So-net無料ブログ作成

★160817 内澤旬子『漂うままに島に着き』 [★調査研究]

★内澤旬子さんの
「女ひとり、生きるということ」『漂うままに島に着き』
 http://bookandbeer.com/event/20160817_tadayoumamani/
 漂うままに島に着き-208x300.jpg
 出版記念トークイベント@下北沢に参加。
 小豆島に移住した彼女の近況が聞くことができて、とても楽しいひと時でした。

 B&B_8201086612393792364_n.jpg
 下北沢の書店 B&B

ほぼ女性客の中僕のような⁈男客もチラホラ、
僕は会場の隅で目立たないようにしてたつもりが…
休憩タイムに声をかけていただいて二言三言、
今度は島に行く約束して、トーク後半へと。

予め配られた紙に、参加者は内澤さんに聞きたいことをなんでも書き込む、
人生相談のような質問にも、丁寧にサクサクと返すコメントは流石です。

いま離婚して色々やってるが、何も楽しくない →島の生活が忙しく楽しすぎて、
周りから毎日のようにディスられて →人間やなことは「忘れる技術」が大事、
どんな相手が結婚相手として避けるべきか →結婚相手は差別的な発言する人はNG、
そのほか、今後移住したいところは、将来の夢は、などなど。。。

メエメエ皿6672_n.jpg

僕は休憩タイムに、内澤さんオリジナル美形ヤギイラスト皿と、
小豆島岡田農園・糖度高めシャインマスカットをゲット。

シャインマスカット_8629931347535564829_n.jpg
お持ち帰りなり(`_´)ゞ

 実はいちばん聴きたかったのは
「豚」の時とはどう違うか、なぜ「山羊」なのか、
 そしておしまい、締めくくりはどうなるのか・・・(現在進行形だけどね)

 飼い喰い_1810102958_n.jpg
 旧著『飼い喰い 三匹の子豚とわたし』『捨てる女』
 
 『漂うままに島に着き』は、
 連載を読んでいなかったから、それは本を読むしかない。
 この夏後半のお楽しみだ。

 今日の本屋、僕が座った横の棚が「資本論」関係が並ぶのが記憶に刷り込まれた。
 それにしても絶妙な棚作りの書店だったなぁ。さすが下北沢。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

黒猫★☆白蜂

TOPへ★  ↓

黒猫★☆白蜂