So-net無料ブログ作成
検索選択

★141025_第十九回 三渓園大茶会 [数寄・茶の湯・遠州流]

★今日は茶会日和、三渓園へヽ(´o`;

 会記_129553760761351753_n.jpg

 三渓園 南門側の本牧市民公園駐車場に停めると、
 中華庭園とかつて東京湾に面していた谷を望むことができる(`_´)ゞ

 1113368754139915603_n.jpg

 925791200809746678_n.jpg

 先ずは遠州流茶道宗家の席へ

 5508932675592680969_n.jpg

 陽真会社中の方々が席を持っているので、落ち着いて席入り。
「正客を・・」の声を遠慮して、三客の位置に入る。
 宗匠の点法を間近に、一服の薄茶で気持ちを落ち着ける。

★2席目は表千家さん(`_´)ゞ
 半東の話が落語のようなリズムで楽しむ。

 850349497162791549_n.jpg

★武者小路千家の席でこだわりの道具は風炉先:
「三笠」古材で作られたもの。
 由来は…とりあえず良かった(`_´)ゞ
 8755889909989524221_n.jpg

 今回の茶会で濃茶はこの席だけだったが、
 棗に見えたので薄茶かと思ってたところ「5名様で」と聞こえて、
 慌てて席がざわつきはじめた・・・・

 まわりはベテランに見える方も、どうも濃茶に慣れていない様子で、
 僕が遠州流の法にならい出袱紗でいつものように・・まわりの目が気になる。
 これも茶の湯のコミュニケーションだね。。(菓子も美味しかったなぁ)

 37469282216999466_n.jpg

 107401085934069329_n.jpg

 点心をいただいてから、
 さて袴をジーンズに履き替えてヨコハマトリエンナーレへ移動。



★141013 喜多方② / 福島ビエンナーレへ [展覧会・アートイベント etc.]

★喜多方では大和川酒造さんに寄る。前回は時間切れで早々に失礼してしまった。
 今回はその奥深い酒資料館&ギャラリー&店舗を拝見、利酒は我慢。(運転手)
 発売前のヤノベケンジ :サン・シスターラベルの福島ビエンナーレコラボ酒を、
 早目に頂戴して感激、下戸だが帰って髑髏猪口で頂こう(`_´)ゞ

 10177454_931647623530324_1055409682638761350_n.jpg

 10733978_931647636863656_7355272742032608568_n.jpg

 10171270_931647646863655_7778316736727951355_n.jpg

★福島ビエンナーレ・喜多方・ 三十八間蔵の会場で空間体験する。
機能を放棄した堅固な、文化財未満の空間はビデオアートとは馴染みがいい様子。

 1959393_931760526852367_2790588674294724497_n.jpg

 10418973_931767570184996_5779256672144104538_n.jpg

★サン・シスターの石蔵のすぐ横の会場では、
 不慮の事故で亡くなった國府 理(面識はなかったが)さんの作品記録映像が流れている。
 物置きで埃っぽかった空間が、神秘的な空気を帯びた静謐なアートの“場”に生まれ変わった。
(福島大の学生ほかメンバーが一生懸命掃除して生まれた空間)

 10592934_931770016851418_2666569966914717759_n.jpg

 10616134_931774496850970_931252722644291663_n.jpg

★福島ビエンナーレの会場の一つ、喜多方市立美術館へは初訪問。
 写真、絵画、インスタレーション、映像作品(アニメーション)…
 見ごたえある展示を静かに鑑賞。

 10653674_931657156862704_7978907643119737003_n.jpg 

★2014年 福島ビエンナーレ巡礼ドライブの最後は、
 前回はまだ工事中だった道の駅 あいづ 湯川・会津坂下へ。
 磐梯山を遠景に、夕暮れぎりぎりで田んぼアートを見ることができた。
 (日曜美術館アートシーンでも紹介されてた)
 …帰ってサン・シスターラベルの限定“米” (シリアルナンバーno.29)を炊くのが楽しみ〜。

 1959308_931696780192075_5208740151074433709_n.jpgborder="0" align="" alt="1959308_931696780192075_5208740151074433709_n.jpg" />
 ※ 佐藤卓さんの米”バナー、六本木とはまた違う趣で輝いて見えた(`_´)ゞ

 1530491_931696813525405_4905316323272403120_n.jpg

 10628155_931696800192073_7237792126317408185_n.jpg

★141013 喜多方① 石蔵/再会サン・シスター [展覧会・アートイベント etc.]

★体育の日の朝、郡山、猪苗代湖から はじまりの美術館 再訪(`_´)ゞ
 10615512_931554396872980_879191462586807889_n.jpg

 10620800_931554560206297_4576327492022614250_n.jpg

 1779877_931554723539614_19474889887810233_n.jpg

★サン・シスター、石蔵の中でちょうど12時にずーっと力強く立ち姿を見せた。
「呼吸する太陽」とシンクロするように。
 8月猛暑の中で向き合った時より少しクールに見えたよう、かな?

 10347093_931740296854390_5701164088204739396_n.jpg

 10320510_931740403521046_8690830461204617872_n.jpg
 10533451_931741280187625_5141361191317229026_n.jpg

 10351605_931745280187225_2553224453354566327_n.jpg

 ※ 彼女はノーベル物理学賞の受賞をも福島・喜多方の地から祝福している。
 (と声が聞こえた。ホント、R/G/BのLED照明器具と制御装置ちゃんと使ってます)

★喜多方で美味しい店のイチオシランチといえば…金忠さんの味噌田楽^ ^
 蔵の上へ、座敷の床でアート鑑賞。

 1012398_931616733533413_3161230769256471334_n.jpg

 10641064_931616973533389_480386974046046662_n.jpg


黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂