So-net無料ブログ作成

★180117_福島第一原子力発電所視察 [★調査研究]

★180117_福島第一原子力発電所視察
 前泊して今日は休暇、学生団体リプラボのツアーに参加する。
 9時30分 福島駅西口バスターミナル集合
 福島駅集合_497615_n.jpg

 リプラボ_バス795392_n.jpg
 福島駅西口に集合してから、一路浜通りへのバス車中。
 順番に自己紹介する。
(撮影日:2018年1月17日 / 撮影・画像提供:学生団体リプラボ )

 バス内で線量計の説明_5670715678697619648_n.jpg
 バス内で線量計の説明している。

◆旧エネルギー館に到着。
 東京電力の説明を聞く。
 F1内ルート_7314_n.jpg
 170629の視察時より明らかに違ったのは、3号機の上部に円筒形のカバーがついていたこと。
 1〜4号機の状況_6453028_n.jpg
 資料によると「3号機燃料取り出し用カバー等設置作業」を、昨年7月22日から実施しているとのこと。
 
 スマートフォン、撮影機材は一切持込みNGにつき、バスの席から曇ったガラスから覗く景色を描きとめるのみ。
 震災前は1000本以上あったサクラ_142111_n.jpg
 震災前は1000本以上あったサクラは、400本以下まで減っている。
 (汚染等事情により除去された)

 1号機、2号機、そして3号機の変わりよう_9790478_n.jpg
 1号機、2号機、そして3号機の変わりように驚く。

 前回「工場萌え」に近い思いを覚えた4号機_7604_n.jpg
 前回「工場萌え」に近い思いを覚えた4号機。
 なんだかスマートな印象に変わっている。

 5,6号機のある双葉町_8965399296_n.jpg
 5,6号機のある双葉町。
 視察後のレクチャーで「これを再稼動することは可能か」と質問したら、
「技術的には可能だが送電設備がやられているので、
 コスト的には無理」との回答。
 東京電力は、原子力(発電)はまだ必要だと考えている様子がうかがえた。

 F1へバスで移動中_8157812693204856955_n.jpg
 F1へバスで移動中
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 6号線の線量計・F1へバス移動中 _2512_n.jpg
 6号線の線量計・F1へバス移動中
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 1号機が見えてきた。_8956066048_n.jpg
 1号機が見えてきた。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 1号機排気筒_8854781_n.jpg
 1号機排気筒
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 2号機は建屋のグラフィック_71377_n.jpg
 2号機は建屋のグラフィックがまだ見える。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 3号機・_871_n.jpg
 3号機・昨年6月の時は無く、7月から設置された円筒形は燃料棒取り出し用とのこと。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 スケッチに集中する僕。_299097821048_n.jpg
 カメラやスマホは持ち込みNGにつき、観察して、スケッチに集中する僕。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 フェーシング_1655653027510565907_n.jpg
 フェーシング(コンクリートで覆う)された地表。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 汚染水タンク_7325_n.jpg
 汚染水タンク
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 フランジタンク_824279_n.jpg
 フランジタンクは、汚染水以外の水を貯める用途で使用しているらしい。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 3号機・水素爆発の爪痕_697_n.jpg
 3号機・水素爆発の爪痕が見えるのはここくらいになったか。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

 4号機・昨年6月は巨大さに圧倒_1092404202990203582_n.jpg
 4号機・昨年6月は巨大さに圧倒された場所。
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)
 
★もっとスケッチに上手ければなあ・・と多少後悔する藝大生。。トホホ

 視察が終わって参加者全員集合写真_3466112882489793470_n.jpg
 視察が終わって参加者全員集合写真。学生による見学のせいか、
 東京電力担当者もTEPCO看板を出したり特別待遇なのかな!?
(撮影日:2018年1月17日 / 画像提供:学生団体リプラボ / 撮影:東京電力)

★昨日の1F視察資料など読み返したり整理したり。
 昨日の1F視察資料など読み返したり整理_5315779_n.jpg
※画像:180117 僕だけ髑髏茶碗でコーヒー飲みながら、東京電力によるレク聴講 @さくらモールとみおか(旧エネルギー館)の図。
 ひととおり現状説明を聞いて、13時頃から福島第一原子力発電所の視察へバスで移動した。。

★ツアーを終えて福島大学図書館3階にて「ふりかえり」
 福島大学図書館3階にて「ふりかえり」_4184957_n.jpg
 ここまで参加してこそ、ツアーの意味がある。
 疲れていてもここで頭を使う。
(撮影日:2018年1月17日 / 撮影・画像提供:学生団体リプラボ )

 振り返り_ホワイトボード14319205836_n.jpg

 原発を自ら見て・感じたで賞_31071549_n.jpg
 原発を自ら見て・感じたで賞

★そういえばDVDが配布されていたのを忘れてた。
 そういえばDVD_7555988_n.jpg
 見ると、2011年3月11日から2017年12月までの、
 廃炉作業へ連なる福島第一原子力発電所の事故発生からの経緯が、
 わかりやすく動画と画像で…_φ(・_・



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

★180106_小沢剛 不完全−パラレルな美術史 2月25日まで 千葉市美術館 [展覧会・アートイベント etc.]

★180106_小沢剛 不完全?パラレルな美術史 2月25日まで 千葉市美術館

 180106_不完全パラレルな美術史362_n.jpg

 180106_不完全パラレルな美術史_金沢_n.jpg
★『金沢』に関わる言葉やトピック、風物を、
 現地リサーチしながら内在化し、表現へとねじ伏せ素直に作品化する…
 金沢へは何度か行ってるけど、まるで知らなかったエピソードとワードばかりで、
 小沢くんらしさに脱帽です。
 180106_不完全パラレルな美術史_金沢n.jpg

 そんな、デザイナー目線とは違う、自由な深さと捻りには、
 いつもながら拍手〓だが、
 いつの間にか30年来の付き合い!になってしまったなあ_φ(・_・

★ウォーホル、リキテンスタインの醤油画は初見かもしれない。
 リー・ウーハンも等伯も、醤油画美術の歴史に位置づけられて展示ケースの中だった。
 180106_不完全パラレルな美術史_醤油画_n.jpg

※醤油画の保存について
湿度が高くなると、醤油の成分である塩分が溶ける恐れがあるとのことで、以前、醤油画資料館展示の際、東京国立博物館から除湿機を貸し出した事がある。

 現代美術は古典技法と異なる(もとい醤油画も古典技法の一つ)複合メディア表現である故、保存修復上の悩みはますます拡大傾向にある。

 180106_不完全パラレルな美術史_n.jpg

★後日届いた図録。
 180106_不完全パラレルな美術史_図録n.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂