So-net無料ブログ作成
検索選択

★160115 フォスター+パートナーズ展 都市と建築のイノベーション [展覧会・アートイベント etc.]

★160115 〈フォスター+パートナーズ展 都市と建築のイノベーション〉
 森美術館主催だが、会場はRoppongi Hills Tokyo City View & Sky Deck
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー&屋上スカイデッキでの展覧会利用は初めての試み、とのこと。
森美術館のある53階ではなく、52階 東京シティビューでの展示は、様々なことを思う空間として、新たなギャラリー空間の展開を見せてくれた(`_´)ゞー

 12507675_1201557896539294_6227629670524232933_n.jpg

 9558_1201557926539291_6180468397532526801_n.jpg
 世界中のプロジェクトを国別が一目でわかるマッピング

 12400495_1201557939872623_2294246911830597221_n.jpg

★実見したプロジェクトを中心に模型などのプレゼ展示を見て回る。

 12400651_1201559159872501_7623423109707040782_n.jpg
★ドイツ連邦議会議事堂 ライヒスターク

 1656322_784618318233256_34724986_n.jpg
※2002年に訪れたReichstag。ガラス張りのドイツ連邦議会議事堂。
第2次世界大戦では壊滅状態だったベルリンの象徴だが、東西ドイツ統合の政治的象徴として復興。
ドイツ近代史の歴史展示とアートワーク、この空間が夜12時まで公開されているのが素晴らしかった。

 12508973_1201559183205832_6457958905677819153_n.jpg

  12549055_1201559203205830_8096976030445459181_n.jpg
 ドーム形状を決めるための検討プロセス模型。楽しい。

           ※ ※ ※

 12410567_1201560019872415_8595719406552858390_n.jpg
★大英博物館 グレート コートー 場所: 森美術館

 12417995_1201560033205747_4560133184041899798_n.jpg

★ビルディングのプロジェクト
 12540960_1201560749872342_9150183881122597078_n.jpg
★右より、ハースト タワー(ニューヨーク)会場の映画でノーマン・フォスターが語っていた。
 ガーキン(スイス・リ本社ビル)、コメルツ銀行(フランクフルト)
 センチュリータワー(元大林組が入っていたビル。一度同級生の仕事場訪問して感動したなあ)

 12541039_1201586506536433_2270704864277544250_n.jpg
★実はここに展示の遊び心があると見た(`_´)ゞ

 12540928_1201587256536358_7287524057893096135_n.jpg
★サー ノーマン フォスターは、労働者階級の出身。
市役所職員から設計士を志し…紙と鉛筆で描き続ける。イェール大学へ。。。
それにしても予想と異なるBritish English。もっと見て居たかった美しい映像(`_´)ゞ

12548907_1201649339863483_3489035407391563918_n.jpg
★建築・デザイン・彫刻・音楽・環境・・・

 12439250_1201649403196810_2301364750360779109_n.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★160109 kazumichi MARUOKA Exhibition “Shi-an” [展覧会・アートイベント etc.]

☆160109 kazumichi MARUOKA Exhibition “Shi-an”
 https://www.facebook.com/events/890548671065639/
★体調グダグダで諸々予定キャンセルして、なんとかたどり着いた 丸岡さんの展覧会。
何時もながらの髑髏コンセプトに、文字通り脱帽⁈です(`_´)ゞ

 12507098_1197625040265913_2835200997657155209_n.jpg

★今回の個展では髑髏作家本人より、
ヒト頭骨を器として成り立たせる為の秘訣を(勝手に)聞き取り(`_´)ゞ
機能と造形のツボは美術解剖学に学ぶところと通底しているなぁ。。
 IMG_1170.JPG

★髑髏のある風景ヽ(´o`;The view with a skull art object
 IMG_1188.JPG

★タバコで点描した国芳髑髏畳
ヽ(´o`; オリジナル風炉と建水がいい。
 12494665_1197851100243307_2168287770113149179_n.jpg

★ Kazumichi Maruoka skull mug is simple gracefulness.
It is confronted with a cup and a saucer of Damien Hirst. (o_o)
 IMG_1193.JPG

★まろやかな味わい、髑髏ブレンドを髑髏マグで(`_´)ゞ
 12509522_1198442856850798_6690374209684719235_n.jpg

=============================
丸岡和吾展 “Shi-an”
2016年1月8日金曜日-1月31日日曜日
月-金 13:00-20:00 / 土日祝 12:00-19:00
入場料 500円
パラボリカ・ビス
東京都台東区柳橋2-18-11
「浅草橋」駅 JR東口より徒歩6分・都営浅草線A6出口より徒歩4分
03-5835-1180
http://www.yaso-peyotl.com/

「ワークショップ」
1月17日日曜日 13:00-
料金 前売・当日 3000円 入場料含む
定員 5名
畳を煙草で焦がして絵を描くワークショップ。喫煙者限定。お好きな煙草をお持ちください。A4サイズのミニ畳を用意しています。描く絵は自由です。
〈予約・問い合わせ〉
パラボリカ・ビス 03-5835-1180
丸岡和吾 kazumichimaruoka@gmail.com
お名前・電話番号・参加人数をご連絡ください。

松村宗亮「Shi-an茶会」
1月30日土曜日 18:30- / 20:00-(満席)
料金 前売・当日 3000円 入場料含む
各回定員 5名
松村宗亮(茶人、裏千家茶道准教授、SHUHALLY代表)
http://www.shuhally.jp/
和菓子 wagashi asobi
http://wagashi-asobi.com/
丸岡和吾の制作した髑髏茶碗を使ったお茶会。茶道のご経験がなくてもお楽しみいただけます。どうぞお気軽にご参加ください。
〈予約・問い合わせ〉
パラボリカ・ビス 03-5835-1180
丸岡和吾 kazumichimaruoka@gmail.com
お名前・電話番号・参加人数・希望時間をご連絡ください。

イベントの日程・料金・内容は変更になる場合もございます。詳細はWebにて随時更新いたします。
http://www.yaso-peyotl.com/

丸岡和吾
1978年生まれ 広島県出身 東京都在住 髑髏作家
髑髏や骨をモチーフにした陶器、ドローイングやインスタレーションなど、死をテーマに様々な表現を展開する。
http://www.kazumichimaruoka.com/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂