So-net無料ブログ作成
検索選択

★本間紀男先生『木彫仏の実像と変遷 』出版記念パーティ [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★本間紀男先生『木彫仏の実像と変遷 』出版記念パーティ

  木彫仏_2110239121_n.jpg
 大著ご出版、おめでとうございます。
 http://www.book61.co.jp/book.php/N07683

 夕方から上野精養軒3153店へ出かけた。

 本間先生_913794952_n.jpg
 本間先生(81才)の力のこもったスピーチ。
 出版を影で支えられたという、奥様の姿がとても印象に残った。


 本間先生_599542380_n.jpg
 渡辺邦夫先生に撮っていただいた、記念すべき一枚

 お会いするのは20年ぶりくらいご無沙汰で、
 やや不安ながらにご挨拶したところ
「いやー、君の作った卒制、覚えてるよ」とおっしゃられて、
 法隆寺宝物館の伎楽面、1/10模型をしこしこ作った記憶が…


 神居住職_1470079579_n.jpg
★平等院住職・神居文彰さまの祝辞。
 2000年『国宝 平等院展』以来、お世話になりご指導いただいている。

 60年、70年後の鳳凰堂改修に向け、今何をすべきか、
 という視点で科学的調査の重要性と公開性について語られました。
(いつも語りかけるような口調、見習いたいものです)


 旧友/級友や先輩も多く、とても気持ちのいいパーティでした。
 (その後、関君、安一郎、長谷川、みっちゃん、八幡さんらと二次会
 安っちゃんと三次会まで(~_~;)



★本間先生は、芸大デザイン科で、
 というより特に『仏教美術装飾特講』の授業でお世話になり、
 直接間接に仏像制作の本質について教わった。(と今になって思う)
 特講_1899022117_n.jpg

 水銀ガス_1355459253_n.jpg
 「しかしこの栄光の陰には・・・・
  猛毒の水銀ガスによる死者がが数百名に及んだとの・・・」
  このくだりに震えた。

 金箔_738136952_n.jpg
 ※これが金箔張りの実習で作ったもの。
  どんなものでもいいので、赤・朱で下地を作り、
  その上からエポキシ樹脂接着剤で張る。

  東博 仕事場の机からでてきた。
  金・Goldは、講義で教わったとおり、永遠の輝き(`_´)ゞ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★SNOW Contenporaryへ  日野之彦の展覧会 [展覧会・アートイベント etc.]

★SNOW Contenporaryへ

 日野之彦の展覧会

 01_1307429772_n.jpg

 9月の連休最後は代々木八幡のお祭り。
 お宮に手を合わせに出かけてから、
 先週オープニングを逃した展覧会@駒沢のギャラリーへ。

 上野の森美術館で数年前に見てから、ずっと気にかかっていた作家だ。

 02_11443305_n.jpg
  ※写真はギャラリーにお断りして撮影したものです。

 すべての画が
「油彩」で描かれていることがポイントだと思った。
 アクリルではこういう発色はできない。

 実物を見てこそ作家の力が分かる作品。
 今日夕方から、少し色んな事が解って楽しいひと時。(`_´)ゞ

 日野之彦
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●個展「Scenery as is」
  会期:2013年9月20日(金) - 10月6日(日) 12:00 - 20:00 *9月24日(火)・30日(月) 休廊
  会場:SNOW Contemporary (XYZ collective)
  HP : http://officekubota.com/snowcontemporary/exhibition/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★巳年の誕生日 [骨・美術解剖学・身体]

★巳年の誕生日なので今年は例年より強く意識している、多分、
 年男という12年ごとのリズムは何かしら変化をもたらしている。
 二日過ぎた朝に届いた母親からの宅配便を開けると、額絵が一点、驚くなあ(`_´)ゞ

 001_2059597470_n.jpg

 いずれもテーマは牛骨。手前から2013年作、2011年作、2005年作。
 初期はオキーフの影響らしく、その後は…母親なりに試行錯誤があるようだ。

 奥のメタルのフレームは、F・L・ライトのもの。
 どの額も、悪くないぞ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★茶碗 銘 “ホトバシル” /作陶 丸岡 和吾 × 絵付 牟田 陽日 作 [数寄・茶の湯・遠州流]

★茶碗 銘“ホトバシル”
 作陶 丸岡 和吾 × 絵付 牟田 陽日 作

 箱が出来たとfacebookで連絡を頂いて、
 コラボ作者のお二人が、東博へ届けに来てくれました。
  ↓
拙ブログ〈 ★髑髏茶会へ ~楽しかった~ 〉
  http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2013-08-25

 01_834040524_n.jpg
 展示室で寿老人を、作り手目線で観察。

 03_1518169987_n.jpg
 さて心待ちにしていた箱、革紐を解いて、じゃジャーン(`_´)ゞ

 丸岡さんは磁器の土(九谷磁器土)で髑髏作陶は初めてだそう。
 少し緑味⁈を帯びた白磁に、鮮やかな絵付は牟田さん独特のタッチ。

 04_895807132_n.jpg
 茶の湯展示室を案内して、少し興奮を冷まして部屋に戻り一仕事。

 篩ってあった茶を600円の棗に仕込んで、人生二つ目の茶碗で薄を点ててみた。
 なかなか扱いにコツを要するな、、
 05_535546182_n.jpg

 06_1633685907_n.jpg

 帰って髑髏茶入と並べてみよ〜。

 09_2073445817_n.jpg
 以前手に入れた「黒陶の髑髏茶入」、茶碗、グイ吞みと。。。

★ジョー・プライスさんの教えどおり。
「金」は照明を落としたほうが鈍い光を放つ(`_´)ゞ

 10_646356454_n.jpg

 08_1926618315_n.jpg
 こちらは「金に蝶」のグイ吞み

※ 若い作り手が、過去の作品をどんなふうに見るか、
 博物館は彼らにとってどんな場・空間であるか、あるべきか、
 こっちが興味津々なことに気づく・・・

 02_1736831729_n.jpg

 またぜひボーっとしに来てください。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★『福島第一さかえ原発』宮本佳明 2013年 に遭遇すること。 [展覧会・アートイベント etc.]

★あいちトリエンナーレ @愛知県美術館
 10階の愛知県美術館に目的の作品はみあたらず、?のまま8階へ…

『福島第一さかえ原発』宮本佳明 2013年 に遭遇すること。
  なぜ名古屋で福一なのか・・・

 1236603_690989584262797_1006226754_n.jpg

 969846_690989650929457_2067260529_n.jpg

 1233322_690989957596093_841154006_n.jpg

 533253_690990037596085_165394838_n.jpg

 1234263_690989674262788_1623808871_n.jpg

 一目見て「芸文センターに和風の屋根」で合点した(`_´)ゞ
 愛知県庁舎や名古屋市庁舎や徳川美術館など、
 名古屋といえば《帝冠様式/近代和風》のメッカではないか!?

 1229966_690989737596115_749057039_n.jpg

 1236584_690989867596102_1608272571_n.jpg

 そういうことか~、とこじ付け気味直感に従い、
「原発神社から、さかえ原発へ」を読んだ。
 そして「福島第一原発神社」(2012)を読む…疲れた。

 IMG_4009.JPG

 歩き疲れたせい、頭痛がする。

★★〉
 一時期、トーハクの本館(と帝冠様式/近代和風)を、
 ずいぶん調べて、その関連で名古屋市庁舎や、
 特に渡辺仁設計の愛知県庁舎を見学した。(名古屋城も)

 かつて日本が、建築様式アイデンティティーを模索した時期と、
 いま「日本をとりもどす」といっている政権政党の姿勢とが、
 この作品を通して、透けて見える。

 しかしけっきょく帝冠様式は「様式」と言えるまでには、
 熟成しなかったのではか?と考えられる。

 しかし、この「福島第一原発神社」は瓦屋根ではなく、
 神社の屋根を示しているから、
 伊勢、出雲の式年遷宮がもりあがる今年、
 このくにの、西の方の文化と、東北・福島における原発とが、
 尾張名古屋の地で、衝突!?あるいは・・・

 そんなことを考えながら、次の部屋の作品へ足を運ぶ・・・


☆オマケ
 金曜日の愛知県美術館/芸文センターは夜間開館。
 1255478_690970040931418_1978469938_n.jpg
 せっかく名古屋に来て、あいちトリエンナーレをちょっとでも覗く。
 1234049_690970090931413_245994968_n.jpg

 最初に、今まで一度もピンと来なかったヤノベケンジ作品が、
 今回はじめてスーッと入ってきたのである。
 1239799_690970330931389_915839408_n.jpg

 単なる“同時代的感覚"か?…
 1231575_690970354264720_1515893652_n.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂