So-net無料ブログ作成
検索選択

★博物館きょういく論 Ⅲ〈光村チャンネル シーズン・インタビュー 2012年春〉 [博物館・美術館]

[光村図書] シーズン・インタビュー第3回が公開になりました。

 ▼第3回の記事
 http://www.mitsumura-tosho.co.jp/season/2012_spring/03.html

 ▼トップページ
 http://www.mitsumura-tosho.co.jp/

 3-03.jpg
 はやくも第3回の公開です。

 多くの中学生はじめ、
 多くのみなさんに、博物館へ来てもらえるといいなあ、
 という思いを強くしました。

 R0017699.JPG

 3回目は現代美術館や自然史博物館のことにも触れているし、
 中学生を指導する先生方や父兄も含め、広い世界への入口を、
 ミュージアムで体験してほしいなあ・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★「博物館へまた行こう」(仮・苦笑) [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

『博物館へ行こう』4刷目の本、出版社より拝受です。
 http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jr/toku/0707/500571.html

 博物館へ行こう_23524_n.jpg

 執筆していた頃(2006年春ごろの事)、
 余裕無くあれこれ悩んでたところ、
 編集者がビシッとシンプルに決めてくれた書名タイトルと、
 難しいリクエストに応えてくれた理万子さんの表紙画を眺めつつ、、一杯です。

 タイトルは、展覧会と同様に、
 ほかに代わるものがないくらいにシンプルなものがいい。
 ってことはよくわかったんだけどなあ・・・うーむ。
 これがなかなかむずかしいのです。

 ※「博物館へまた行こう」(仮)は、いつ出ることやら_φ(・_・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★地元大森・蒲田/東京工科大学 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★東京工科大学デザイン学部での集中講義。
 http://www.teu.ac.jp/gakubu/design/

 IMG_2331.jpg

 東博OBの先生よりお声がけいただいて、
 初めてお邪魔した大学である、
 というより京浜東北線の駅を降りると、
 大森で生まれ育った僕にとっては懐かしすぎる景色。

 蒲田は、小中時代は自転車で“遠征”したり、
 高校時代は模擬試験に工学院へ出向いたり、
 浪人時代に訳!?があって行ったりと・・・
 大学時代は環境デザイン事務所で徹夜のバイト。。

 いつのまにか立派なキャンパス風景が広がっている。
 新しい大学で、その高層建築には空きスペースも多いけど、
 学生一人一人の肩には、これからの日本を背負って立ち、
 ここから始まる「伝統」を築き上げる可能性が乗る。

 きょうの僕の拙いレクチャーで、
 少しでも「トーハク」という存在が、
 心のどこかに残ってくれるといいなあ、を願うのみ。
 帰りの京浜東北線の車窓から、懐かしい景色を眺めつつ//

 IMG_5198.jpg
 現東京藝大美術学部長 池田政治氏の作品(2003)が、エントランスホールの一角に。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★ シャルロット・ペリアンと日本 [展覧会・アートイベント etc.]

★シャルロット・ペリアンと日本 @目黒区美術館
 http://mmat.jp/exhibition/archives/ex120414

 5162_n.jpg

 巡回してきた展覧会がようやく東京に!
 憧れの、オンブル〈影〉は、初期形と現在形(Cassina版)が展示されている。
 残念ながら座れなかったが、いずれ手に入れたい。(と思って十数年・・・)

★なんか家に資料があったよな〜と思って高い図録は買わずに。。
 本棚に見つけたBRUTUSは、1998年10月15日号が、ほんと充実の内容。

 シャルロット・ペリアン_BRUTUS_82_401425032_n.jpg 

 特集の巻頭にあった、95歳で現役!
 シャルロット・ペリアンの写真には、
 当時でもビックリだった憶えがある。

 現在は芸大デザイン科 藤崎准教授の記事を発見!
「昭和15年のペリアンを求めて山形へ」と、雑誌らしくなかなか鋭い特集記事。
 1940年って、僕の親父が生まれた年じゃん・w

 1903年生まれのシャルロット・ペリアンであるから、
 デザイナーとしては働き盛りの年齢に日本と関わりがあったということ。
 それにしても「工芸/民藝」と「モダンデザイン/建築」の出会いの頃、
 「芸術の統合」が議論され運動があったというのは面白い。

 しかしそれは「建築への統合」であり、
 ペリアン女史のいう「環境への統合」には成りえなかったのである・・・
(つづく、と思う、いつか)

★追記:
 シャルロット・ペリアンのノートを、iPadを壁に固定して、
 展示以外のページを閲覧できるよう、展示されていた。
 コンセント部とスイッチ操作ボタンを隠して箱を作っている。
 これは次の展示でぜひ使ってみよう。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★ WHERE THE WILD THINGS ARE [芸能・演劇・映画・音楽 etc.]

★ WHERE THE WILD THINGS ARE

 IMG_6697.JPG

 〈米絵本作家モーリス・センダック氏が8日、
  脳卒中による合併症のためコネティカット州で死去した。
  83歳だった。出版社のハーパーコリンズが明らかにした〉
  http://www.cnn.co.jp/showbiz/30006516.html

 ものごころついた時に、そこにあった絵本。

 これからもずっとそこにある。
 “かいじゅうたちのいるところ”

 パジャマ着て寝る。
 合掌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂