東京シティビューでの展示は、様々なことを思う空間として、新たなギャラリー空間の展開を見せてくれた(`_´)ゞー

 12507675_1201557896539294_6227629670524232933_n.jpg

 9558_1201557926539291_6180468397532526801_n.jpg
 世界中のプロジェクトを国別が一目でわかるマッピング

 12400495_1201557939872623_2294246911830597221_n.jpg

★実見したプロジェクトを中心に模型などのプレゼ展示を見て回る。

 12400651_1201559159872501_7623423109707040782_n.jpg
★ドイツ連邦議会議事堂 ライヒスターク

 1656322_784618318233256_34724986_n.jpg
※2002年に訪れたReichstag。ガラス張りのドイツ連邦議会議事堂。
第2次世界大戦では壊滅状態だったベルリンの象徴だが、東西ドイツ統合の政治的象徴として復興。
ドイツ近代史の歴史展示とアートワーク、この空間が夜12時まで公開されているのが素晴らしかった。

 12508973_1201559183205832_6457958905677819153_n.jpg

  12549055_1201559203205830_8096976030445459181_n.jpg
 ドーム形状を決めるための検討プロセス模型。楽しい。

           ※ ※ ※

 12410567_1201560019872415_8595719406552858390_n.jpg
★大英博物館 グレート コートー 場所: 森美術館

 12417995_1201560033205747_4560133184041899798_n.jpg

★ビルディングのプロジェクト
 12540960_1201560749872342_9150183881122597078_n.jpg
★右より、ハースト タワー(ニューヨーク)会場の映画でノーマン・フォスターが語っていた。
 ガーキン(スイス・リ本社ビル)、コメルツ銀行(フランクフルト)
 センチュリータワー(元大林組が入っていたビル。一度同級生の仕事場訪問して感動したなあ)

 12541039_1201586506536433_2270704864277544250_n.jpg
★実はここに展示の遊び心があると見た(`_´)ゞ

 12540928_1201587256536358_7287524057893096135_n.jpg
★サー ノーマン フォスターは、労働者階級の出身。
市役所職員から設計士を志し…紙と鉛筆で描き続ける。イェール大学へ。。。
それにしても予想と異なるBritish English。もっと見て居たかった美しい映像(`_´)ゞ

12548907_1201649339863483_3489035407391563918_n.jpg
★建築・デザイン・彫刻・音楽・環境・・・

 12439250_1201649403196810_2301364750360779109_n.jpg

★160109 kazumichi MARUOKA Exhibition “Shi-an” [展覧会・アートイベント etc.]

☆160109 kazumichi MARUOKA Exhibition “Shi-an”
 https://www.facebook.com/events/890548671065639/
★体調グダグダで諸々予定キャンセルして、なんとかたどり着いた 丸岡さんの展覧会。
何時もながらの髑髏コンセプトに、文字通り脱帽⁈です(`_´)ゞ

 12507098_1197625040265913_2835200997657155209_n.jpg

★今回の個展では髑髏作家本人より、
ヒト頭骨を器として成り立たせる為の秘訣を(勝手に)聞き取り(`_´)ゞ
機能と造形のツボは美術解剖学に学ぶところと通底しているなぁ。。
 IMG_1170.JPG

★髑髏のある風景ヽ(´o`;The view with a skull art object
 IMG_1188.JPG

★タバコで点描した国芳髑髏畳
ヽ(´o`; オリジナル風炉と建水がいい。
 12494665_1197851100243307_2168287770113149179_n.jpg

★ Kazumichi Maruoka skull mug is simple gracefulness.
It is confronted with a cup and a saucer of Damien Hirst. (o_o)
 IMG_1193.JPG

★まろやかな味わい、髑髏ブレンドを髑髏マグで(`_´)ゞ
 12509522_1198442856850798_6690374209684719235_n.jpg

=============================
丸岡和吾展 “Shi-an”
2016年1月8日金曜日-1月31日日曜日
月-金 13:00-20:00 / 土日祝 12:00-19:00
入場料 500円
パラボリカ・ビス
東京都台東区柳橋2-18-11
「浅草橋」駅 JR東口より徒歩6分・都営浅草線A6出口より徒歩4分
03-5835-1180
http://www.yaso-peyotl.com/

「ワークショップ」
1月17日日曜日 13:00-
料金 前売・当日 3000円 入場料含む
定員 5名
畳を煙草で焦がして絵を描くワークショップ。喫煙者限定。お好きな煙草をお持ちください。A4サイズのミニ畳を用意しています。描く絵は自由です。
〈予約・問い合わせ〉
パラボリカ・ビス 03-5835-1180
丸岡和吾 kazumichimaruoka@gmail.com
お名前・電話番号・参加人数をご連絡ください。

松村宗亮「Shi-an茶会」
1月30日土曜日 18:30- / 20:00-(満席)
料金 前売・当日 3000円 入場料含む
各回定員 5名
松村宗亮(茶人、裏千家茶道准教授、SHUHALLY代表)
http://www.shuhally.jp/
和菓子 wagashi asobi
http://wagashi-asobi.com/
丸岡和吾の制作した髑髏茶碗を使ったお茶会。茶道のご経験がなくてもお楽しみいただけます。どうぞお気軽にご参加ください。
〈予約・問い合わせ〉
パラボリカ・ビス 03-5835-1180
丸岡和吾 kazumichimaruoka@gmail.com
お名前・電話番号・参加人数・希望時間をご連絡ください。

イベントの日程・料金・内容は変更になる場合もございます。詳細はWebにて随時更新いたします。
http://www.yaso-peyotl.com/

丸岡和吾
1978年生まれ 広島県出身 東京都在住 髑髏作家
髑髏や骨をモチーフにした陶器、ドローイングやインスタレーションなど、死をテーマに様々な表現を展開する。
http://www.kazumichimaruoka.com/

前の7件 | 次の7件 展覧会・アートイベント etc. ブログトップ

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂