So-net無料ブログ作成
検索選択

★山種美術館『ボストン美術館 浮世絵名品展』⇒ 根津美術館『古鏡とひなかざり』 [展覧会・アートイベント etc.]

★きょうは午前中仕事して、夕方から休暇。
 
★「 ボストン美術館 浮世絵名品展」@山種美術館の内覧会へ

 IMG_3523.JPG
 ※美術館前のポスター看板・浮世絵はそのままポスター構図

:浮世絵版画2枚に1灯のP社製スポットライト
 +スプレッドレンズ+バンドア(ブラックホイル手作りか?)を使ったライティング。
 “写楽”の代表作数点には、日本応用光学カッタースポット使用。
 天井には不思議なオレンジ色の間接照明だったな f^_^;)

:図録をパラパラと。。
 絞り込んだ、たいへんわかりやすい内容 ♪(´ε` ) オススメです!
 西洋の浮世絵コレクターの視点について詳細な検討がされているよう…
 もっと読んでみよう。

★時間が少なくなったので、タクシーで移動。
古鏡とひなかざり」@根津美術館:
 展示室最初の戦国時代(注 中国)の鏡で足が止まった(;゜0゜)
 超絶照明技法…動けないほど素晴らしい!
 息を止めてゆっくり鑑賞♪(´ε` )

★古鏡が感動的に美しく見えたのは、ファイバー照明もあるが、
 やはりLED全般照明の指向性によるものと分析_φ(・_・
 最初の展示品「羽状獣文地五山字文鏡」・・・
 古代中国で、どうやってこの複雑怪奇?な下図起こしたの!
 図録の写真では、魅力半減なので、美術館へ足を運んで見るべし。

 雛飾り、では……やはり特注らしき超絶照明を発見!
 我が社の雛飾りの展示、完全に越されてます(T_T)
 作品は質量とも良いのに、ファシリティがなぁ…

「鶴蒔絵卵殼家形菓子器」でふと眼がひきつけられた。
 鶉の卵だろうか・・・?
 なんだか涙がでるほどの綺麗で儚いホワイト色。。

 IMG_3524.JPG
 ※根津美術館の図録は手に馴染むB5サイズ。ちょうど扱いやすく十分なボリューム。

 浮世絵→中国の古鏡→雛かざり・・・
  を堪能しつつ、仕事へのモチベーションあがりまくりであったぞ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★モナ・リザ25の秘密 / G tokyo 2011 [展覧会・アートイベント etc.]

★日曜日 最終日閉館間際!の日比谷公園へ
特別展『 ダ・ヴィンチ 〜モナ・リザ25の秘密〜』へ
けっこう立派なテント会場が見えてきた。

IMG_9579.jpg

 実はかなり不可思議な展覧会である。
 モナ・リザやレオナルドが日本でよく知られているとはいうものの、
 この時期に、この内容の展覧会を、この場所で行なう必然性は?である。

 しかしこの方法論を見逃す手は無い。
 会場に入ると、「今日に限りカタログは500円!」という。
 1,800円が500円とは投げ売り状態・・・とりあえず買う事にする。

 モナ・リザを科学的手法で解剖し、読み解き、復元する。
 結局解読すればするほど、分らない事が増える事ばかりなり、
 というのがこの絵の特徴であることは予想できる。
 で、その魅力は無限に、後の数百年にわたって深まってゆくだろう。

〈ウィトルウィウス的人体図〉
 自分の身体の黄金比を測定できるコーナーに並んでみることにする。
 ヘソ位置にマーカーを着けて測定。結果、You=1.6319の値が出た。
 黄金比が1:1.6180であるから、“Silver もうひといき!”である。

 帰ってから図録の池上さんと布施さんのテキストを読もう。
 これで500円だから、安い買い物だったなぁ。
 しかし本物無しで、これだけの集客力とはスゴいものだなぁ。

★日比谷公園を出て、六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリーへ。

  G tokyo 2011

 IMG_3228.jpg

 どのアートも立派に見える。空間がすばらしい完成度であることによる。
 まさかピクチャーレールなど使わないし、照明のこだわりもなかなか。
 森美術館が機材提供など手伝っているのかな!?

☆じっくりと食入るように眺めた作家とギャラリーは以下:
  ヴォルフガング・ティルマンス/ワコウ・ワークス・オブ・アート
  加藤泉/アラタニウラノ
  エドガー・マーティンズ/山本現代
  天明屋尚/ミヅマアートギャラリー

 ここで見て初めていいな、と思ったり、(天明屋氏ってちょっと見直した)
 これから注目してみよう、と感じた作家と出会って楽しめた〜

 今日まではgallery daysということで、
 作家やギャラリストや業界関係者・・・をチラホラ見かけた。

 明日から27日までは exhibition weekということらしい。
 日比谷レオナルドと六本木現代美術とを楽しめる東京っていい。

 こんなに恵まれてるのに、行ってないギャラリーが多いな、、
 これではいけない。
 もっと足を使わないとね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★ホキ美術館 [博物館・美術館]

★土気にある ホキ美術館へ。
 連休だが、雪の予報を避けてか、高速も一般道も空いていた。

 IMG_3448.JPG
 アプローチ路面下に仕込まれた、屋外用LEDテープライト。
 夜景は次回の時に(きっと壁面を美しく照らしているはず)

 IMG_3450.JPG
 カフェ:展示室内と同じLEDアイボール式のダウンライト(ヤマギワ製)が、ナイフフォークに輝度を映す。
  ・展示照明の色温度は2種類(3000Kと4000Kくらいか?)
  ・演色性はRa=90くらいかなぁ? 額縁の金は、わりと金らしい輝きに見えた。
 世界の有名定番イスに座して食す。なかなか美味しくてオススメ。

 IMG_3460.JPG
 展示風景が少しだけ透けて見える。ピクチャーレールが無い展示の実現は素晴らしい!

 IMG_3454.JPG
 建築/構造/展示方法/照明/サイン・・・ディティールまで、設計者のこだわりを堪能。

★展示を丁寧に見た。
 写実絵画であるが、油画としての魅力はあまり感じない。
 静物画は・・人物画は・・本場の油画の世界観から切り離せば、どれも立派だ。

 絵を見て、タイトルを見ると、(笑)を隠せない作品も・・・(失礼)。
 日本人モデルにこの衣裳を着せて『写実』とは、冗談かと思わせる(大変失礼)。

 残念ながら野田弘志氏以外の作家は知らなかった。(勉強不足です)
 野田氏の絵は、動物の頭骨を描いていた時期の絵に興味を持ちファンになった。
 一度お話をうかがったことがあるが、(十数年前の記憶)
 ご自分で解剖したり、骨を作るとかの趣味は無いとのことであった。

 『リアリズム絵画入門』(野田弘志著)がショップにあったので立ち読み。
  リアリズム絵画とは、〈ラスコーの洞窟壁画にも繋がる絵画史の原点にして、
  レオナルド・ダ・ヴィンチやフェルメールの作品にも繋がる究極の手法〉とのこと・・・その流れに自らを位置づけるとは!?

 帰りに5枚ほど絵はがき(建築3枚+絵2枚※)を購入して帰路に。
  ※1枚はもちろん!? 『5:55』(生島 浩)である。
   暗い展示室内で、凝った音声説明装置で、絵のモデルについて聞かせてくれた。。
   もう1枚はナイショ!!(風景です)


タグ:ホキ美術館
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

★ マイセン磁器の300年/メディア芸術祭・アート部門大賞 [展覧会・アートイベント etc.]

《マイセン磁器の300年》 《文化庁メディア芸術祭》

★明治神宮前の GYRE
 スプツニ子!の展覧会 Tweet Me Love, SPUTNIKO!

 IMG_3420s.JPG

 現代アートは、“参加”してこそ!?の楽しみが・・ #tweetmelove

★東京ミッドタウンへ移動。サントリー美術館へ。
  《マイセン磁器》の素晴らしさを堪能
 …こちらは参加というより、ほとんど研究業務♪(´ε` )

 IMG_3438s.JPG

 事前に図録を見ていたが、やはり実物の迫力がビシビシ伝わってくる。
 帰ってから「日曜美術館」で要復習。(当代の酒井田柿右衛門氏がゲスト)

 とくに水鳥/サル/ゾウなど、動物を造形した作品は、西欧独特の感性に満ちている。
 動物を得意とした作家のアトリエ写真にてゃ、動物骨格(ライオン?)写っている。
 解剖学的知識が無いと、あの造形は不可能だ。。

★ミッドタウンでやっていた「文化庁メディア芸術祭」
:アート部門の大賞作品を鑑賞♪(´ε` )
 こういう暴力的な突き放した!表現は気持ちいい。
 好みすぎる!!
 能 に通じる動きを見るのは、引き付けすぎか⁉
/変に "コミュニケーション" とか気持ち悪いこと言わない事を。。

 IMG_3426s.JPG

 ★大賞:Cycloïd-E 作者:Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD (Cod.Act)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★ふかふかシート [PEUGEOT / VESPA]

★節分過ぎて、日中暖かいので、バイクで走りたい気分。
 ベスパに乗るには、シートを変えないと尻が痛いので、
 先日 ベスパに寄った時に一目惚れで新しいシートを買った。

 IMG_9043d.jpg
 ※昭和のベスパはシートがボロで。。

 3249.JPG
 ※穴あきシートは、雨が降ると水がしみ出して冷たい。。

 IMG_2704d.jpg
 ※背もたれ兼キャリアは、新シートにサイズが合わないので、残念だがはずす。。

 IMG_2415d.jpg
 ※ボルトを外して、新しいシートを取り付ける。新タイプのデザイン。。
 ※ふかふかで夢のような乗り心地! 

 さすがにキック一発ではエンジンがかからない・・・
 プラグを見るとカブっているので布で拭きフキ・・・
 空キック×10回くらいして、プラグの火花を確認。。
  キック2発くらいで、
   ヴォーン、タンタン、タン、タタン、タンタン・・エンジンは快調///
タグ:VESPA
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂