So-net無料ブログ作成
検索選択

★170629 東京電力福島第一原子力発電所(`_´)ゞ [★調査研究]

★6月終わり近くの有給休暇は、
 福島第一原子力発電発電所の廃炉の状況を視察。

★飯舘村通過中。4か月ぶり(`_´)ゞ
 ②_7602682318756995011_n.jpg

★富岡町までは普通に入れる。生活基盤が戻りつつある。
 バイクもOKらしい。ここで昼食。(生姜焼き定食にした)
 ③_1073富岡町17_n.jpg

ここから国道6号を通って、1?4号機がある大熊町の第一原子力発電所へ。

④構内046_7647_n.jpg

⑤17_286563_n.jpg

発電所内は一切の撮影機材持ち込み禁止につき、
備忘録メモの下手くそスケッチ。_φ(・_・ー

⑥2430665459407182780_n.jpg
右上:初めて見えてきた1号機、右側が2号機。上方は靄ってて見えない。
右下:2号機は番号のロゴがはっきり見える。

⑦7496409128321430722_n.jpg
左:事故直後に汚染水用に使用されたブルータンク。
右下:フランジタンクを解体する建屋。徐々に溶接タンクに交換。
週一ペースで1つ増える勘定。

⑧_4551386669545730268_n.jpg

★4号機。上部に増設した仮構から燃料取り出し済み。
これは最も力強いというか、暴力的なまでの迫力空間造形だった。
文明の大いなる無駄であることで、純粋に無意味な環境造形になっている。

⑨_444612750028186550_n.jpg
5号機と6号機は静かだ。今後双葉町側はいわゆる「中間貯蔵施設」になってゆくのか。

5,6号機は双葉町にある。
大熊町では汚染水など液体処理場、双葉町では固体廃棄場とに機能分類される。
しかし避難指示解除?と帰還困難区域?と居住制限区域?とが覚えられない…

⑩_2292755405374654267_n.jpg

免震重要棟。あの吉田所長が赤電話の前で不眠不休で、
政治家や本社からの声を交しつつ、判断・指示を出し続けた。

メディアで映像や音声が流れ続けたことが記憶に残る会議室で、
この場所だけは何故だか感慨深いものが…(`_´)ゞ




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂