So-net無料ブログ作成
検索選択

★『森と芸術 / FOREST AND ART』 [展覧会・アートイベント etc.]

★月曜はトーハクが施設設備点検で全館停電休み。火曜日も。
 ネットで調べたら、東京都庭園美術館は月曜開館している。
 何年ぶりかで特別展 『森と芸術 / FOREST AND ART』へ。

 IMG_4268s.JPG
 展覧会のテーマに相応しい美術館だ。

 IMG_4273s.JPG
 ほんとにここに来たのは何年ぶり?だろう。
 前に来た展覧会がなんだったか・・・思い出せない。

 目録を見ると、ほぼ日本国内の美術館、
 コレクターからの優品180点あまりで構成された、
 気合いの入った展覧会。

 日本で、こんな作品が揃うんだな。
 というより揃え易い作品のようにも思える。

 きっと森は、もっと厳しく・深く・暗いものだと思うが、
 日本人好みの作品で概観すると、かわいく見える。
 庭園美術館の雰囲気のせいかも。

 監修の巖谷國士氏の好みはカワイイ趣味なのかな?
 図録は、東大総合研究博物館の展示写真には惹かれたが、
 けっきょく買わなかった。

★惹き付けられたのは〈第7章 シュルレアリスムの森〉
 マックス・エルンスト、ジャン・アルプ、ジョアン・ミロ、ルネ・マグリット
 ポール・デルヴォー、メレット・オッペンハイム、マン・レイ
 先日の新美術館や森美術館の流れもあるが、やはりカッコいいぞ。

★帰ってきてチラシをみたら、
 「きのこのアクセサリーや服装?」で来た人には、
 《ドレスコード割引・森へようこそ》なるものが!

 出たところのカフェでコーヒー飲みながら、
 明日のレクチャーの準備などしてたら蚊に刺された。
 森では虫と共存しなければならない。

 IMG_4274.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★東日本大震災義援茶会 @ 東京美術倶楽部 [数寄・茶の湯・遠州流]

★東日本大震災から3ヶ月目、外は雨。

 茶の湯研究会の先生からご案内いただいた、
 東日本大震災義援茶会
 東京美術倶楽部 東京美術青年会が席主をつとめる茶会。

  東京美術倶楽部に着いて、
 社中の方々にお会いしたのでご挨拶。

 IMG_4231s.JPG

 20名ずつほどで、濃茶席 薄茶席をまわる。
 道具立ては「仙台伊達家伝来の品々を中心に」とのことで、
 古美術商、美術館などからの逸品揃い。
 茶の湯研究の先輩について道具の見方を教わりながら・・
 うむむ、と贅沢な時間に感謝。

 お弁当は“宮城県栗原市 高橋さんのひとめぼれ”使用の、
 白おむすび2個と唐揚げ、紅鮭などのおかず。
 美味しい! この贅沢を噛みしめながらいただいた。

 IMG_4229s.JPG

 派手さは無く、気持ちのこもった茶会だった。


★外へ出たら、雨はあがっていた。
 銀座へ足を伸ばして 銀座もとじさんへ
 キモノの話さまざまをうかがいながら、
 帯・袴のきつけや、夏の絽のキモノのことなど相談。

 銀座、日本のキモノ文化、そして日本全体のことを考える。
 あらためてしばし黙祷。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★『智・感・情』@Kaikai Kiki Gallery ⇒日本科学未来館 [展覧会・アートイベント etc.]

★日大芸術学部CDの講義を終えて、
 twitterを見ていたら村上さんの緊急告知が、、、
  カイカイキキ・ギャラリーへは行ったことがなく、
 間に合いそうなので・・・初訪問。

 IMG_4224s.JPG

  村上隆  黒田清輝へのオマージュ。「智・感・情」  An Homage To Seiki Kuroda “Wisdom, Impression, Sentiment”

 黒田清輝「智・感・情」の重文指定は平成12年(2000年)のこと。
 東博での指定のとき、展示の手伝いをした記憶が。。
「え、明治期の洋画、黒田が指定されるんだ!」と何故か驚いたのを覚えている。
 (最近は明治以降、昭和のものでも重文指定は珍しくはないぞ)

 この黒田のミステリアスな3面の裸体画を村上さんが描くプロセスを公開した展覧会。
 ということで、予想はしたが、ギャラリーは若者であふれていた。

 模写的に描く→アニメ少女風⇒背景アレンジ
 デザインでいえば〈リ・デザイン〉の方法論と例えればよいのか、
 多くの参考図書や資料ファイルと、作画の実験過程がどっさりと!

 そこまではどんな作家にもあることだが、
 この高い完成度は、工房制作のたまものだろう、
 自分だけで手を動かしていては到達できないし、
 すべての工程を理解していないと、完成度が落ちる。

 基底材、下地、箔、描画、仕上げまで、凄いシステムを作り上げているなぁ。
 アクリル加工のキャプションをじっくり読み込んでみた。
 おや、嵯峨篤さんの名前も。
 彼自身の作品も好きで、うちにも小品2点ある。

 さて、この作品をロンドンの画廊で、欧米人に問う!?という試み、
 というより、2ひねりある “挑戦”とみた。

★展示照明はすべてERCOだった。
 二回路トラックにCDM?のスポット+スカラプチャレンズを使用…
 おそらくハロゲンランプも併用していると思う。Quintaか?
 畳の間は、角形ww.ダウンライトだった。トリムレスかな?
 畳は縁なし。20畳くらいだったかな?もっと良く見ればよかった。
 
★受付からクローク、警備まで良く躾がゆきとどいていた。
 決してマニュアルどおり、というわけではない。
 オーナーの人柄か、冷たい対応でなく気持ちよかった。
 帰り際、同級生の松橋君とすれ違った。


★★きょうの講義で〈ヒトの立ち方〉の見方をスライドでレクチャーした。
 ギリシャ彫刻「クリティオスの少年」〜ローマ彫刻〜ルネサンス彫刻
 〜現代美術に見る人体表現と空間との関係性について。

 直立+二足歩行がヒトの人たる特徴だが、
 村上隆氏は、そのことをわかり抜いている。
 だからこそ、黒田の女の立ち姿3態を昇華させ、
 現代の2次元少女表現で象徴性を獲得している。
(柄にもなく読取り言語化を試みてしまった・省)



☆レインボーブリッジを渡る。頭を切替えて日本科学未来館へ。
『メイキング・オブ・東京スカイツリー® -ようこそ、天空の建設現場へ-』内覧会。

 IMG_4225s.JPG

 べつに、という内容か。
 お土産のボールペンと図録をいただいたので、帰って読もう。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★レンブラント 光の探求|闇の誘惑 [展覧会・アートイベント etc.]

★昼休みに国立西洋美術館へ
  レンブラント 光の探求|闇の誘惑
 公式HP= http://www.ntv.co.jp/rembrandt/

 Rembrant0044947.JPG

★展覧会は、最初からレンブラントの版画がズラッと並ぶ。
 単眼鏡で見ると、彼のタッチと黒の深みの出し方がわかる。
 僕自身はエッチングの経験は無いが、
 道具/技法と見方は、父から教えてもらった。
 紙や腐食の違いによる、表現の差がわかる展示構成。
 レンブラントが「和紙」の魅力を引き出そうとしている。
 http://www.ntv.co.jp/rembrandt/works/index03.html

 意外なモチーフ《貝殻》が良かったなぁ。

★展示方法
 トーハクの『写楽展』と両方見ると、版画については、
 一方が木版画、一方が銅版画である違いはあるが、
 例えば大英博物館での額・マット・アクリルの仕様を見ると、
 共通の考え方で作られていることがわかる。

 版画の額を壁に固定する方法では、
 写楽よりレンブラントのほうがきれいだ。
 金具をシールで隠すやり方に西美のほうに分がある。
 展示替えの手間を考慮すると、仕方ないのだろうか。

★僕が学生時代からお世話になっている 紙舗 直が、
 展覧会場の途中でインスタレーションをしていた。
 サントリー美術館的な演出、西美では初めてか?
 
 坂本直昭さんとはもう10年以上お会いしていないが、
 紙の持つ力、その命を教えてくれた方だ。
 デッサンや版画でもこの店の紙を使ったけど・・・紙に負けた。。
 あの版画(リトグラフ)、引っ張り出して額装してみよう。

★版画から変わって、油画が並ぶ展示室へ。
 やはり板絵が目を引く。

★ヴンダーカンマーに驚いた。
 なんとレンブラントハイス=レンブラントの家は、
 写真で見ると『驚異の部屋』そのものの内装なのだ!
 これは落とし穴だった。
 アムステルダム、行かないと!
 
 レンブラントを堪能したひととき。
 バタ丼を食べて仕事に戻ろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂