So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月01日| 2017年07月08日 |- ブログトップ

★170707 鴻池朋子さんとの『雪山頭蓋骨ちゃわん茶会』@東京藝術大学デザイン科 [★調査研究]

★170707 鴻池朋子さんとの『雪山頭蓋骨ちゃわん茶会』@東京藝術大学デザイン科 

 スライド1.jpg
 学内掲出用のチラシ(ヨコ)

 DEJRKWaUQAARZ7o.jpg
 鴻池朋子さんをお招きして、企画理論“七夕”デザイントーク02
 画像:藤原えりみさんのツイッターより

 雪山頭蓋骨ちゃわん3686_n.jpg
 画像:ブログ「美術館ロッジ」より

《雪山頭蓋骨ちゃわん茶会》トーク終了後の懇親会では、
金 理有さんの「手榴弾形茶器」を初披露で、
鴻池朋子さんに髑髏茶碗で薄茶(時かさね)を一服差し上げました。

 雪山頭蓋骨ちゃわん_70955.jpg

正客の鴻池さんからは、
「史青さんのお茶って、そうやって男の子のおもちゃ自慢みたいね〜」と。
それこそ彼女曰く「男のマロン(浪漫)ね=すなわち茶の湯の本質」であろうとのフォローが。
遠州流のような武家茶道は、確かにそんな側面もあるなあと頷いた亭主(僕)。

 雪山頭蓋骨ちゃわん茶会2853086_n.jpg
 一応私、「男のマロンね」と鴻池さんに言われつつ、茶人亭主やってます。
 (遠州流茶道 時青庵 木下宗史)目つき悪〜
 画像:ブログ「美術館ロッジ」より

最近お気に入りの朝鮮茶杓で手榴弾から抹茶が濃茶のように掬えるので、濃薄加減が難しい。
(やはり茶器と言うより茶入で使うべきかな)

干菓子は髑髏茶会では定番化した「ヌーベル和三盆 ガイコツ」。
ロマンティックな七夕に相応しく…というわけでもなく、
ビール乾杯後でもちょうどいいドライな甘味。
思えば茶事茶会では会席や点心で酒が欠かせない訳で、飲み会で呈茶はアリだなぁと。

それにしても鴻池さんの涼しげなデニム地シャツ姿は、
一瞬、雪山で雪に埋れて歌う姿を想像させました。
歌うと息を吐くので、その分寒気を吸うので、
命の危機感さえ覚えるものだそうで…それでドラえもんの唄を歌うアーティストって狂ってていいな(笑

ご参加いただいた皆様には、点て続けたつもりですが、
ゆき渡らなかった方もいらっしゃるかも。
 雪山頭蓋骨ちゃわん35817_n.jpg

またやります!で次なるご縁の機会に。(`_´)ゞ

今回の企画にあたり、昨年の鞍田崇さんとのデザイントーク01
http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2016-06-09 に続き、
大変に多くの指導賜りました、デザイン科教授 藤崎圭一郎先生には、
無事に実施・終了したこと、感謝申し上げます。

またトークイベントの準備・進行・懇親会までお手伝いいただいた、
デザイン科大学院企画理論研究室のMさん、Iさん、ありがとうございました。

 170707_鴻池朋子_雪山頭蓋骨ちゃわん41.jpg

★「美術館ロッジ」のブログ、大変よくまとめていただいています。
『雪山頭蓋骨ちゃわん茶会』
https://www.facebook.com/LodgeTheArtMuseum/posts/1186797021465573
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
2017年07月01日| 2017年07月08日 |- ブログトップ

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂