So-net無料ブログ作成
検索選択
骨・美術解剖学・身体 ブログトップ
前の7件 | -

★160827 近藤保氏による  The Anatomy of Fashion design Vol.1 『血と暴力が生み出したラグランスリーブとトレンチコート』へ [骨・美術解剖学・身体]

★160827 近藤 保氏による
 The Anatomy of Fashion design Vol.1
『血と暴力が生み出したラグランスリーブとトレンチコート』へ

 14141923_1372217626139986_778859474163677529_n.jpg
 近藤 保 URL= http://www.tamotsukondo.com/profle_%EF%BD%8A.htm

 これでもファッション好きである。
 父がその道(和服業界だが)の生業で、そのおかげで僕も学費の苦労はなかったから、
 ファッション業界には感謝の気持ちをずっと持っている。

 トレンチコートがトレンチ=塹壕、が由来であり、軍服であり、
 アクアスキュータムやバーバリーBurberryの英国のメーカー名くらい知っているし、
 昨今の日本資本(サンヨー)との経緯もざっとはニュースで見ている。 
 
 ラグラン袖くらいはどんな袖かは知っているが、その「由来・理由」は専門外のこと。
 今日はそれを丹念に、暑く、いや熱いトークでスーッと理解した。
 ・クリミア戦争、第二次ボーア戦争、
 ・ラグラン男爵、カーディガン伯爵、ナイチンゲール、アルフレッド・ノーベル
 ・ウールギャバジンに関するアクアスキュータムの特許(1853)
 ・バーバリーの製造特許(1888)、 ※Google特許
 ・マッキントッシュ(ゴム引き)
 ・グレートコート → タイロッケン/ tielocken → トレンチコート/ trench coat
 ・raglan sleeve、Dリング、ひもベルト、・・・
 ・カサブランカ 1942、サムライ 1967、ティファニーで朝食を 1961
 ・肩線の位置 / トム・フォード スカイフォール

 使用するとルソーは、キイヤさんのもの。
 近藤さんが監修したspur
 http://www.tamotsukondo.com/spur_%EF%BD%8A.htm
 http://www.kiiya.co.jp/professional/?lyr=3&cid=191

 14141793_1372217582806657_7264008274172550875_n.jpg 

 人体の解剖学にもとづく“トレンチコート”の歴史、産業、国際社会、
 そしてファッションに関わる近藤 保氏によるトーク&実演の、
 あっという間の4時間?

 14095893_1372217589473323_3866284036072887239_n.jpg

 近藤さんとは、以前トーハクで、彼の興味というか研究分野の一つである、
 日本の「甲冑」に関する調査のお手伝いをしてからの縁である。

 最初は美術解剖学的な興味だったが、関心事に直球でハマった。
 facebookから頂戴した情報に感謝である。

 トレンチコートは持ってないけど…今日は一端の専門家。
 これでもモッズの端くれ、モッズコートなら持っている。(`_´)ゞ

 14054093_1372474782780937_5710777393601925169_n.jpg

 解剖学的合理性に裏付けられた機能とファッションが統合した、
 トレンチコートについて…
 僕だけが分かるスケッチは昔からこんな感じだからしょうがない(`_´)ゞ 

※facebookより
 近藤保氏によるThe Anatomy of Fashion design Vol.1
 『血と暴力が生み出したラグランスリーブとトレンチコート』(関東)
 http://www.toray-acs.co.jp/horus/seminar20160827/

 ギャバジン開発秘話、ラグラン袖誕生の歴史、戦争とトレンチコートの関係、ラグラン袖の長所と短所
 トレンチコート150年間のパターン変遷(ドレーピングでの解説)、新生バーバリーのデザイン解説。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160716 第23回美術解剖学会 @東京藝術大学 [骨・美術解剖学・身体]

★第23回美術解剖学会《顔は表象する》 (`_´)ゞ終了。
 ポスター 310211201707349244_n.jpg

◆特別講演「仮面・ペルソナ・幽霊」
稲賀繁美(国際日本文化研究センター教授・副所長/総合研究大学院大学教授)
の発表が素晴らしかった。聞き込んだ。
 学会 07523963_n.jpg
発表の中で三木成夫『胎児の世界』が引用され、
一気に30年前19歳の講義室の時間に引き戻された。
その場でkindleにて本を購入ダウンロードして読むと、三木先生の声が蘇る。

時代は変わってしまったが、ヒトは変わらない事を再確認。
今の藝大*デザイン科にこの教育の場と時間は有るのかなぁ…(`_´)ゞ

大会後の懇親会では新学会理事として紹介されてしまった…さて。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★150718_美術解剖学会 2015年度大会 [骨・美術解剖学・身体]

★美術解剖学会 2015年度大会は、何時以上に若手参加多く盛会ヽ(´o`;

 11745937_1101159759912442_1818092340154414460_n.jpg

 11692567_877462792318897_7422591382136521469_n.jpg

 今年は他に抜けられない用があって、15時頃から参加。
(大会実行委員なのにすみません)

■ 大会企画シンポジウム 
 『省略と強調のデフォルメ』
 第20回大会で、『似るとは何か?』をテーマにしました。
 今回は、『省略と強調のデフォルメ』として、
 難解な解剖学的構造をマンガで分かりやすく解説、表現される松村先生、
 人体の観察を軸に彫刻的なデフォルメをされる保田井先生、
 『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメーション作画監督の芦谷先生、
 『男おいどん』や『銀河鉄道999』の大人気マンガを描き続けてこられた松本先生をお迎えし、
 マンガに特化したデフォルメ表現、あるいは、観察に基づくデフォルメについて、
 ご講演とディスカッションをいただきます。

□シンポジスト 
     松村譲兒先生(杏林大学医学部 解剖学教室教授)      
     保田井智之先生(彫刻家、東北芸術工科大学教授)      
     芦谷耕平先生(アニメーション作画監督、宝塚大学講師)      
     松本零士先生(漫画家、宝塚大学特任教授)

◆最も印象に残ったのは、
 やはり僕の父と同郷同世代の松本零士さんの、戦時体験に根ざす講演。
 11742871_1101159776579107_4089132972940881770_n.jpg

 子供時代の野山や・戦時体験で得られた貴重な“感覚”を、
 漫画としてリアライズする過程に、デフォルメはある。というシンプルな結論。

 11009106_1101159796579105_1977921791374681069_n.jpg

 レジェンドの言葉は、軽やかに心に刺さった(`_´)ゞ


★メモ:メーテルと鉄郎 @小倉駅前 2012年12月
 10513441_1101942439834174_7795288794915408715_n.jpg

 キャプテン・ハーロック
 11742780_1101942993167452_3852309068642985411_n.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★150423_2014年度の『美術解剖学雑誌』が届いた。 [骨・美術解剖学・身体]

★吉野 毅先生の三島由紀夫像制作に関する講演、
 今も強烈に脳の奥に突き刺さって残っている。

 美術解剖学雑誌11327_n.jpg

 2014年度の『美術解剖学雑誌』が届いた。
 講演録と対談が所収されており、読み返して再度驚きを思い出しつつ読んだ。
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2013-07-20

 美術解剖学雑誌980078895_n.jpg

 1970年11月25日に三島が割腹自殺をとげる、その数日前までの、
 自ら裸体彫像制作を依頼してモデルになっていた、
 その真実のストーリーが語られる。

 こんなところに美術解剖学の醍醐味あり、
 この学会の面白さがあるなぁ。

 美術解剖学雑誌88451759473_n.jpg

「似るとは何か」について、工藤 稜先生、木津先生、吉野先生、
 原島先生によるディスカッションがまた広く、深い。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★141215_日韓美術解剖学会へ @国立古宮博物館 [骨・美術解剖学・身体]

★《韓日 美術解剖學 シンポジウム》 参加中です(`_´)ゞ
 ー 一緒にいる人: 宮永 美知代、渡邊 晃一
 場所: 경복궁 景福宮 Gyeongbokgung

 学会4521722140190244843_n.jpg
 韓国側発表者との記念撮影
(森敏美先生カメラで撮影の写真です)
 ー 一緒にいる人: 森敏美、渡辺 晃一、宮永 美知代
 場所: National Palace Museum Of Korea

 学会_5923427504529676113_n.jpg
★《韓日 美術解剖學 シンポジウム》 参加中です(`_´)ゞ
 ー 一緒にいる人: 宮永 美知代、渡邊 晃一
  場所: 경복궁 景福宮 Gyeongbokgung

 学会レジュメ_9157306606065789278_n.jpg
 レジュメだが・・ハングルは読めず??

 僕の発表は、
 『博物館の展示照明と“顔“    ―日本の仏像とギリシャ彫刻にみる光の東西比較―』

 『中宮寺 菩薩半跏像』 050308-070417 と
   『踊るサテュロス』 050219-050313
      の光の文化論について論じました。。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★140307 髑髏ライブ [骨・美術解剖学・身体]

★丸岡和吾さんが作陶・作髑髏のライブをするというので、
 原宿BEAMS-Tへ
 http://www.eyescream.jp/news-all/macartshow-beamst
 http://www.beamsshopblog.jp/t-harajuku/34077

 おもむろに粘土の塊を抱えて造形スタート…

 951614383_n.jpg

 417843133_n.jpg

 444508377_n.jpg

 今日は楽焼の土だそうで、
 ヒトの頭骨を知り抜いているその手に脱帽です。

 約1時間でここまで・・凄いっす。

 1438533545_n.jpg

 671955612_n.jpg

 1453161889_n.jpg

 最近、すっかり髑髏作家の追っかけ状態か・・苦笑(`_´)ゞ



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★山本耀司 の本をパラパラと。 [骨・美術解剖学・身体]

★山本耀司 の本をパラパラと。

 1545607_783228448372243_1476358767_n.jpg

「MY DEAR BOMB」     岩波書店、
「服を作る - モードを超えて 」 中央公論新社
 そして
「山本耀司。モードの記録。」 文化学園文化出版局
 http://www.wwdjapan.com/life/2014/02/03/00009716.html

 80年代末頃からの付き合い、捨てた服は一枚もなく、
 今でも着たり履いたり被ったり…(`_´)ゞ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の7件 | - 骨・美術解剖学・身体 ブログトップ

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂