So-net無料ブログ作成

★金沢21世紀美術館 『杉本博司 歴史の歴史』 [展覧会・アートイベント etc.]

☆雷鳥に乗って、京都から金沢へ
 雷鳥1094778608_45.jpg

★金沢21世紀美術館
 『杉本博司 歴史の歴史』
 http://www.kanazawa21.jp/exhibit/sugimoto/

 杉本博司_217.jpg

【展示に関する覚え書きメモ】
 ↓
 最初の展示室に入る。化石が展示されている。
 んっ 気持ちのよくない、重い空間だ。

 作家が自ら語るビデオを見る。(前日の「画室の栖鳳」のよう)
 大判の写真は、アシスタントがレタッチしている。とのこと。
 なるほど、レンズについてゴミは、ネガに写り込んでしまうので、
 消さないといけないのか。

「海」を撮った写真が9枚。円形の展示室にぐるっと。
 マイベストは「リグリア海」1993年の作品。

 “解剖学”の展示室。うーん・・・浅い感じだ。

「仮面」の支持具は耳穴に棒を掛け渡して、
 重り付きスタンド裏板を引っ掛けて展示されている。

 展示は身長175cm用の設定だな。150cm代の人にはちょっときつい。
 米国向きのつもりか??
 アクリルカバーのケースはなかなかよい出来。
 調湿もどう納めているのか、外からだと見えない。

 “宗教”の展示室。
 法隆寺の伝来裂とリストにあるのだが、無い。
 監視さんに聞くと展示替えがあったらしい。残念。


☆結局、作家が何がしたかったのか、わからなくもないが、
 貧弱なコレクションをこのような形で見せつけられても、
 モノがかわいそうに見えてしまったのではないか。
 せっかく期待して楽しみに金沢までいったのだけれど、
 前日の椿昇のほうが力強さを感じてしまった。

★「タレルの部屋」再訪。

 タレル8608_85.jpg

  とても気持ちがいい。
 ※最初に訪れた時よりも、大分傷みがみえてきている。
 http://www.kanazawa21.jp/ja/03news/2009/index.html
 でも来月メンテナンスをするらしい・・・きっときれいになるだろう。
 アメリカの、乾燥した地域とではオッケーでも、
 湿潤な日本ではこういう作品の維持管理は難しい。

★SHISEI2009年03月01日 01:36
自問自答する。

現代美術館では、
 このような「自然史学」「宗教学」「哲学」「数学」「解剖学」などから、
 もっと自由な位置と価値観で、美を語らなくてはならないのではないか?

それは人にとって、必要不可欠な存在の問題ではあるけれど、
 「学」なるものからはもっと突き放たれて、突き抜けた軽さがなければいけない。

そうでないと、それはとても“アカデミック”に見える。
あぶないあぶない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★細見美術館 ★京近美 椿昇 ★京都市美 栖鳳 [博物館・美術館]

☆バスに乗って平安神宮方面へ。
 27022009.jpg

★細見美術館
「萌春の美 —重要文化財 豊公吉野花見図屏風とともに—」展を見る。
 http://www.emuseum.or.jp/
 実は、この美術館へは初訪問。
 建築の評価は高く、中庭を軸として巡る展示室構成も面白いのだが、 展示ケースと照明が古いか。
 外から見える、上階の茶席も見てみたいな。


★京都国立近代美術館
『椿昇 2004–2009: GOLD/WHITE/BLACK』を見た。
 http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2008/371.html
 27022002.jpg
 エントランスでは巨大な風船ロケットが寝そべっている。
 27022001.jpg

 厳密に計算された設計の3階の展示室では、ノイズが聞こえつつシーンと静かながらも、
 かなり気持ちがグラグラと揺さぶられる作品が並ぶ。
 油絵は何故か日本画系の構成と“湿度”を感じた。
 これは京都派の特徴ってことなのかもしれない?

※厚紙!の図録を買ったが、
 KENJI KUBOTA制作DVDは帰ってから購入の予定。
 http://www.officekubota.com/images/photo/interview/interview09tsubaki_l.jpg


★京都市美術館に寄る。
 http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/exhibition/masterpieces.html
 開催中の『京都市美術館所蔵品展 画室の栖鳳』を鑑賞。
 うーん、圧倒的に達者なんだがなぁ・・・気品に欠ける画風に馴染めず。

 雪舟「山水長巻」の模写だけ、解説を読みながら、じぃーっと眺めた。
 栖鳳自身が、玄関にいつも掛けていたそうだ。
 ケースから出して見てみたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★奈良博 [博物館・美術館]

★出張
 奈良国立博物館「お水取り」を見た。
 http://www.narahaku.go.jp/exhibition/omizutori.html
 26022001.jpg
 この特別陳列を、奈良博では毎年開催しているのは知っていたけれど、今回が初めて鑑賞訪問。展示をひととおり見てから、お水取りの儀式一連を映したビデオ映像を見る。
東京に居ると、こうした古都の行事は身近に感じられないが、ライブ感が伝わってくる。ほんとに火・光と、声・音の響宴を生で体感することができたら、迫力だろうなあ。

※見慣れない展示ケースがあるので、注意して見ると「九州国立博物館」のシールが貼ってあるものが数台。行灯ケース2台と覗きケースが4台。なんでなんだろう?

☆平常展で、興福寺の3駆の像をじっくりと眺める。
 八部衆のうち緊那羅立像。十大弟子のうち目ケン連立像、舎利弗立像が、展示ケースのガラス越しに見ることができるのだが、すべてまもなく東京にお出ましになるのだ・・・ぞくぞくする。
 http://www.asahi.com/ashura/
 http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=6113
 仏像に囲まれていると、あっという間に閉館時間に。

☆ミュージアムショップで『阿修羅を究める』を購入。多彩な執筆陣が目を引いた。
 小川光三氏のコラム「阿修羅を撮る」が参考になりそう。
 “せんとくん”薮内佐斗司氏の「天平彫刻の心と形」も。。
 http://www.amazon.co.jp/阿修羅を究める-興福寺/dp/4096261254
 26022009.jpg

★奈良から京都への車中で、『利休にたずねよ』の続きを読む。
 PHP研究所のドル箱になってるんだろうなあ・・・読みつつ同じ古都でも、イリュージョナルな奈良の仏世界から、リアル/モダンとも言える京都の人間臭い世界へと気分が変わってきた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

☆土産 [展覧会・アートイベント etc.]

★骨展に貸し出していた骨が戻ってきた。
 友人のOさんが車に積んで、運んできてくれた。
  ↑
『骨展』  「骨」と「骨」から生まれたアート
 http://shiseiology007.blog.so-net.ne.jp/2008-10-28

 お土産に日光の「ひしや」さんの羊羹をいただく。
    21022002.jpg
 羊羹好きの僕のために、わざわざ買いに行ってくれたらしい。
 http://www.tochinavi.net/spot/home/?id=1421
 日光名物の土産らしく、なかなかのパッケージデザイン。
 この味がまた素晴らしく美味。。。。。ご馳走様。
 明日は抹茶でいただこう。
   21022009羊羹.jpg

 羊羹に加えて、食パンもいただいた。
 ペリカン
 http://www.bakerpelican.com/
 http://www.kanshin.com/keyword/209267
 これまた、とてもいいデザイン。
  21022009-1.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★遠州公 辞世の句  ★メンテ [PEUGEOT / VESPA]

★先週の稽古。 遠州流では,茶杓に歌銘(または句銘など)がつく。

 遠州公辞世の句

 きのふといひ けふとくらして なすことも
            なき身のゆめの さむるあけぼの

 梅の季節にちなみ、床の軸は金の雲がたなびく美しい料紙に、
 力強く大きな梅の字と歌。

 ひょうたん形の花入れに、太郎冠者椿と木五倍子(きぶし)。 ※090228修正
 命日にちなみ、天神様の姿の飾り。待ち合いには丑が描かれた軸

 21022009-1.jpg

 21022001-1.jpg
★写真は久しぶりに洗車したスクーター。
 キック5回くらいでエンジンがかかった。

 車も快適ドライブな季節が近づいてきた。
 19022001.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

☆TiltShiftMakerを使ってみた  ★着物の手入れなど [展覧会・アートイベント etc.]

☆フクヘン。の真似をして、TiltShiftMakerを使ってみた。
 ↓
 http://fukuhen.lammfromm.jp/2009/01/tiltshiftmaker.html#more

 R00-進化大陳列館tiltshift.jpg

 ちょっと遊べるかも。
 でも写真を選ぶ必要がありそうだ。
 俯瞰の視点で、人とか車とかのスケール感の目安となる手頃なオブジェクトがあったほうがいい。


★着物を着ることができるようになったのはいいけど、
 たたみ方、手入れの仕方、しまい方など・・・
 ちょっとしたコツを覚えるまでには時間がかかりそうだ。

 半襦袢の襟をきれいにしようと思って、
 ベンジン¥200-ナリを買ってきたけど、使い方がうまくいかない。。。。
 思い切って袖をはずして丸洗いしちゃってもいいのかなぁ?

 またわからなくなったら、お店に聞かないといけないな。
→銀座もとじ 男のきもの
 http://www.motoji.co.jp/storeinfo/OtokonoKimono.htm
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★流祖 遠州公  ☆チャロー!インディア [展覧会・アートイベント etc.]

★稽古へ 流祖遠州公の命日の翌日である。
 http://www.enshuryu.com/enshuryu.htm
 遠州流 小堀家歴代
 1 正一(遠州)従五位下遠江守・孤篷庵 大有 宗甫 正保4年2月6日(69才)

 ●会記memo、今日の道具。
  茶器:唐物 青貝草花文
  茶杓:逢真庵常什 遠州公辞世和歌
     き乃ふといひ けふとくらしてなすことも
         なき身のゆめのさむるなきあけぼ乃
  茶碗:仁清倣 筒 梅月の図


☆森美術館 『チャロー!インディア』へ
 http://www.mori.art.museum/contents/india/exhibition/index.html
 07022009.jpg
  音声ガイドを借りて、聞きながら歩く。美術館の広い空間を生かして、インド現代美術が美しい緊張感を生み出している。
 インドの社会を見つめ、感じて、生きていることについて、アートがどんなアウトプットをすべきか、アーティストたちは的確に、鋭い技法によって表現している。

 インドの都市の現在と、森美術館の足もとに広がる都市夜景とが、同時に見られる“仕掛け”が数カ所にある。
映像展示の見せ方など、流石!の展示デザイナーと、オーディオ/ヴィジュアル関連スタッフの仕事。

 普通ならさらっと見流すところを、おもしろいので楽しみながら見て、考えた。終わったときにはぐったり。。。

 ※昨日見た、三井寺展が、この広い森美術館だったら・・・と、つい想像してしまった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★  国宝 三井寺展 [展覧会・アートイベント etc.]

★サントリー美術館内覧会 『国宝 三井寺展』
 http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/09vol01/index.html

 バナーやチラシにある、くりくりのパーマをかけたようなヘアスタイルの、不動明王を見に行く。
 06022001三井寺展.jpg
 秘仏の掛幅は、2月25日から展示ということは聞いていたのだが・・・

 さて、最初に2躯の「国宝 智証大師坐像」御骨大師と中尊大師。
 じっと目を合わせた。・・・視線があわない・・厳しい表情だ。
 光の当て方、当たり具合、陰・影の階調と質感を、四方から目を凝らして見る。

 「新羅明神坐像」///これが国宝なんだぜ〜と思いながらよく見るとかっこいい。頭から離れない、強い造形だ。手の表情なんかよく見ると繊細につくられている。


 サントリー美術館の展覧会はほとんど見ているが、展示と照明は今回ばかりはちょっと苦しいな。これだけの宝物の質と量を見せるには、空間がなさすぎる。

 図録は重いぞ。職場に帰ってから眺める。読む。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

★今も生きつづける大阪万博のDNA ☆千利休の功罪。 [展覧会・アートイベント etc.]

★昼休みに科博の展示を見に行く。
 特別展:「1970年大阪万博の軌跡」
 http://park.expo70.or.jp/tokubetuten.html
 http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2008/expo70/index.html
 05022002.jpg

 70年万博は日本における現代デザインの宝箱だ。
 ファッション、アート、建築、環境、グラフィック、プロダクト、クラフト・・・
 6400万人の夢の記憶が詰まっている。
 05022009.jpg
 05022001.jpg

 ノスタルジックにならずに、今ここにリアリティを感じるようにして見た。
 5歳の自分ではなく、 いつものようにiPodを聴く。
 映画も原作も知らないけれど、“20th Century Boy” T.Rex
 http://www.youtube.com/watch?v=Ylww2dOW7fg
 http://www.20thboys.com/
 05022003.jpg

★Pen 「千利休の功罪。」をコンビニで買った。
 http://magabon.jp/choiyomi/main.php?zas=75&kng=2252

 まったく普段から感じているお茶の世界の不思議を、
 そのまま雑誌のタイトルにした、挑戦的とも思える雑誌が登場。
 さてリラックスして読んでみよう。

「現代の茶道は千家史観で語られることが多い。」
 いや、ほんとうに多すぎるように感じる、今日このごろ。 ※引用です↓
 http://gishio.tea-nifty.com/kochuan/2008/week42/index.html
 とにかく稽古に精進するのみが、道か。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

スリランカ店? ★ [都市・街・公園・光・風景]

★展覧会の打ち上げ で、関係者によるボウリング@池袋

 スリランカ店?
 04022009スリランカ店.jpg

 20年ぶりくらいでやったボウリングは最初ストライク×2連続!
 その後は続かずに散々な結果に・・・

 2次会では、昭和?な雰囲気の、カラオケのある寂びた居酒屋風で鍋など。

 今日集計が出たアンケート結果は、概ね良いデータが得られた。
 関係者一同、笑顔で乾杯・・・

          ・・・ボウリングの研究もしないといけないな。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

世界のFUKUDA  ☆ [展覧会・アートイベント etc.]

☆午後から東京芸大・第一講義室へ
 1月11日に亡くなった福田繁雄先生の研究室の、「福田先生の会」
 22012009.jpg
 僕は研究室の出身でもなく、ただ大学1年の時の担任ということだけど、福田先生が唯一、最初で最後の学年担任を持ったクラスだった。

 先生はご自分で出した課題の講評会に出席せず、海外のなにかの用事で旅行に行ってしまい、他の教授陣では講評できずに、僕たちは?の状態のまま・・・結局、先生は次の年に芸大を去ることになってしまった。
大学1年の、なんの実力もない僕たちのことは、はなから相手にしてなかったんだろうな/// だけど、1年生のデザイン科研修合宿で、世界で活躍するデザイナーの迫力に打ちのめされたことは、今でも昨日のことのように甦ってくる。
なんにも教えくれない。ということが芸大ではあたりまえの教育のあり方だった。自分で学ぶ。それはたぶん美術教育のあり方として間違っていない。


 日比野克彦さんの司会で、教え子が持ち寄ったスライドを見ながら会は進行。 蒼々たるグラフィックデザイン、イラストレーション、アートディレクション界の面々が、先生の思い出を語る。
僕から見ると、予備校生の頃から憧れていたような、本当に凄い教え子たちがキラ星のごとく・・・いま考えると、福田先生が審査員のコンクールで賞をとって世に出た人たちも多いのだが、その実力は第一線で活躍する彼らのデザインの力を見れば一目瞭然。

  “一目瞭然!”
 そう、『優れた視覚デザインは、言葉を越えて、世界の人々に伝わるコミュニケーションなのだ』というのが福田先生の持論だった。(その言葉に共感しつつ、かなり反発もしたのだけれど、パワー負けした)
 デザインの力を信じる! そういう自明のことを、日常の忙しさにまぎれて忘れそうになるけど、僕自身ちょっと思い直してもいいのかもしれない。

とにかく、世界のFUKUDA、の姿を思い返す一日だった。
 イリュージョンとトリック、アイデアとデッサン、そしてユーモアとデザインの力
       負けずにがんばらないといけない。

 ※画像は芸大ショップ前ポスター展示 左から福田繁雄、松永真、日比野克彦
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂