So-net無料ブログ作成
検索選択
博物館・美術館 ブログトップ
前の7件 | -

★161023_那覇市立壺屋焼物博物館 [博物館・美術館]

★那覇は30度になるかな

 那覇 371027_n.jpg

 那覇市立壺屋焼物博物館・竣工撮影出張中(`_´)ゞ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160501_國立故宮博物院南部院區へ行こう [博物館・美術館]

★台湾の友人の案内で『黒い故宮』へ(`_´)ゞ

 279_n.jpg

 731_n.jpg

 質・量とも“本気の台湾”に圧倒されたよ、。

 027_n.jpg

 059_n.jpg

 599_n.jpg

 167_n.jpg

 399_n.jpg

 國立故宮博物院南部院區
 Southern Branch of National Palace Museum
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160327 リアス・アーク美術館へ。 [博物館・美術館]

★リアス・アーク美術館へ。
 やっと伺うことができた。
 _5548694303845658069_n.jpg

 12592592_1253359098025840_5353297974464038354_n.jpg

※学芸員 山内宏泰さんにお話を伺いました_φ(・_・
 84297_n.jpg

『砂の城』
 http://www.kindaibungeisha.com/topics.php?topicID=47

★リアス・アーク美術館 常設展示
『東日本大震災の記録と津波の災害史』
 http://rias-ark.sakura.ne.jp/2/sinsai/

 091_n.jpg

 展示されている203点の写真のクオリティは、
 大震災を伝える多くの写真の中でも極めて高いもの。
 学芸員自ら時系列での記録は、苛酷な撮影状況だっと推察する。

 来館者一人一人がキャプションをたどりながら静寂の中で滞在している…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160301 那覇市立壺屋焼物博物館・リニューアルオープンヽ(´o`; [博物館・美術館]

★今日オープンしましたヽ(´o`;
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-230800.html

★琉球朝日放送オンエア
https://www.qab.co.jp/news/2016030277964.html
PCで見るにはこちらのようです。
http://www.qab.co.jp/news/2016030277974.html

琉球新報の記事
IMG_1571.JPG

昨年から壺屋焼の、その豊かさ・面白さにどっぷりはまっての仕事でした。

[☆]3月1日(火) 10時 リニューアルオープン!のチラシとDMが届きました。
7066746973888_n.jpg
★思い起こせば、数年前から準備をしていた照明改修事業です。
館の努力の積み重ねに、少しだけお手伝い。
LED化を含め、非常に高いレベルでの展示照明デザインとなりました、是非お立ち寄り下さい
シーサーと共にお待ち申し上げておりますヽ(´o`;

全てのモノが並んだ展示は未見なのですが、
調査・設計・準備段階で見た博物館としての雰囲気は、
既存の建築空間がすばらしいので、もちろん観光にも、
地元の人々の交流スポットにも賑わう要素の多い、
素晴らしい場所だと思います。

琉球新報の記事では、
ぼくは「展示照明専門家」ってことになってますが、
まあ間違いではないし。有難いことです。。

写真のブルーははちょい派手目ですが、
実際はもっと落ち着く空間に仕上がっていますので、、
デジカメの目:CCDはLEDの青に強烈に反応するようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★151112_平等院ミュージアム鳳翔館の照明リニューアル [博物館・美術館]

★宇治 平等院ミュージアム鳳翔館(2001開館-)の照明改修のお手伝い(業務的には指導・助言)が、今日の記者発表をもってやっと一息。
※11月12日(木) 平等院にて記者発表が行われ、木下も同席させていただきました。
 まだ一部工事を残しているものの、振り返ると2000年『国宝 平等院展』以来のお付き合い。特別展以来、多くのトライ(&エラー⁈)をお許し頂いた、神居ご住職に感謝申し上げます。

 12243498_1165018410193243_6827902157991506581_n.jpg

★YOMIURI ONLINE より
『威光の証明…宇治の平等院鳳翔館にLED』
http://www.yomiuri.co.jp/photograph/news/article.html?id=20151116-OYT1I50002
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20151116-OYT1T50016.html

★国宝をより美しく、京都・平等院にパナソニックのLEDを400台納入
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20151113_730485.html

★朝日新聞DIGITALのニュースサイトより (`_´)ゞ
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20151113003227.html
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20151113003219.html
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20151113003216.html

★鳳凰像、LEDでくっきり 京都・平等院ミュージアム
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20151112000179

http://www.news2u.net/releases/140832/items/2/


照明改修のコンセプト(151112 記者発表のためのメモより)

 そもそも平等院の佛教的コンセプトは、西方“極楽”浄土、であり、美術的には「和様の極致」であるとされる。(ご住職のお言葉から頂戴したコンセプトです)

 環境デザインから見れば、前庭の池に反射した光を、軒裏にリバウンドさせて鳳凰堂内に引き込む・・・「自然光をデザイン」した、建築・彫刻・絵画・工芸を総合して美に昇華させた、世界に誇るべき存在である。その影や陰影さえ意図したかのような美しさに眼が眩む…

 今回、平等院ミュージアム鳳翔館では、最先端のLED光源により、平安時代の文化財を「未来に伝える」ための展示照明がデザインされた。(日本が誇るLED技術で,,)

 梵鐘の間・鳳凰の間・雲中供養菩薩の間、この3つの展示室をシンボリックな軸とし、導入部から最後の余韻を残す空間まで、光のシークエンスを全体として「浄土の空間」として感じとっていただければ幸いなことである。
(少なくとも平等・愛・極楽・浄土…という文字が、ここに伝えられているのは間違いないことである)

※東博のプロジェクトではなく、業務的には「指導・助言」としてのものでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

151004-11★日本の博物館学芸員ワークショップ 〈韓国美術の伝統と現代、そして日常の再発見〉 [博物館・美術館]

2015 日本の博物館学芸員ワークショップ 〈韓国美術の伝統と現代、そして日常の再発見〉参加。
12122451_1146283738733377_9149774187991875948_n.jpg

151005_ガイダンス@KF Global Center 19층 세미나실
★ 宣 承慧さん、ありがとうございましたヽ(´o`;
12108947_1146283718733379_6085784653756707733_n.jpg
【文化弾力性】
ワークショップ初日に大変有意義な発表と討論の時間、参加できて良かった。
木下コメント〈互いの文化的アイデンティティ・その表出・表現について互いに違いを認め合う事、共感・共有すべき点を探りながら、自己を見つめ直す。その事を時間をかけて多角的に(多国間で)行う事は博物館・美術館の担うべきことなんだと思いました。〉
またお会いしましょう。

12115963_1148446498517101_2782383196829143713_n.jpg
12143138_1148445668517184_9111523754851031275_n.jpg

午後は財団のKFギャラリーの企画展示“韓国の食”を見学してから、湖林博物館へ。
12088382_1146300032065081_7136742547091932024_n.jpg

★★151006 鄭 于澤先生(東國大学 美術史學 教授)によるレクチャー
『高麗仏画から見る韓国の仏教美術』を聴講。
たいへんわかりやすく高麗仏画の全貌を構造的に明らかにしてくださる内容に、あっとい う間に所定の時間は過ぎ・・・2002年「韓国の名宝」展の作品調査のため、通度寺(トンドサ)を訪れた時の事を思い出した。巨大な仏画は、高麗時代より 少し後の作、とのこと。。

現在に残る高麗仏画は160余点のみにすぎない。そのうち110余点は日本にある。その数字は韓国・朝鮮半島の壮絶な歴史を意味するのか!? 日本が、世界に稀に見る「伝来品」を可能とした地勢的特異性であるということが読める。
鄭 于澤先生は現在、ホノルル美術館の、高麗美術を含む日本美術コレクションを調査中とのこと。その過程で日本美術の複雑さを実感している、ということだそうだ。韓国美術はその質・内容とも極めてシンプルだ。
pm:午後は韓国国立中央博物館へ。勝手知ったる、というほどではないけれど…
658052797869025_n.jpg
まさかの法隆寺献納宝物・四十八体仏!がメインヴィジュアル。。
73828044530762027_n.jpg

国際交流についての様々なプログラムの紹介プレゼを聞いてから展示見学へ。
これもまさかの2ショット!!特別展でここだけ撮影可能!(平常陳列はもちろん留守)
しかも“動く照明”による演出がわりとよろしい設定になっている。韓国、やるなぁ。
697970636249940942_n.jpg

★★★151007 金 宣廷さんの「韓国現代美術の国際化」レクチャー。
検索しても日本語の紹介が少ないので、旧い2010年の情報をリンク。http://www.asahi.com/cult…/news_culture/TKY201011010277.html
彼女は1984年のN.J.パイクやローリー・アンダーソン、ヨーゼフ・ボイスらのパフォーマンスイベントの時に高校3年で、とても衝撃を受けたというか ら、同世代か。当時の僕にはパイクはサムソンのテレビを積み上げているだけ!?(今では誤解だとわかるが)にしか見えなくて、まだ独統合前のベルリンのボ イスの格好良さに引かれて、ニューヨークのローリー・アンダーソンや坂本龍一のやりとりに魅かれていた・・・

 さてレクチャーは、韓国では毎年といっていいほど、道ごと・地方単位で“(アート)ビエンナーレ”が行われている。ということと、注目の何人かのアーティスト紹介。
レクチャー直前に、テキストにあった『リアルDMZプロジェクト』の話題が財団からの意向(指示?)で変わってしまったらしくやや腰砕けの内容に・・・とても期待していただけに平板な話に終始してしまいちょっと残念。
 パイク(ペク)から続く現代美術の流れの話があっただけに、その後の現代美術館見学が面白く見る事ができた。(o_o)

それにしても韓国アート、僕はちょい苦手というか美意識が違うかも。。そこが面白いのだが。アーティスト側から見れば、“共感”よりも文化的ボーダーの存在する“緊張”感がおもしろいのだ。
PM:国立現代美術館(果川館)へ。

★★★行ってきました国立現代美術館。
12072815_1147607528600998_5361040723674710102_n.jpg
N.J.パイク(ペク)のタワーは、学芸員に聞いたところ、当初のブラウン管は(液晶に?)差し替えているとのこと。水平に置いている機材の角度なども変更しているらしく、パイク存命中は彼に内容変更を確認して、自身もいつもチェックに来ていたそうです。サムスンのサポートも今ではされないらしく、維持はますます難しく・・・
また当初の映像用VHSは→CD→DVDに変換していて、朝の立ち上げは3回路に分けているとのこと。消費電力は減っているものの、電磁波?と静電気によるホコリ?は大大とも聞いた。
 同行した美術館の方も話していたが、今後は世界的に彼のコレクションを「保存」することが問題で…現代美術の保存・修復は、古美術とも違いますが・・・美術館・博物館的課題です。
12112282_1147607691934315_8701434861491771329_n.jpg

1993年(大田万博の時)以来なので22年振り。時が経つのは早い!のを実感する。
名刺交換後、最初に館の概要について説明を聞く。学芸員数37名。展示などに関わるデザイナーは3名いるらしい。
2013年にスタートした「資料研究センター」ではアジアの近現代美術を“アーカイブ”するのだという気迫が伝わってきた。日本は出遅れているのでは・・・ここではポンピドーなどを念頭に置いてコリア美術で文化をリードしようとしている!?のがうかがえた。。

★★★★★151008午前中のレクチャーは、方炳善(バン・ビョンソン)先生『日常の中野韓国陶磁』。
韓国陶磁の製作技術の進歩を追って見事に構成されたパワポのスライドに集中する。このスライドには出川哲朗大阪東洋陶磁美術館館長も賞賛された。
さて「中国陶磁とは大きさと数を比較してはならない」という示唆に富むキーワード/約束事を前置きに、韓国陶磁の核心に迫り・・・
http://japanese.korea.net/NewsFocus/Culture/view

PM:サムソン美術館リウムへ。
12088135_1148055168556234_1029869491524158402_n.jpg

12144859_1148050385223379_5268831071994597219_n.jpg

12112439_1148052138556537_3753109248365883864_n.jpg

★★★★★★151009 国立公州博物館へ。
12105817_1148373075191110_5287658975645985661_n.jpg

12107834_1148390971855987_4098629518539601487_n.jpg

12049146_1148390141856070_8233442553574028756_n.jpg

12118725_1148391011855983_7151395415742540997_n.jpg

12115661_1148391025189315_6032138075548081789_n.jpg

午後は宋山里古墳群(武寧王墓)、公山城
世界遺産登録されている。ふと台湾には世界遺産は一つも無い事が頭を過る・・・
12107092_1148373035191114_2604926580445656375_n.jpg

11219023_1148372991857785_5809003493899872537_n.jpg

12115633_1148373015191116_2655655150144233561_n.jpg

★★★★★★★151010 DDPへ
12112467_1148830481812036_2827181769335043022_n.jpg

◆展覧会を見る。
 展示名:『澗松(カンソン)文化展第4部:梅・蘭・菊・竹_ ソンビの香り』
 展示期間:2015年6月4日~2015年10月11日
 展示場所:DDP博物館2階 デザイン博物館

PM:国立民俗博物館へ。
12122825_1148831745145243_8709271832925893229_n.jpg

12112458_1148831801811904_2879684622104542959_n.jpg

民俗博物館観覧後は自由行動になったので、景福宮すぐ向かいの国立現代美術館 ソウル館へ。
12109219_1149090478452703_282407938214767553_n.jpg
今日は21時までの夜間開館。日本でも少なくとも東京では20時でなく21・22時までにしたいと思う。。
12096094_1148934118468339_2778456506113843198_n.jpg

12112313_1148934151801669_1647891607136488405_n.jpg

いちおうこれにてワークショップ所定のプログラムは終了。
皆様お疲れ様でした!ありがとうございました!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★150721 本間美術館へ。 [博物館・美術館]

★本間美術館へ。
 初訪問。
 11248871_1102526859775732_6505974172005830575_n.jpg

 3月に亡くなられた本間紀男先生が寄贈されたという、
 蒼山コレクション展には間に合わなかったが、
 その個性的な美術館空間を堪能することが叶った。
 20093_1102527096442375_6843229612269631705_n.jpg

 先に庭園と清遠閣を見学する。
 建築意匠のなかにここ酒田のモダンな感覚がうかがえた。

 11162348_1102527006442384_2233299175170095990_n.jpg
 庭園には茶室「六明盧」があって、玉川遠州流の流れをひく流派とある。
 どういうことか…あとで調べよう。

 独特な外観の美術館展示室へ。
 1階2階では「江戸絵画と芭蕉」は、
 どこか東博の旧い展示室を彷彿させる展示ケースに整然と陳列されている。

 2階には、関玄達君の作品が数点あり、
 本間先生とかつての芸大デザイン科とのつながりが少しだけうかがえた。

 そして閉館時間。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の7件 | - 博物館・美術館 ブログトップ

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂