So-net無料ブログ作成

★風とアシュラと 雨あがり [都市・街・公園・光・風景]

★上野のポール灯にアスラがはためく。

 22052009.jpg

 『国宝 阿修羅展』 会期は残り1週間。
  http://www.asahi.com/ashura/topics/TKY200905290124.html
 「5月29日以降、休館の6月1日を除き、最終日の7日まで、毎日午後8時まで開館延長することを決定しました(入場は同7時30分まで)。 」だそうだ

 ※休日出勤の帰りはオープンにして帰る。
   「雨あがりの夜空に 35」     忌野清志郎 Feat. RHYMESTER
    http://www.universal-music.co.jp/kiyoshiro/upch5290.html
   「激しい雨」 (アルバム:夢助) 忌野清志郎
    http://music.biglobe.ne.jp/lyrics/13/BL060813.html


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★ 雨降り [PEUGEOT / VESPA]

★ 今日は夜から雨が強くなった。

 23092008vespa.jpg

 けっこう寒い。
 スクーター日和が続くかなと思ってたところなんだが。




タグ:VESPA
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★ 翼の風景 [都市・街・公園・光・風景]

 240920081820.jpg

★勝利の女神には、翼がある。

 明日はNIKEのシューズを履こうかなぁ、と考えてみるが、
 それは白のランニングシューズを意味する。

 プーマか、パトリックか、黒い革のバッシュしかないな。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★東光寺  かんのんさま [展覧会・アートイベント etc.]

★大宮にある、曹洞宗 東光寺へ。
 大学時代の先輩がお亡くなりになり、通夜に行く。
 http://www.toukouji-ohmiya.jp/index.html

 大学1年の時、新入生のバス旅行で、
 当時助手だった先輩と話をしたことを、
 昨日のことのように思い出す。
「デザイナーは、デザインで勝負。理屈ばかりで理論武装するようでは・・・」
「理論武装・・・」という、攻撃/防御的な言葉を、使ったことのない僕にとって、
 とても新鮮だった。
 その言葉は今でも耳に残っている・・・なにか、デザインには意志と、力があるように感じた。

 手をあわせて焼香をすませてから、
 寺宝の「観音さま」のある庫裡で、同級生とビールを飲む。
 これが先輩との最後の酒だ、と親友のことば。

 あらためて、かんのんさま、の空間を見た。
 照明デザイナーの手になる、仏像空間のライティングだ。
 http://www.lighting.co.jp/japanese/index.html (東光寺庫裡客殿 仏像照明)

 e009.jpg
 ※画像は、お寺の公式HPより

 観音様の横に並ぶ、先輩のグラフィック作品や、ファイルを目にする。
 そういえば,新入生の頃は、
 イラストレーターか、グラフィックデザイナーになりたいと思っていたなぁ・・・
 まだ、マッキントッシュのコンピュータが、デザイナーの道具でなかった頃。

 気がついたら、地元の街の、大きな本屋でなにげなく立ち読み。。。

 合掌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★茶の湯研究会 [数寄・茶の湯・遠州流]

★[茶の湯研究会]へ、今年2回目。
 午前中の準備は失礼してしまったので、午後から遅れての参加。
 23052009 九条館.jpg

 ご挨拶して、茶室に入る。
 茶の花は、背の高い花入れに、あじさい。
 すぐに主菓子・干菓子をいただいて、薄茶をいただく。

 初心の方が多いのか、点法をするよう促されてしまった・・・
 大先輩の視線を気にしながら、五,六服点てて、、、、、

 難しい作法にこだわりすぎず、
 しかし「“間”の美しさを感ぜよ!」という大先輩の言葉を深くかみしめる。
 茶を楽しむことのできる会、次回も楽しみ。

 ※画像は九条館
  http://www.tnm.go.jp/jp/guide/useFacilities/index.html
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★山法師 [数寄・茶の湯・遠州流]

★梅雨前の、5月最後の稽古
 床の掛け物は、横一行書「青山緑水」

 今日は花の鮮やかさが印象的だった。
 なるほど5月終わりはこういう景色なんだなと。
 三種の花が、李朝時代(朝鮮時代)の黒釉壷に入れられて、絶妙な華やかさ。

  紅花山法師 べにばなやまぼうし
 http://www.hana300.com/yamabo.html
 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/beni-yamabousi.html

  突抜忍冬 つきぬきにんどう
 http://www.hana300.com/tukinu.html

  立浪草 たつなみそう
 http://www.hana300.com/tatsun.html

※画像は先日の東京大学構内。緑深い並木道。
 R0028117並木.jpg
タグ:茶花
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★資生堂・サントリー [展覧会・アートイベント etc.]

★昼休み、バタ丼を食べに大浦へ
 美校正門脇のところで、何か作っている。
 サークラインの連続がおかしい。
 20052009_.jpg

 ついでに陳列館に立ち寄る。
 20052001資生堂サントリー.jpg
 第3回企業のデザイン展「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
 -over a century of design by Shiseido & Suntory-
 http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2009/design_ss/design_ss_ja.htm
 東京藝術大学大学美術館 陳列館 1階・2階展示室

 ブランドイメージをしっかり作るってことは、とても大事なこと。
 それはコンセプトだけでなく、楽しみながらデザインすることが大切。

★そういえば、藝大アートプラザの書店で、『博物館へ行こう』が平積みになっているのを発見!
  http://www.geidai.ac.jp/facilities/artplaza.html
 以前は置いてなかったんだけどなぁ・・・とりあえずウレシイこと。。。
 しかも、山下裕二先生の「美術手帖」最新号と同じコーナーに置いてある。
 こちらも早く読んでみたい///

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★ 東京大学 ★ [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★東大の講義「展示論」に、ゲストとしてお声がけいただいた。
 本郷三丁目で下車。
 時間があるので、総合研究博物館「維新とフランス」展へ立ち寄る。
 http://www.um.u-tokyo.ac.jp/
 http://www.um.u-tokyo.ac.jp/exhibition/2009FranceJapon_description_jp.html
 R0028112総合研究博物館.jpg

 この展示ケースは、メゾンエルメスでも使ってたものかな?
 題箋などにエルメスと似たオレンジ色がつかわれている。

★研究室の場所を探して、少し迷った。
 R0028121_.jpg
 受付で聞いて、なんとか木下直之先生の研究室にたどり着く。
 大学院人文社会系研究科 文化資源学研究専攻文化経営学専門分野・・・難しそうだ。
 http://www.l.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/labo_detail.cgi?id=29
 事前にあまり詳細を聞いていなかったのだが『展示論』学部生も多いらしい。
 http://www.l.u-tokyo.ac.jp/CR/lecture.html

 クラシックな雰囲気の階段教室式の講義室に、約60名ほどの学生、院生、聴講生?。
 R0028118講義室.jpg

 東博・本館“日本美術の流れ”を見学した上での、感想・疑問等がまとめられている。
  それらの疑問点などに答えつつ、展示構成の決定プロセスを説明。
  ・・・照明については説明しづらかったかな。
      時間ぎれ。質問に答えたが、ピントはずれでなければよかったのだけれど。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★白い空気感 Bunkamura [展覧会・アートイベント etc.]

★渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアム
 国立トレチャコフ美術館展「忘れえぬロシア」
 http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/09_tretyakov/index.html
 17052009忘れえぬ女.jpg

 1917年ロシア革命以前の雰囲気がよく伝わってきた。
 その雰囲気を象徴的に表現しているのが、ポスターにもなっている「忘れえぬ女」

 帽子飾りの白い羽毛、薄く透ける手袋、ベルベットのようなストール、幌馬車の革、
 背景の建物、屋根に積った雪の白・・・の質感描写が輝いている。
 口元の微妙に曖昧な描写が、人物の描写力の筆の確かさを感じさせてくれる。
 油画というのは、こんな白人の皮膚感を描くことには、本当にぴったりくると思う。

 とくに背景の描写「白い空気感」が、この国の特徴のようだ。
 他の絵の風景にも、共通していて、透明/不透明の白をうまく使い分けて空気が描かれる。
 明るさ、暖かさを描こうとした、印象派を参照したような画は、ちょっと違和感を感じる。

 モスクワ・国立トレチャコフ美術館、まだロシアは未踏の地だが、行ってみたいなあ・・・
 サンクトペテルブルク・エルミタージュ美術館にも行かなくてはいけないし///

◆美術館前の「ドゥ マゴ パリ」で、まだ読み終えていない、
 小林よしのり「台湾論」の続きを読む。
 ゴーマニズム のシリーズは、僕は同時代意識がなく、ほとんど読んだことがなかった。
 読んでいくうちに、ふたたび台湾を訪ねてみたくなってきた。
   http://ja.wikipedia.org/wiki/新ゴーマニズム宣言スペシャル・台湾論

◉前のナディッフで書棚を見てたら、「博物館へ行こう」が並んでいるのを発見。
 17052009_ナディッフ.jpg
 どこの書店でも、岩波ジュニア新書を置いているというわけではないのだが、
 しかも美術書コーナーにこの本が置いてあるのを見たのは初めて。  驚いた。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★忌野清志郎さん とRCメドレー [芸能・演劇・映画・音楽 etc.]

★NHKで清志郎のスタジオ復活ライブをやってるぜ。

 清志郎/RCを最後にカラオケでうたったのは・・・2008年の忘年会にて。
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/search/?keyword=忘年会
 ↓
★3次会は、池尻大橋近くのカラオケ(DAM)へ 29時まで
  歌った曲目は・・・
  ・氣志團:ワンナイトカーニバル    ※今のところの新曲(古
  ・近藤真彦:ハイティーン・ブギ    ※カラオケ無し高校時代

  ★RCサクセション:ヒットメドレー  ※名曲集!清志郎・・

  ・デュランデュラン: [ハングリー・ライク・ザ・ウルフ] ※?・テイラー
  ・デッドオアアライブ : [ユー・スピン・ミー・ラウンド] ※ 狂
  ・尾崎紀世彦:また逢う日まで ※ほんとなら〆の曲だが
  ・シャネルズ:ランナウェイ  ※中学時代/地元のヒーローだった
  ・加山雄三:蒼い星くず(レゲエヴァージョン)
                 ※結局、十八番のピストルズは封印

 なんだか年を感じてしまうなあ・・・
 また唄いたくなってきたぜ///ベイベー!

 20090509283.jpg

 忌野の “上を向いて歩こう” は、シドの “My Way” に匹敵すると思っている。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★帰国 [都市・街・公園・光・風景]

★台湾より帰国する日。

 少しだけ仕事して、仮眠・・・5時に起きて、6時にチェックアウト。

 迎えの車で台中・高鐵(新幹線)の駅へ向かう。
 10052009.jpg

 台灣高鐵は早い。 台中 6:30発 → 桃園 7:07着 バスで桃園空港へ移動。
 10052001.jpg

 車中からは少し日本の田園風景にも似た眺め。

 桃園空港から成田へはあっという間の4時間ほど。うとうとしていたら到着。
 再訪の機会には、台南や高雄、他の博物館もゆっくり見たい。。。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★台中 國立自然科學博物館 [出版/寄稿/レクチャー/取材 etc.]

★台中
 R0027906小-tiltshift-1.jpg

 レクチャー&ワークショップの3日目は、会場を変えて國立自然科學博物館で行う。
 その巨大さにまず驚く。
 http://www.nmns.edu.tw/

 案内された順路に従って、館内を全員で歩く。
 2週間前にオープンした「天文展示區」Astronomy Gallery よりも、
 http://www.nmns.edu.tw/nmns/activity/news/2009/980429.htm
 15年以上前に作られたという「生命科學廳」THE LIFE SCIENCE HALL のほうが素晴らしい。
 http://www.nmns.edu.tw/nmns/04exhibit/gallery/life-science/ToTheLivingWorld.htm

 つい自分の興味のある展示物に目がいってしまった。
 もう止められない・・・
 R0027936_小.jpg

 なんとか3日間を無事終了。
 自分の思い込みで話をしてしまったような気もするが・・・
 次にまた声がかかるだろうか。。。それは知らない///

 今回の台湾行きは、この国が抱えている問題や展望、本土との関係についてのメンタリティなど、
 様々な年代、地域の方々と接するなかで、色々と学ぶところが大きかった。
 ふーっ、疲れた。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂