So-net無料ブログ作成
検索選択

★ 美術解剖学のことば/1089ブログ [骨・美術解剖学・身体]

★【美術解剖学 ―人のかたちの学び】@トーハクが、明日で会期終了だ。

 R0045798s.JPG
 人体の美術解剖学 芸術家及び芸術愛好家の手引書
 ユリウス・コールマン著 1886年出版(初版) 個人蔵

 ここのところ、こちらのブログ更新が少ないが、サボっていたわけではない。
 1089ブログ 【美術解剖学のことば】を連載していた、わけなのだが、
 これは日頃の覚書きブログと違って、展覧会の広報を兼ねている。//
 なので、いろいろと「気くばり目くばり」して書いたつもりの内容。
      ↓
  【美術解剖学のことば】

 第7回  「<コントラポスト> “人が立つかたち” と “美の基準”」
 第6回  「黒田清輝の『美術解剖学ノート』」
 第5回  「久米桂一郎先生にご挨拶とご報告」
 第4回  「人体デッサンと美術解剖学」
 第3回  「ベルリンの鷗外とユリウス・コールマン」
 第2回  「黒田清輝と美術解剖学」
 第1回  「キックオフ」

  ※第1, 2, 3, 5, 7回は木下が担当
   第4, 6回は宮永美知代先生(東京藝大 美術教育 美術解剖学Ⅱ/東博客員研究員)が担当。 

 1089ブログは、トーハク展覧会(特集陳列)などの広報という位置づけなので、
 こちらでは作品の画像をありがたく使わせていただいている。

 なんといっても、今回の展示では、
 黒田清輝と久米桂一郎のデッサンを、並べて展示することが今回の大目標!なので、
 これはとてもうれしくよろこばしい!!
 (また内心、このブログを書きためて・・・//とも、)

★展覧会会期中は、
 7月 3日(火)の東博・列品解説を皮切りに、
 7月14日(土)開催の、盛況だった美術解剖学会での発表、
 つづく15日(日)の学会オプショナルツアーを2回行なった。

 そのほか解剖学の研究者、アーティスト、美術教育関係者、
 森鷗外生誕150年に関わる方々、かつて一緒に美術解剖学を学んだ友人や、
 出版社や美術雑誌の編集担当者、そして学芸員など美術・美術館館関係者、
 もちろん知人や、思いがけず高校時代の懐かしい友人も・・・

 これこそ“ネット社会:SNS”の有益な効果なのだ。
 みなさま、暑い日も雨の日も、お運びいただきありがとうございました。

 IMG_7757s.JPG

「期間が短いですね」の声が多く聞かれるのが、(本当はもっと長くないとせっかくの企画なのにオシい!)の意と受け取って、これはありがたいことと感じて、次!?への気持ちへつなごう。

 じつは構想・計画・準備から1年以上経っているので、あまり短いと言う気はしていないのだが・・・
 明日最終日の1日と、作品の返却まで気を引き締めよう。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★【美術解剖学 ―人のかたちの学び】7月29日(日)まで好評開催中! [骨・美術解剖学・身体]

★【美術解剖学 ―人のかたちの学び】
  東京国立博物館 本館特別1室にて
  7月29日(日)まで好評開催中!

 今週は“日本に現存する最古の医学書”「国宝 医心方」と並んでいます。(サイン)
  IMG_1024.jpg
  ※お気に入りのサイン、パシャリ!

 東 博 HP : http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1536
 1089ブログ : http://www.tnm.jp/modules/rblog/index.php/1/category/38/
 拙ブログ  : http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2012-07-04 

★iPadによる展示/作品鑑賞補助デバイスの研究中なのです。
 【美術解剖学 ―人のかたちの学び】@トーハク

 487787_476306829064408_1118566847_n.jpg

 トラブル時の対応、電源の安定供給/充電、イタズラ防止が課題。
 それにも増してユーザーフレンドリーな機能は、今さらの感もあるが、
 やはり“買い”だなぁ。

 黒田清輝がノートの端に描いたゴリラのイラストがいいね!なのである。
 黒田の『美術解剖学・受講ノート』は全ページをご覧いただけます。
 ページ送り自在、拡大もOK。

 訳はつけていませんが、黒田のフランス語記述でお読み下さい。
 (一部日本語、ラテン語交り)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★【美術解剖学 ―人のかたちの学び】@トーハク [骨・美術解剖学・身体]

★昨日は列品解説を無事!?に終えることができた。
 最近ブログ更新を怠っているので、ここ数日のことをアップしておかないといけないな。

★トーハクの特集陳列 【美術解剖学 ―人のかたちの学び】がいよいよ始まりました。。。
 昨年より企画を進めてきた〈美術解剖学〉をテーマとした展示です。

  期 間:2012年7月3日(火)〜7月29日(日)
  場 所:東京国立博物館 本館2階 特別1室

   IMG_7170.JPG
  画像は『博物館ニュース 6・7月号』より記事切抜き

◆簡単ですが、以下URL.にてご案内申し上げます。
   ↓
  東博HP
  出品リスト

★1089ブログ【美術解剖学のことば】
  美術解剖学のことば 第1回「キックオフ」
  美術解剖学のことば 第2回「黒田清輝と美術解剖学」
  美術解剖学のことば 第3回「ベルリンの鷗外とユリウス・コールマン」
  美術解剖学のことば 第4回「人体デッサンと美術解剖学」 ※宮永美知代・客員研究員
   第5回「久米桂一郎と美術解剖学」(仮題・執筆中)
  ※以下連載つづく。

◆文化庁月報<鑑 文化芸術へのいざない 84>
  東京国立博物館 特集陳列「美術解剖学―人のかたちの学び」 7月5日(木)公開
  http://www.bunka.go.jp/publish/bunkachou_geppou/2012_07/index.html

■美術解剖学会
 http://www.geidai.ac.jp/soc/saa/event.html
 7月14日(土) 東京藝大にて
 7月15日(日) オプショナルツアー(11:00 14:00)

※以下のキーワードにご興味がございましたら・・・
  森林太郎(鴎外) 黒田清輝 久米桂一郎 岡倉天心
  西洋画・油画 東京美術学校 美術教育
  ヌードデッサン 裸体画
  美術解剖学 藝用解剖學 骨学・筋学
  解剖学 美術解剖学会
  ユリウス・コールマン ポール・リッシェ

  夏の暑い日、そこそこ冷えたトーハク(節電中)へ。
  寒っとするような解剖図像や、ヌードなデッサンも用意して、
  展示室でお待ち申し上げております。

 ※列品解説の前に久米桂一郎先生(東京藝大構内)にも感謝の気持ちをお伝えした。

  553691_4_n.jpg
  美術学部:正門を入って奥の建物/中央棟付近です。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂